大学を留年すべきか?中退すべきか?【どのみち就職に影響はあるよ】

なんとなく講義をサボったり、アルバイトや遊ぶことに明け暮れて、気づけば留年が決まっていた。

 

このまま留年をして大学に通うべきか。それとも潔く中退し、就職して働くことにするべきか…

そんな人生の分岐点に立っている方もいるでしょう。

 

大谷
もしかしたら、留年するなら辞めた方がマシ!ということで、もうすでに大学を中退をして、フリーターをしている方もいるかもしれませんね。

 

今回の記事では、大学を留年、あるいは中退した場合、どう就職に影響が出るのかをお話ししていきます。

ということで、早速どんな影響があるのか掘り下げていきしょう。

 

大学を留年した場合と中退した場合で就職に就職にどんな影響が出る?

まず、中退についてお話しします。

端的に言えば、今後いただく給料に影響がかなり出ます。

 

中退すれば、あなたの最終学歴は高校卒業。今現在の日本では、学歴に合わせて会社が給料を設定していることが普通です。

  • 大卒(男):21.0万円
  • 大卒(女):20.2万円
  • 高卒(男):16.6万円
  • 高卒(女):16.2万円
参考:厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査

 

もし留年をしていたとしても、卒業までなんとかたどり着ければ、最終学歴としては大学卒業。そうなれば、大卒ブランドで給料アップが見込めるのです。

詳しくは『大学中退では就職した時の給料はどうなる?【給料を上げる方法まで】』にまとめたので、そちらを読んでください。

 

では次に、留年における就職への影響について考えてみましょう。

 

留年の年数によっては就職しづらくなる可能性あり

高卒や大卒での就職活動は、基本的にその人の将来の可能性が、採用の大きな基準になります。

なので、過去の失敗はどうでも良く、その失敗からどう学び立ち直ったのか、そこにフォーカスを当てることが良い採用担当です。

 

大谷
ですが、実際に採用担当をしている人の多くは、会社の採用基準を把握できていない、いわゆる素人面接官です。

なので、留年した年数が多ければ、その分面接官に悪いイメージを与えるので、就職しにくくなる可能性は高いです。

 

卒業年 4年で卒業 5年で卒業 6年で卒業 7年で卒業
平成25年 79.1% 7.7% 1.7% 0.5%
平成26年 79.2% 7.6% 1.7% 0.5%
平成27年 79.9% 7.5% 1.6% 0.5%
平成28年 80.7% 7.3% 1.6% 0.5%
平成29年 81.2% 7.2% 1.5% 0.4%
平成30年 81.6% 7.1% 1.5% 0.4%

 

これは、大学を何年間通って卒業したかを調査した結果ですが、ストレートの卒業は約80%ほど、5年間は7〜8%、6年では2%以下です。

 

これはつまり、同じ企業にあなたを含めて5人の応募があれば、あなた以外の4人はストレートの卒業ということ。

もしこの状況で、あなたが選ぶ側にいるとしたら、年度も留年している少数派の人より、4年でちゃんと卒業している人を選んじゃうと思いませんか?

 

もし、2年以上留年するということなら、同じ大卒でも就職できない可能性もあるので、それなら中退をして若いうちに就活した方が良いとも言えます。

 

大学を留年すべきか?中退すべきか?

大学を留年するなら中退して就活すべきか。それとも、留年してでも大学は卒業するべきか。

 

この難しい選択に対するはっきりとした答えは、残念ですがありません。どちらにしても、就職に何らかの悪影響は出ます。

 

大谷
ただ、もし1年間留年すれば卒業できるということなら、私は留年することをオススメします。

それは、大学卒業のブランドは給料面でとても大きいので、できればその肩書は持っておくべきだと思うからです。

 

大学を留年して中退しても就職はできる

ただ、留年でも中退でも、もっとも心配なのは就職できるかどうか?ということだと思います。

それについては、私の経験から言うと、就職することはできますから安心してください。

 

就職体験談の記事でも書きましたが、私は3年生を2年間留年した上で中退をし、そのままフリーターになりました(しかも1年浪人のおまけ付きです)。

ですが、それでも就職することはできたので、そこまで気に病むことはないですよ。

 

キャリアアップすれば良い会社にもたどり着ける

とは言え、留年や中退をすれば、大企業や優良企業など、希望する会社に就けない可能性は高くなります。

また、就職した後の給料面でも、多少のマイナスを食うこともあるかもしれません。

 

ですが、給料や経歴については、その後の行動次第で何とでもなります。

就職した先で経験を積んで、転職などでキャリアアップしていけば、望んでいた会社にも就けるでしょうし、給料をグンと上げることだってできるのです。

関連記事

「ブラック企業じゃなく、良い就職先で正社員になりたい。」   大学中退しちゃったけどそんな望みをひっそり持っている、という方に向けてこの記事は書きました。   ホワイト企業や大企業には、就職活動し[…]

 

また、今は簡単に副業ができる時代にもなりました。その副業が軌道に乗れば、そのまま起業して会社を退職することもあり得ます。

 

要するに、将来は誰にもわからないということです。これから先の心配をしたって、何の意味もありません

今、あなたはどうしたいのか?

 

これだけを考えて、留年するか、中退するかを決めてください。

 

今だけに集中する。

これは以前、近畿大学の卒業式で、ホリエモンこと堀江貴文さんがおっしゃっていた言葉です。

 

以上、大学の留年・中退と就職についてお話ししました。

 

もし、大学を中退して就職することに決めたなら、私のように自分だけで就活すると大変な目に合います。

 

なのでその場合は、就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」を使って、効率よく正社員になりましょう。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。