フリーターの方が稼げる?【バイトの方が儲かるのは今だけです】

「正社員よりフリーターの方が稼げるから、就職はしない方がいいよ。」

 

就職すれば、会社から奴隷のように働かされて、残業や休日出勤の日々…

大谷
そんな大変な思いをしても、結局アルバイトの方が儲かるんだったら、絶対に正社員なんか選ぶわけないですよね?

 

それなのに、ほとんどの方はフリーターではなく、就職して正社員になろうと考えます。それはなぜか?

理由は簡単。フリーターの方が稼げるのは見せかけだけで、結局は就職した方が儲けるからです。

 

今回の記事では、どうしてフリーターの方が儲けると言う意見が出るのか。その理由を解き明かしていきます。

正社員の平均年収のデータも紹介するので、かなり具体的にわかると思いますよ。

 

フリーターの方が稼げる!と言うのは一部の人だけ

思い出してほしいのですが、フリーターの方が正社員より稼げると言う意見は、どこから聞きましたか?

おそらく、同じフリーターをしている人やネットでの意見だと思いますが、そのように話すフリーターはほぼ間違いなく20代の方です。

 

なぜなら、正社員とアルバイトの差は、30歳以降の中高年にならないと肌身に感じないから。

 

大谷
人は未来を予想することはできますが、実感しないとそのことを自分のことには置き換えないものです。

つまり、「バイトの方が儲ける」と言う意見は、一生フリーターで生きてきた人の言葉ではなく、まだフリーターになったばかりの若い人だけに限ったコメントなのです。

 

とは言え、言葉だけでは疑わしいと思うので、実際にデータを見て検証してみましょう。

 

バイトの方が儲かるは嘘。将来的には正社員が圧勝するよ

まずはフリーターの毎月の給料を計算してみましょう。

 

時給1,000円、月22日出勤のフルタイムで働いたと想定します。

1,000円×8時間×25日=月収17.6万円

17.6万円×12ヶ月=年収211.2万円

 

では、正社員の給料を比べるために、厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査の概況』の結果をピックアップします。

正社員・正職員
(男性)
正社員・正職員
(女性)
〜19歳 181.8万 174.1万
20〜24歳 215.2万 210.9万
25〜29歳 251.9万 236.3万
30〜34歳 295.4万 254.8万
35〜39歳 332.2万 268.6万
40〜44歳 366.6万 283.4万
45〜49歳 405.2万 293.4万
50〜54歳 439.9万 300.3万
55〜59歳 437.2万 300.0万
60〜64歳 336.5万 261.1万
65〜69歳 296.1万 246.1万
70歳〜 289.9万 257.5万

 

表を見ると、確かに20代前半までは、フリーターが稼ぐ年収とほぼ変わりはありません。なので、バイトの日数を増やせば、その分バイトの方が給料が高いこともあります。

 

ですが、20代後半からは大きく収入に差が出始めていますよね?

男性の50〜54歳を見ると、平均年収439.9万円。フリーターの211万円と比べるとほぼ倍の違いです。

 

もうわかりましたよね?

バイトの方が稼げるのは若いうちだけで、中高年になればそんなことは言えないのが現実です。

参考記事『フリーターと正社員の給料の差は?【平均年収や生涯賃金が全然違う】

 

今は給料安くても正社員を選ぶべき理由

20代の頃は、アルバイトとほとんど収入は変わりません。なので、責任が重い正社員から逃げたくなる気持ちもわかります。

大谷
しかし、先ほどのデータでもはっきりしましたが、年齢とともに給料に大きく差が出てきます。

 

さらに、毎月の給料だけではなく、正社員にはこんな特典があります。

  • 賞与(ボーナス)
  • 退職金
  • 厚生年金

 

勤める企業によっても違いますが、ボーナスは給料の1〜2ヶ月分が年2回、退職金は1,000〜2,000万円、厚生年金は65歳以降の支給で毎月およそ15万円ほど。

アルバイトであるフリーターには、基本的にこれらの特典はまったくありません。

 

このような違いもあるので、今は給料が安くても正社員を選ぶべきなのです。そうすれば必ず、30歳以降の暮らしに大きな違いが出てきますから。

 

以上、フリーターの方が稼げると言う意見についてお話ししました。

 

よし!就職しよう!と前向きになった方は、就職支援サービスの「JAIC(ジェイック)」を使って就活してみてください。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

おわり