中途採用とは?【フリーターは中途で就職するのはかなり難しいよ】

「フリーターが就活するときは中途採用に応募するらしいけど、そもそも中途採用って何?」

 

言葉はよく聞くと思いますが、具体的に「中途採用」の意味がわかっていない方は多いでしょう。

大谷
フリーターが正社員になるには、中途で採用されるケースが多いのは確かです。ですが、中途採用はかなり厳しくて、経験上、私はあまりおすすめしません。

 

この記事では、中途採用とは何なのか。またフリーターが中途採用されるのが難しい理由と、それよりも就職がしやすい方法を紹介していきます。

 

中途採用とは?フリーターが就職するのが難しい理由

まず、中途採用について説明していきます。

 

会社に就職する場合、基本的に入り口は2つあります。

  • 新卒採用
  • 中途採用

 

「新卒採用」は、高校や専門学校、大学を卒業したばかりの仕事をしたことがない学生を企業が採用する方式です。

採用試験を行って、まとめて多くの人材を雇い入れるので一括採用とも言われています。

 

一方の中途採用は、会社が人材を欲しいときに募集をします。なので、一括採用とは2つの違いがあるのです。

  • 募集・就職のタイミングは決まっていない
  • 採用人数はごく少数

 

では、どんなときに企業は人材を募集するのか。その理由が、実はフリーターが中途採用で就職するのが難しい理由にもつながります。

 

中途採用は経験者を望むことが多い

会社が人材を募集する主な理由は、以下の3つです。

  • 業績好調による業務拡大のため
  • 新規事業や営業所立ち上げのため
  • 退職による人員不足のため

 

このような事情で、会社は募集をかけます。

そして、この時に募集して入社する人にはすぐに活躍して欲しい、と会社は思っています。

 

なので、条件としては、

業務の経験者であること

 

これが、中途採用ではフリーターが就職できないとする理由です。

 

新卒採用の場合は、学生を入社後に育てる意識が会社にはあります。ですが、中途採用はそんな意識はありません。

経験者を求めているのに、まったく職歴・経験がない方であれば、完全なミスマッチなので採用されるはずがないのです。

 

大谷

ただ、絶対に採用されないといことでもないです。実際、私は未経験で中途採用されました。

しかし、応募した企業の数は30社以上、1年半の時間をかけてようやくの採用でした。如何にフリーターが中途採用されるのが難しいのか、このことからわかりますよね。

 

中途採用以外でフリーターが就職する方法

フリーターはすでに高校や大学を卒業、あるいはやむなく退学をしているはずです。なので、新卒の一括採用の枠からは基本的に外れています。

 

なので、選択肢としては中途採用枠になるんですが、実は他にも就職の入り口はあるんです。

それが、就職支援サービスを使った就活です。

 

  • フリーターを対象とした人材募集
  • 就活に必要な知識・情報を教える講座・セミナーを開催

 

一括採用は新卒者なので参加できず、中途採用は経験者でマッチングはしなかった。が、就職支援サービスはフリーター向けなので、完全にマッチングしています。

なので、フリーターならこのサービスを使ったほうが、圧倒的に就職しやすいのです。

 

おすすめの就職支援サービス

このサービスを行っている会社はいくつかあります。

具体的なところは、『【フリーター・ニート必見】おすすめの就職支援サービス5つを比較』にまとめたので、そちらの記事を読んでください。

 

その中から厳選して、一番おすすめの1つを紹介します。それが就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

あとはあなた次第です。中途採用の席を狙って就活するか、就職支援サービスを使うか選んでくださいね。

 

おわり。