フリーターはハローワークで就職できる?【おすすめしない3つの理由】

「フリーターだと、将来的に少し心配だから就職しようと思うけど、ハローワークにいけば就職できるのかな。」

 

ハローワークは、厚生労働省が運営する就職支援のサービスです。

老若男女誰でも無料で利用でき、就活といえばハローワーク!というイメージも広く知られているので、毎日約17万人もの方が使っています。

 

そこで、フリーターである皆さんも、就職するためにハローワークにと考えている方の1人だと思います。

大谷
ですが、その昔、フリーターから就職した先輩としてアドバイスすると、正社員としての就職を望んでいるのであれば、ハローワークには行かないことをおすすめします。

 

とはいえ、なんで利用しない方がいいのか、理由がわからなくては信じられないでしょう。

ということで、今回の記事では、就職を考えているフリーターならハローワークには行かない方がいい理由を、3つの側面からお話ししていきます。

 

また、ハローワークよりもおすすめの方法がありますので、本気で就活をするお気持ちのある方は、ぜひ参考にしてください。

それでは早速いきましょう!

 

フリーターはハローワークで就職できる?おすすめしない3つの理由

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」で、実はハローワークという呼び名は、90年代から使われ始めた愛称です。

ですので、皆さんの両親やご年配の方には、ハローワークを職安(公共職業安定所の略)と言っている方も多く、それだけ昔から広く知られている就活の支援サービスです。

 

大谷
ただ、冒頭でもお話ししたとおり、フリーターの皆さんが本気で就職を考えているのであれば、僕はハローワークはおすすめはしません。

その理由を、以下の3つの視点からお話ししましょう。

  • 就職率が低すぎる
  • 求人の質が低い
  • 就職活動が長期化しやすい

 

就職率が低すぎる

就職率は、皆さんの就職活動の成功・失敗に大きく影響します。

というのも、就職活動をすれば全員が正社員になれる、というわけではないのです。ですので、この就職率の高い・低いは、ある意味、生命線とも言えます。

 

でも、ハローワークの就職率ってどれくらいなんですか?

厚生労働省が発表しているデータから、4年間の就職率を見てみましょう。

平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
新規求職者数 550.6万人 518.9万人 495.2万人 473.9万人
就職件数 171.2万人 162.7万人 155.8万人 146.5万人
就職率 31.1% 31.4% 31.5% 30.9%

参考:厚生労働省 職業安定局「公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績(令和2年1月)

 

なんと、利用者の約30%ほどしか就職できていないのです。3人に1人ほどですからね。そう考えると、かなり厳しいことがわかります。

 

しかも、実際は、正社員としての就職だけに絞ると、この30%よりもさらに就職率は低くなっているんです。

その理由は、以下の記事にまとめているので、気になる方はそちらをお読みください。

参考記事『ハローワークの就職率はなぜ低い?【3つの原因と効果的な解決方法】

 

求人の質が低い

正直なところ就職は、正社員に慣れたらどこでも良いというわけではないはずです。

やっぱり、給料が良いとか年間休日が多いなど、条件が良い会社に入社すると言うのが、皆さんの裏テーマではないでしょうか。

 

ですが、ハローワークの抱えている求人は、かなり質が良くありません。

ブラック企業の確率もかなり高く、もし仮に就職できても、すぐに退職してしまう可能性もあります。

 

なぜブラック企業が多いのか。その理由については、『ハローワークはブラック企業ばかり?【良い求人の見分け方とは】』にまとめているので、そちらを参考にしてください。

関連記事

皆さんはこんな都市伝説的な噂を耳にしたことがありませんか? ハローワークにある求人はブラックしかないからやめた方がいいよ。   就職するなら、労働環境や条件の悪い企業ではなく、少しでも優良企業に努めたい…。それが、これか[…]

 

就職活動が長期化しやすい

僕は26歳のときに就職活動を始めたのですが、結果的に就職が決まったのは1年半後でした。

大谷
その期間、面接を受けたりSPI試験を受けたりしていましたから、決してサボっていたわけではありません。

 

皆さんは僕と同じくフリーターですから、就活が長期化する可能性は高く、ハローワークならさらにその可能性が高くなります。

と言うのも、ハローワークの就活は、基本的に本人次第で、就活に関する解決方法も自分で探さなくてはいけないからです。

 

そして、就活が長くなると言うことは、フリーターの期間も長くなることにつながります。

そうなると、さらに就職できる可能性は低くなり、いずれは諦めてしまう、という最悪の流れができてしまうのです。

参考記事『フリーター期間が長いと就職は厳しい?【長いほど就職率は低くなる】

 

以上の3つが、フリーターの皆さんにハローワークをおすすめしない理由です。

 

とは言え、これは強制はありませんから、僕の話が信じられないという方は、ハローワークを利用していただいてOKです。

ですが、もし少しでも信じてもらえるのであれば、ここからは、ハローワーク よりもおすすめの方法を紹介しますのでご覧ください。

 

ハローワークよりもおすすめなフリーターが就職できる方法とは

皆さんがこれから就職活動をするのであれば、必ず正社員として就職しなくてはいけませんよね。

その上でさらに、労働環境の悪いブラック企業ではなく優良企業に就職することが、皆さんが求める最高のゴールではないでしょうか。

 

でも、その最高の結果を達成するためにはどうすれば良いんですか?

もちろんですが、ハローワークは使いません。

民間の就職支援サービスを利用する

 

これに尽きると思います。

ですが、リクナビNEXTやdodaなど、民間の就職支援のサービスはめちゃくちゃたくさんありますよね。そこで、フリーターの皆さんにおすすめのサービスを1つ紹介しておきます。

引用:優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

 

JAIC(ジェイック)は、まだ正社員になったことがないフリーターを対象に、就職活動のサポートをしています。

その就職率はなんと81.1%もあり、ハローワークとは比べものにならない確率なのです。

 

さらには、ジェイックではブラック企業を利用者に紹介しないよう、スタッフが徹底して会社の状況や仕事内容をチェックしていますので、利用者の仕事定着率も91.3%めちゃくちゃ高いんです。

詳細はWebサイトからチェックできますので、以下のボタンから確認しておきましょう。

 

以上です。

 

最後に補足しておきますが、ハローワークでは毎年、数十万人は必ず正社員になっていますので、絶対に就職できないというわけではありません。

ですが、利用者の数と比べると、明らかに正社員の割合は少ないですから、正社員になりたいのであれば、民間の就職支援サービスの方が良いですよ。

 

おわり