大学中退が年収1,000万以上の高収入を叶えるまでのステップとは

「大学中退してるけど、できれば年収1,000万円はほしい。でも、そんな高収入は無理なのかな。」

 

現在、サラリーマンの平均年収は約420万円ほどと言われています。1,000万円ともなれば、相当な額ですから、なかなか達成できないのは言うまでもありません。

 

とはいえ、多くの収入があれば、色々なものや体験が買えて、人生が豊かになります。

大谷
更には、自分の老後の資金や両親への援助、将来持つであろう家族の生活費も必要でしょうから、少しでもたくさんの年収が欲しいですよね?

 

そこで今回の記事では、大学中退の皆さんがどうやったら年収1,000万円以上の高収入を手にすることができるのか、そのステップをお話ししていこうと思います。

これは、手軽な怪しい方法ではなく、地に足のついた方法ですので、皆さんにはこのステップを意識して今後の行動を決めて欲しいと思っています。

 

年収1,000万以上の高収入を手にする人の割合

まず、年収1,000万円を超える収入をもらう難易度を知るために、世の中の働く人の何割がそれくらいの高収入を得ているのかチェックしてみましょう。

国税庁が行っている民間給与実態統計調査の、平成30年度のデータから年収分布をピックアップします。

 

1,000万円以上の方をすべて足し合わせると5%です。企業に雇われて働く人の20人に1人が、年収1,000万円以上を稼いでいることになります。

割合としては、そこまで大それた夢の話という感じではなさそうですね。

 

男女で異なる高収入の割合

先ほどの年収分布グラフは、男性と女性すべての方を含んだデータでした。

今度は、男女それぞれで分けた年収分布を確認してみましょう。実は、男女でかなりの差があることがわかります。

 

年収1,000万円以上の割合は、男性で7.7%、女性は1.2%となんと6%以上も違っているのです。

大谷
女性の場合、結婚や妊娠・出産、育児などで会社を退職する方も多く、キャリアアップがなかなかしにくいために、男性よりも高収入になりにくい背景があります。

 

逆に男性は、約13人に1人は年収1,000万円以上をもらっていることになります。つまり、男性の場合は、1,000万円以上は実現可能な年収ということです。

 

とはいえ、皆さんの場合は、大学を中退していますよね_

実は、大卒や高卒など、学歴で収入を分けてみると、かなり違いがあることもわかっているんです。

 

大学卒業・中退など学歴別の収入の差

では、学歴別では収入にどれくらいの違いがあるのか見てみましょう。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査の令和元年のデータから、学歴・性別の年齢ごとの平均月収グラフを作成しました。男性女性でそれぞれ掲載します。

 

【男性の年齢別平均月収】

【女性の年齢別平均月収】

 

大学中退の場合、最終学歴は高校卒業ですので、「高卒」を基準として考えてください。

若いうちは大学・大学院卒業と高校卒業に大きな違いはないですが、年齢とともに月収の差は大きくなって、一番差が大きいところ(50〜54歳)では男女ともに月15万円以上も差が出ていました。

 

仮に15万円を12ヶ月分で計算すると、15万×12ヶ月=180万円ですから、大卒と大学中退(高卒)では、年齢とともに明らかな違いが年収に出てくるのです。

大谷
つまり、大学を中退した皆さんは、学歴の問題で高い年収がもらえない可能性が高いということが言えます。

 

ですので、1,000万円以上の高収入の割合は男性が7.7%、女性が1.2%でしたが、皆さんの場合はまだ低い割合になるでしょう。

 

さて、ここまでは、1,000万円以上の年収をもらっている方の割合と、大学中退での収入についてお話ししました。

次は、大学中退でも年収1,000万以上を叶えるためには、どうすればいいのかをお話ししていきましょう。

 

大学中退者が年収1,000万以上の高収入を手にするまでのステップ

ここからは、年収1,000万円以上を手にするための、具体的な方法についてまとめます。

 

まず、一番重要なのは以下のことです。

いきなり高収入を目指そうとしないこと

 

今現在はアルバイトなどをしていて、今から就職を、と考えているのであれば、最初から高い収入がもらえる企業だけに絞って就活はしないでください。

大谷
先ほどお伝えしたように、大学中退者は高卒で年収は低くなる傾向にあります。ですので、すぐに1,000万とかそれに近い年収はまず不可能です。

 

そもそも、大学を中退した場合は、正社員になることすら難しい状況です。それなのに、そんなトップ数%しかもらっていないような年収をもらえるはずはありません。

大学中退の就活が難しい理由は、『大学中退した人は就職できないのか?【厳しいのは間違いないです】』にまとめています。

 

大切なのは、将来的に高収入になるような順序を踏むこと。そのためにどうするべきか?と考えるのが、大学中退でも高い年収に近く唯一の方法です。

 

では、将来的に年収1,000万円以上を叶えるためには、どうゆうステップを踏めばいいのか。その順序はこちらです。

  1. 就職してキャリアを積む
  2. キャリア・実績を元に転職をする
  3. 転職先で更にキャリアを積む

 

このステップを繰り返すことで、どんどん年収がアップしていきます。

今は、高いキャリアを持つ方が転職する際に利用するビズリーチなどもありますから、会社で実績・経験を積んでいれば、十分チャンスはあるのです。

 

ですので、まずは正社員になってとにかくキャリアを積むこと。そのことだけに数年間は集中してください。

 

もし、少しでも早くキャリアを積むために就職を考えている方は、大学中退の方をサポートしているおすすめの就職エージェントを1つ紹介しておきますのでチェックしておきましょう。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

以上です。

とにかく、今は焦らずまずは正社員になってキャリアを積んで、将来的に高収入を目指してくださいね。

 

おわり