フリーターと正社員の給料の差は?【平均年収や生涯賃金が全然違う】

こんな話を聞いたことがありませんか?

「フリーターと正社員はそこまで収入に違いはない。それなのに責任だけ大きくなるから、正社員はならない方がいい。」

 

実はこれ、一部分だけを見れば当たっているんですが、全体的にはまったく間違っています。

大谷
あなたが今20代なら、収入の差を実感していないかもしれません。ですが、正社員とフリーターでは、30代以降の収入に大きな違いが出てくるんです。

 

この記事では、フリーターと正社員の収入の差について、アンケート結果をもとに徹底的に明らかにしていきます。

 

 

こんなに違う?フリーターと正社員の平均月収・年収・時給の差

フリーターと正社員の収入は、若い頃、特に20代前半はほとんど違いはありません。というか、逆にフリーターで働いた方が給料が多い、という場合も割とある話です。

 

しかし、それはあくまで20代までのこと。30代以降は正社員との差がどんどん大きくなっていきます。

 

【正社員と非正規社員の平均月収の格差(男性)】

 

【正社員と非正規社員の平均月収の格差(女性)】

出典:厚生労働省『平成30年賃金構造基本統計調査

 

月収を見てみると、正社員・正職員以外、つまりフリーターを含む非正規は、年齢が高くなってもそこまで収入は増えていきません。

しかし正社員は、男女とも、年齢が高くなるにつれてどんどん増えているのがわかりますね。

 

【正社員と非正規社員の年収の格差】

正社員・正職員
(男性)
正社員・正職員以外
(男性)
正社員・正職員
(女性)
正社員・正職員以外
(女性)
〜19歳 217.2万 200.4万 208.8万 195.6万
20〜24歳 258.0万 225.6万 252.0万 211.2万
25〜29歳 301.2万 247.2万 283.2万 229.2万
30〜34歳 354.0万 264.0万 304.8万 230.4万
35〜39歳 398.4万 274.8万 321.6万 230.4万
40〜44歳 439.2万 276.0万 339.6万 229.2万
45〜49歳 486.0万 280.8万 351.6万 230.4万
50〜54歳 526.8万 284.4万 360.0万 224.4万
55〜59歳 524.4万 286.8万 360.0万 220.8万
60〜64歳 403.2万 309.6万 313.2万 223.2万
65〜69歳 355.2万 264.0万 295.2万 211.2万
70歳〜 346.8万 253.2万 308.4万 199.2万

 

先ほどの平均の月収を元に年収(12ヶ月分)を計算すると、男性は30歳から約90万円程度、女性は約70万円ほど差が出てきます。

大谷
ただし、これは単純に月収を12倍しただけの数字。正社員にはプラスでボーナスがあるので、フリーターと正社員にはさらに大きな年収の差が出てくるのです。

 

生涯賃金は非正規より正社員が圧倒的

仮に22歳から65歳まで43年間働くとして、先ほどの年齢別の年収を元に、生涯で稼ぐ金額をそれぞれ計算してみます。

  • 正社員(男性):1億8,037万円
  • 正社員以外(男性):1億1,833万円
  • 正社員(女性):1億3,969万円
  • 正社員以外(女性):9,723万円

 

男性では6,000万円以上、女性は4,000万円以上の差が出ました。

ただし、もう一度言いますが、これは平均月収を12ヶ月分で単純計算しただけです。夏・冬の2回のボーナスを含めると、まだまだ生涯賃金の差は大きいのが現状です。

 

時給で見るフリーターと正社員の給料差

ここまで、厚生労働省の発表データを元に、給料の差を紹介しました。が、実際はフリーターと正社員の間には、さらに大きな収入の差があります。

なぜなら、非正規には派遣や契約社員も含まれているので、紹介した金額はフリーターだけの平均月収や年収ではないからです。

 

そこで、正社員とフリーターの収入差をはっきりさせるために、それぞれ時給換算して比べてみましょう。

 

【正社員とアルバイト・パートの時給格差(大卒)】

正社員
(男性)
バイト・パート
(男性)
正社員
(女性)
バイト・パート
(女性)
20〜24歳 1,491円  881円 1,427円 998円
25〜29歳 1,783円 1,016円 1,707円 973円
30〜34歳 2,226円 1,029円 1,933円 1,070円
35〜39歳 2,519円 1,120円 2,087円 1,096円
40〜44歳 2,768円 1,211円 2,278円 1,071円

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「就業構造基本調査」―

 

時給で比べると、収入の差は歴然ですね。

もし将来、フリーターが正社員と同じ給料をもらうためには、労働時間を倍以上にしないといけないってことです。

 

退職後も圧倒的?フリーターと正社員の収入の差

生涯賃金だけでも、圧倒的な差があるフリーターと正社員。

 

しかし、まだ他にもありまして、実は退職した後でも、収入が大きく違うのです。それがこの2つ。

  1. 退職金
  2. 年金

 

定年による正社員の退職金

正社員は定年で退職する場合、退職金(退職一時金制度・退職年金制度)というお金が会社から支給されることが多いです。

  • 大学・大学院卒:1,983万円
  • 高校卒:1,618万円

出典:厚生労働省『平成30年就労条件総合調査

 

しかし、フリーターは何年同じ会社で働いても、退職金が出ることはありません。

 

国民年金と厚生年金

フリーターの場合、年金は国民年金が基本。一方の正社員は、厚生年金に加入していることがほとんどです。
  • 国民年金:5万5,615円
  • 厚生年金:14万7,051円

出典:厚生労働省『平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

 

つまり、毎月約10万円ほど、支給される金額が違うのです(5万円って、全然生活できる金額じゃないですよね…)。

 

生涯賃金の圧倒的な差、加えて、年金や退職金制度。

これだけの違いがあるのに、フリーターと正社員が一緒!だとは言えませんよね?(言ってたら相当な馬鹿です)。

 

以上、それぞれの収入についてでした。

この差をしっかりを受け入れて、フリーターとして一生過ごすか?正社員になるか?を考えてください。

 

最後に、正社員として頑張ろう!と思った方に、オススメの就職支援サービスを紹介します。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

書類の添削や面接練習なども無料で受けられます。

時間は巻き戻すことはできません。今この時を大切にしてください。

 

おわり