フリーターから契約社員になるなら正社員になるべき3つの理由

「フリーターからいきなり正社員は無理そうだし、まずは契約社員を目指そうかな。」

 

確かに、今までアルバイトで働いていたのに、すぐ正社員として働くのって難しいように感じますよね。

大谷
でも、契約社員ならハードルも低そうだし、そっちからチャレンジした方が無難な気がする気持ちもわかります。

 

ですが、ぶっちゃけ、契約社員になるなら、一気に正社員になった方がいいです。契約社員になるメリットは、何もないと言っても過言ではないので。

 

この記事では、フリーターから契約社員になるのはおすすめしない理由と、一気に正社員になる方法をまとめていきます。

それではどうぞ〜。

 

フリーターから契約社員はおすすめしない3つの理由

冒頭でもはっきり言いましたが、契約社員になるなら、すぐに正社員になれるように就活をがんばった方が得です。

そうはっきり言える理由が3つあるので紹介しますね。

 

  • いつまでも正社員になれないこともある
  • 仕事内容は正社員とほぼ同じ
  • 契約社員は非正規扱いである

 

いつまでも正社員になれないこともある

正社員になりたいと思って契約社員になったのに、何年たってもなれない…

こうゆうことって良くある話です。

 

終いには、3年も4年もがんばって働いたのに、契約の更新さえしてもらえず、またフリーターに逆戻りってパターンはめちゃくちゃ普通にあります。

 

そもそも、正社員として雇う気があるなら、最初から正社員として募集するのが普通ですよね?

でも、わざわざ契約社員として募集しているのは、それなりの理由があるのです。

 

仕事内容は正社員とほぼ同じ

会社が契約社員を雇う最大の狙いは、優秀な人材を安く確保するためです。

雇用主も、正社員を雇うのはそれなりのリスクがあります。なので、契約社員で期限を設けて、雇いたい!と思える人材だけを正社員としてピックアップしているのです。

 

そして、契約社員といえども、仕事の内容は正社員とほとんど変わりありません。

それなのに、給料は正社員より少なく、さらには失業のリスクまであります。そう考えると、わざわざ契約社員になる理由はありませんよね?

 

契約社員は非正規扱いである

働き方には、大きく分けて正規と非正規の2つがあります。

 

正規は雇用期限がない雇用、つまり正社員のことです。

そして、期限がある雇用形態のことを非正規と言いますが、これはアルバイトや派遣だけではなく、契約社員も含まれています。

 

つまり、社会的信用は低くなりがちです。なので、フリーターよりは多少優遇されますが、クレジットカードやローンの申請が通りにくいこともあります。

 

以上が、フリーターから契約社員になるべきではない理由です。

 

ただ、最初の試用期間中だけ、契約社員として扱うという会社もあります。

その場合は、試用期間が終われば正社員になれるので、契約社員で採用されたとしても入社してOKでしょう。

 

フリーターが一気に正社員になるための方法とは

でも、今までフリーターだったのに、いきなり正社員って無理じゃない?って思っている方も多いと思うんです。

大谷
そこで、ここからはフリーターの皆さんが正社員になれる就活方法をお話ししていきます。

 

その方法とはズバリ、就職支援サービスを活用することです。

 

  • フリーターを対象にした就職支援
  • 就活に関する講座・セミナーを開催

 

正直なところ、1番の近道はこれです。

私がフリーターだった時に知っていれば、すぐに使っていましたね…(私は就活に1年半かかって、30社以上も応募しましたので…)

 

いくつか就職支援はありますが、その中でも1番のおすすめは「JAIC(ジェイック)」です。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

以上、今回はフリーターから契約社員になるべきではない理由をまとめていきました。

契約社員は給料や安いのに、正社員と同じ働きを求められます。それなら、一気に正社員になるべきだと思うので、正社員を目指してみませんか?

 

おわり。