30代をフリーターで過ごした場合の末路は?【将来は後悔ばかり】

「フリーターのまま30歳を超えちゃった。もしこのまま30代もフリーターで過ごしたら、将来どうなっちゃうんだろう。」

大谷
私も30歳くらいで、将来についてぼんやりと考えることが多くなりました。そうゆう年齢ということなんでしょうね。笑

 

結論から話しますが、30代のフリーターは崖っぷち状態で、取り返しがつかなくなる最後の段階です。

もし今行動しなければ試合終了、人生のゲームは終わり。それくらいの状態だと思ってください。

 

この記事では、30代を今のままのフリーターで過ごした場合の末路はどうなるのか、また将来後悔しないために今何をすればいいのか紹介していきます。

 

30代をフリーターのまま過ごした場合の末路について

一般的には、これまで就職歴がないフリーターが正社員になれるギリギリの年齢が30歳と言われています。

30歳以降の転職は、それまでの経歴や手に入れたスキルを見られることが多く、アルバイト経験しかないと評価できるポイントが少ないからです。

 

なので、既に30代に突入しているなら、就職できるデッドラインをもう超えているんだ!ということを自覚しなくてはいけません。

詳しくは『フリーターは何歳まで許される?【いつまでもアルバイトでは危険】』で紹介しています。

 

とは言え、別にフリーターでも生活できるしいいんじゃない?と考えている方もいるかもしれませんね。

大谷
確かに、今は身体も健康で特に困ることもないと思います。が、それは今だけの話で、40歳、50歳となると話は違います。

 

もし、このまま就職せずにフリーターとして過ごせばどうなるか、将来を具体的に想像してみてください。

  • 今以上の給料はもらえない
  • 一生一人で生活することになる
  • 同窓会に参加しづらくなる
  • 親の健康や夢を奪う可能性が高い

 

これはフリーターが迎える末路の一部です。嘘だと思うかもしれないですが、現実的に考えたら当たり前のことしか書いていません。

詳しくは『フリーターが迎える7つの末路とは【明るい将来は自分で手に入れろ】』で紹介しています。

 

もし今のままフリーターとして30代を終えれば、あなたも同じような経験をすることになります。

あなたはもう既に、その末路の境界線上にいる、ということをしっかり認識しなくてはいけません。

 

将来後悔しないために30代フリーターは何をすればいい?

何度も言いますが、30代はもう就職できるデッドラインを超えています。

一日でも早く、正社員になれるように行動しなくては、取り返しがつかなくなります。

 

大谷
ですが、30代のフリーターが普通に就職活動をしても、職歴も資格もなくてはなかなか雇ってくれる企業もありません。

また、紹介予定派遣正社員登用制度を使って正社員を目指しても、時間がかかった上に就職できない可能性も高いです。

 

そこで、30代にフリーターは「就職支援サービス」を使って就職活動するのがベストな選択と言えます。

 

  • フリーターやニートを対象にした就職サポート
  • 専任アドバイザーから面接などの指導を受けられる
  • 費用は完全無料

 

普通の就職サイトやエージェントとは違って、企業もフリーターを対象にして人材募集しているので、採用のハードルがかなり低いのがメリットと言えます。

 

就職支援サービスはいくつかありますが、その中でもオススメなのは『JAIC(ジェイック)』。

30代でも参加できる就職支援サービスで、その就職成功率は81.1%と業界でもトップクラスです。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員での就職率81.1%!

30代限定の就職講座「就職カレッジ 30代コース」を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接可能。

 

以上、30代のフリーターが将来後悔しないためにどうすべきか紹介しました。

 

大切なので何度も言いますが、30代は正社員になれるギリギリの年齢です。もし今就職しなければ、今後絶対に就職できないと言っても過言ではありません。

あとはあなたがどう行動するか決めるだけです。将来どうなるかしっかりとイメージして、今どうするべきか考えてくださいね。