フリーターから正社員になれた就職率について徹底調査!

フリーターから正社員になれた割合を示す就職率。

就職率は、就職活動をしている、またはこれからしようと考えているフリーターの方にとって、めちゃくちゃ気になる情報ではないでしょうか。

 

フリーターから就職するのは難しいのか、あるいはそうでもないのか。

大谷
それが事前にわかれば、これからの就職活動をどうゆう心持ちで望めばいいかわかりますからね。とても大切なことだと思います。

 

そこで今回の記事では、フリーターからの正社員就職率はどれくらいなのか、アンケート結果を元に調べまとめています。

アンケート結果から見えてきた就活のポイントや、就職率を高める方法までまとめましたので、就職を考えているフリーターの皆さんはお読みください。

 

フリーターから正社員になれた就職率について徹底調査

これから就活を始める、あるいは就活を始めているフリーターの皆さんにとって、就職率はとても気になることです。

では、実際にフリーターの皆さんに行ったアンケート調査を元に、就職率をチェックしていきましょう。

 

まずは、独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−」の中から、正社員になろうとした方のうち、どれくらいが本当に就職できたのか、その結果を掲載します。

25〜29歳 30〜34歳
男性 61.9% 77.7%
女性 40.8% 50.5%
男女合計 49.3% 62.5%

 

男女合計では、25〜29歳で2人に1人ほど(49.3%)、30〜34歳で5人に3人ほど(62.5%)という結果でした。

大谷
正社員を希望しているフリーターを対象に行った調査でしたので、これが実際の就職率と言えるでしょう。

 

特に女性は20〜29歳で40.8%とかなり低いです。30〜34歳でやっと50%を超えた就職率ですから、女性フリーターはかなり正社員になるのが難しいと言えますね。

 

フリーター期間の長さによって変わる就職率

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の同調査から、もうひとつデータを紹介します。

それは、フリーター期間の長さと就職率の関係についてのグラフです。

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−

 

右に行くほど就職率がどんどん下がっていることが伺えますね。つまり、フリーターだった期間が長ければ長いほど、就職の可能性は下がっていくのです。

 

5年以上ともなると、男女合計の就職率は20%程度です。

7ヶ月〜1年の70%弱と比べると、段違いで就職率は低くなっていますから、あまりフリーターでいる期間を長くしない方が得策と言えます。

参考記事:フリーター期間が長いと就職は厳しい?【長いほど就職率は低くなる】

 

年齢によって変わる就職率

フリーターの期間が長くなれば、その人の年齢も比例して増えていくのが当然です。

大谷
ということは、年齢が高くなれば就職率も低くなる、と予想できるのですが、本当にそうなのかその点も調べてみましょう。

 

独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現場3」では、過去1年間で非正規から正社員になった方の割合を調べています。結果はこちらです。

正社員移行率
15〜19歳 29.9%
20〜24歳 32.7%
25〜29歳 25.5%
30〜34歳 18.1%
35〜39歳 15.5%
40〜44歳 15.6%

 

20〜24歳では32.7%と比較的高い就職率でしたが、35〜39歳では15.5%と半分以下まで割合が下がっています。

つまり、年齢が上がればそれだけ正社員になれる可能性が少なくなっていく、ということが、この結果からはっきりとわかりますね。

 

ここまでで分かったことを少し整理してみましょう。

  • フリーターの就職率は20代後半で2人に1人、30代前半で5人に3人ほど
  • 年齢が上がれば比例して就職率も下がる
  • 女性は男性と比べて就職率が低い

 

皆さんが今どの年代なのかはわかりませんが、年齢によっては就職がかなり難しくなる可能性は大です。

では、どうすれば就職率を高めることができるのか。ここからは、その方法についてお話ししていきます。

 

フリーターからの就職率を極限までアップする方法

フリーターの就職率に関する各調査により、はっきりしたことが1つあります。

就職したいなら若いうちに行動すること

 

大谷
フリーターでいる期間が長ければ長いほど、就職率が下がります。そして、フリーターの期間が長いということは、年齢もそれだけ高いということです。

ですので、とにかく若いうちに行動を開始することが、正社員としての就職率を高めるための第一歩となります。それが難しいという方は、今後も就職することができないでしょう。

 

その条件をクリアした上で、さらに就職率を高める方法を紹介しておきます。

その方法とは、非正規専門の就職エージェント「JAIC(ジェイック)」を活用することです。

引用:優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

 

ジェイックでは、フリーターなど、非正規で働く方だけを対象に就職のサポートをしていますが、その就職率は81.1%もあります。

また、20代しかサポートしないエージェントが多い中、ジェイックは39歳まで利用できる幅広さもおすすめのポイントです。

 

就職定着率は91.3%、これまで20,000人以上支援するなど、業界内でもトップクラスの実績を持っています。

Webサイトは以下のボタンでチェックできますので、就職を本気で考えているフリーターの方は見ておきましょう。

 

以上です。

 

大谷
僕もフリーターだった当時そうでしたが、「みんなはどうだったのか?」と調べるばかりで、なかなか行動をしていませんでした。

就職をしたければ、とにかくまずは就活を始めること。そうでなければ就職率は0%ですから、出来るだけ早く行動するようにしましょうね。

 

おわり