大学中退してもプログラマーにはなれる?【求人はたくさんあります】

「大学は中退してるけど、プログラマーになることってできるのかな。」

 

プログラマーというと、パソコンにむかって難しい文字列をカチャカチャやってる、そんな難しそうな仕事ってイメージがありますよね。

なので、大学で専門的な知識を学んだ人じゃないとできないんじゃないか?って考えてしまうのも無理はありません。

 

大谷
ですが、ぶっちゃけた話、大学を中退していてもプログラマにはなれます。

なぜ大学中退でもなれるのか、またプログラマーデビューするためにはどうすればいいのか、この記事でまとめていきますのでご覧ください。

 

大学中退してもプログラマーになれる理由

大学中退でもなれる理由は簡単です。

IT業界がとても深刻な人材不足が続いていて、さらには日本の人口もどんどん減っているために、今もこれからも人手が足りないからです。

職種 求人倍率
営業系 2.95
企画・管理系 2.39
技術系(IT・通信) 11.36
技術系(電気・機械) 5.27
技術系(メディカル) 2.00
技術系(化学・食品) 1.72
技術系(建築・土木) 7.51
専門職 8.43
クリエイティブ系 2.10
販売・サービス系 1.35
事務・アシスタント系 0.40
出典:求人情報・転職サイトdoda(デューダ)『転職求人倍率レポート(2019年12月)

 

dodaの調べでは、IT業界の求人倍率は11.36倍です。

つまり、あなた1人に対して、10件以上の求人があるってことですから、他の職種と比べると、かなり引く手数多なことがわかりますよね?

 

プログラマーに学歴は関係ない

大学中退ってことであれば、あなたの最終学歴は高卒です。

つまり、大学卒業が応募条件であれば、その求人には応募できなくなりますが、プログラマーの場合、そもそも大卒を条件にしていないケースがほとんど。

 

その理由は、IT業界では実践が重視されていて、学校で学んだことや資格取得は、本当にその人がプログラマーとして活躍できるかどうかとは別問題だからです。

 

大谷

それに、ただでさえ人手不足なのに、学歴だけで足切りをしていては、さらに働き手が少なくなりますからね。

なので、あなたの学歴が高校卒業だったとしても、まったく気にすることはないのです。

 

以上が、大学中退でもプログラマになれる理由です。

 

大学中退からプログラマーになるための方法

次は、具体的にどうやってプログラマーになるかお話しします。

 

方法は2つです。

  • 独学→プログラマーへ
  • プログラミングスクール→プログラマーへ

 

ただ、1つ目の独学は現実的ではないですね。

大谷

独学では遠回りする可能性が高く、また信憑性も乏しくなるので、時間をかけたところでプログラマにはなれないでしょう。

 

なので結論、プログラミングスクールに通いましょう。

 

おすすめのプログラミングスクール

スクールと聞くと、「お金かかるんでしょ?」と思いますよね。

その点はご安心を。無料でプログラミングの学習ができて、かつ就職率の高い方法を紹介しますので。

 

引用:無料でプログラミングが学べて転職できる【GEEK JOBキャンプ】

 

GEEK JOBでは、未経験からプログラマーになりたい方を対象に、就職支援をしています。

 

その就職成功率は97.8%で、その利用者の多くはパソコン初心者ばかり(71.6%が初心者とのこと)。

なので、プログラマにはなりたいけどパソコンは全然って方でもOKです。

 

大谷
また、今なら、新型コロナウイルス対策で、面談から講座等をすべてオンラインで行えるようになったので、自宅から一歩もでないでもプログラマーになれます。

 

詳しくは下記リンクをチェックしてみてください。

無料でプログラミングが学べて転職できる【GEEK JOBキャンプ】

 

以上です。

 

大学中退したからといって、プログラマーになれないわけではありません。求人はたくさんありますから、チャレンジしてみてください。

 

おわり