契約社員はデメリットしかない?【メリットはあまり…というかない】

「契約社員って、どんなメリット・デメリットがあるんだろう。」

 

これから就職活動をするフリーターや派遣社員、あるいは無職の方で、このような疑問を持っている方は多いんじゃないでしょうか。

アルバイトと違って、契約社員はフルタイムで働けて福利厚生もあるし、わざわざ正社員じゃなくてもいいんじゃないか?って考えてしまいますよね。

 

大谷
そこでこの記事では、契約社員のメリット・デメリットを一挙に紹介し、契約社員になるべきか僕なりの答えまでまとめていきます。

結論を先に言っておきますが、ぶっちゃけ契約社員はデメリットしかないです。その理由を掘り下げていきますね。

 

契約社員のメリットをピックアップ

まずは、契約社員のメリットから考えていきましょう。この4つがあげられますね。

  • 仕事に就きやすい
  • 転勤の可能性が低い
  • 契約満了で自然に退職できる
  • ワークライフバランスを保ちやすい

 

仕事に就きやすい

雇い主(企業側)の立場にたてば、契約期間が決まっている契約社員は雇いやすい点があります。

そのため、正社員は微妙でも契約ならOKという場合も多く、就活に難航している方にとってはありがたい雇用方法ですね。

 

転勤の可能性が低い

短期間の出張はありますが、転勤・異動の可能性はほぼありません。

これもやはり契約期間に定めがあることが理由で、期間が決まっていない正社員のように、ホイホイ自由に転勤させることが難しいのです。

 

契約満了で自然に退職できる

契約社員は、最長3年で契約されます。10年、20年と長く働くと、転職や退職をしたくても、なかなか切り出せないことが多いです。

しかし、契約更新しなければ、そのまま期間満了を待てば退職なので、後ろ髪を惹かれる思いをすることなく辞めることができるのです。

 

ワークライフバランスを保ちやすい

契約社員は割と時間通りで退社することができます(仕事内容にもよりますが…)。

休日出勤も、正社員に比べるとそこまでないので、自分の時間を確保しやすい側面もあります。

 

以上、ざっくりですが、契約社員のメリットを紹介しました。

では、今回の本題、デメリットをまとめていきますね。

 

契約社員のデメリットとは?

どんなデメリットがあるのか、ピックアップしてみます。

  • 昇格や昇給をしにくい
  • ボーナス・退職金がない
  • 契約更新されなければ解雇

 

昇格や昇給をしにくい

契約社員は、同じ会社で長く働く前提ではありません。なので、任される仕事の範囲も限られていて、大きな成果を上げにくいことも多いです。

大谷
また、どうしても、長く働いてくれる正社員が優先して優遇されるケースが多いので、キャリアを築き上げるのが難しい点があります。

 

ボーナス・退職金がない

毎月の給料は少なくても、ボーナスがあれば頑張れますが、契約社員はこのボーナスがないケースがものすごく多いです。

また、退職する際に出る退職金も、数年しか働かない契約社員ではもらえないので、正社員と比べて収入の総額は大きく変わります。

 

契約更新されなければ解雇

契約を更新するかどうか、これは雇用主の判断です。本人がまだ働きたいと思っていても、会社が更新すると言わなかれば、そのまま退職になります。

退職になれば、また別の場所で一からキャリアを積み上げなくてはいけません。これを数年ごとに繰り返していくのが契約社員なのです。

 

以上が、契約社員のデメリットですが、皆さんの中にはメリットの部分で契約社員の方がいい!と思った方もいるかもしれませんね。

 

契約社員はデメリットしかない?

冒頭でも言いましたが、契約社員という働き方には、僕はデメリットしかないと考えています。

というのも、紹介したメリットのほとんどは、正社員でもクリアでしていることが多いからです。

 

  • 地域限定社員での契約
  • 退職代行サービスがある
  • 働き方改革

 

正社員にも雇われ方はいろいろあって、その中に、地域を限定した正社員という選択もあります。

この方法で雇用してくれる会社を選べば、転勤のリスクはなくなりますよね。さらに言えば、中小企業で全国展開していない会社なら、そもそも転勤の心配がいりません。

 

退職しにくいなら、今は退職を代行してくれるサービスだってあります。

大谷
いや、代行しなくたって、退職願を出して2週間有給を申請すれば、法的にも退職は可能なのですから、期間を定めるリスクを取る理由がありません。

 

そしてワークライフバランスは、正社員も今後どんどん改善されていきます。

2018年6月には、残業の上限規制を明記した、いわゆる働き方改革法案も成立されました。ブラックな労働環境は、どんどん少なくなっていくはずです。

 

つまり、契約社員のメリットは、いろいろな視点で考えればほぼなくなります。これが、契約社員はデメリットしかない、という理由なのです。

なので、これから契約社員になろうと考えているなら、正社員を目指すべきだ、と僕は考えています。

 

ただ、問題は、正社員にどうなってなるか?というところですが、ご安心を。就職支援サービスのJAIC(ジェイック)なら、第二新卒や非正規の方も正社員になれる可能性が高いですよ。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

以上、契約社員のメリット・デメリットについてまとめました。