派遣社員から正社員になるには?【3つの方法と就職するポイント】

派遣社員から正社員になりたい。

現在、正社員を目指して派遣として働いている、あるいはこれから派遣として働いて正社員になろうと考えている方はとても多いのではないでしょうか。

 

正社員は、就職活動を経て採用されることもあれば、契約社員や派遣社員など、一定の期間働いた後に採用されるケースもあります。

大谷

もちろん、後者で正社員になった方はそこまで多くはありませんが、とはいえ、正社員になれた方がいるのも事実です。

 

そこで今回の記事は、派遣社員から正社員になるにはどうすればいいのか、その方法とポイントについてまとめていきます。

ポイントを掴んでいるかどうかで、可能性はかなり変わってきますので、派遣社員の皆さん、あるいはこれから派遣社員になろうとしている方はお読みください。

 

派遣社員から正社員になるには?具体的な3つの方法

派遣社員とは、ある定められた期間に限り、会社に在籍して働くスタイルです。

アルバイトや契約社員と同じく、雇用期間に定めがありますが、これらと派遣社員の大きな違いは、直接雇用ではないという点です。

 

派遣会社に登録をして、その派遣会社から指示を受けて別の会社に出向き、労働力を提供するのが派遣社員というもの。

そして、その派遣社員の中には、そのまま派遣先や派遣会社で正社員になるという方も少なくありません。

 

では、派遣社員から正社員になるにはどんな方法があるのか。具体的には3つありまして、その方法が以下です。

  • 紹介予定派遣の利用
  • 派遣先企業からの引き抜き
  • 3年ルールによる正社員転換

 

それぞれどんな方法なのか、解説をしていきます。

 

紹介予定派遣の利用

派遣から正社員になるなら、これが一番現実的な方法でしょう。

3〜6ヶ月の間は派遣として働きますが、派遣期間終了後、本人と派遣先企業がお互い合意すれば正社員になれる、という特殊な方法です。

 

紹介予定派遣は、最後に正社員転換の話が必ずあるのが前提ですから、正社員になりたい方にはもっとも理想的な方法と言えます。

 

派遣先企業からの引き抜き

派遣社員として働いている間に、派遣先の会社に気に入られて、正社員雇用の話を持ちかけられるケースもあります。

大谷
もちろん、派遣会社との競技の上で決まることではありますが、基本的には派遣先から派遣会社に紹介料を支払うことで成立します。

 

ただ、紹介予定派遣と違い、必ず正社員の話が来るわけではありません。あくまで派遣社員ですから、期間が終われば別の派遣先で働くのが前提です。

 

3年ルールによる正社員転換

派遣社員に関する法律を定めた、いわゆる派遣労働法には、3年ルールと呼ばれる制度があります。

これは、「同じ部署・グループには3年しか派遣できない」という制度で、このルールにより3年以降、そのまま同じ部署で働き続ける場合は、直接雇用に切り替える必要があります。

 

つまり、3年間、派遣として同じ部署で働き続ければ、正社員になれる可能性が出てくるということです。

とはいえ、それまでずっと契約更新をし続けなくてはいけませんが…。

 

この3つが、派遣から正社員になるための方法です。

 

しかし、これらの方法で確実に正社員になれるか?というと、まったくそんなことはありません。

では、正社員になるためには何に気をつければいいのか、そのポイントについてまとめていきます。

 

派遣社員から正社員になるための最大のポイント

先ほど紹介した3つの方法であれば、派遣社員から正社員になることも十分可能です。

大谷
ですが、絶対になれるという保証はありません。そこで、正社員になるために決め手になるポイントについてお話をしていきます。

 

その前に、まずは3つの方法それぞれで正社員になれた割合について紹介しておきますね。以下がその割合です。

  • 紹介予定派遣の利用:14.3%
  • 派遣先企業からの引き抜き:17.1%
  • 3年ルールによる正社員転換:5.5%

 

どれも散々な結果です。どれも20%にも届いていないのですから、派遣から正社員になるのは相当難しいことが分かりますね。

割合については、以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

 

しかし、なんでこんなにも割合が少ないのか。

特に紹介予定派遣は正社員になることが前提ですから、もっと割合が高くていいはずですよね。

 

ですが、派遣から正社員には、この程度の確率でしかなれないのは当然です。それは、このような理由があるからです。

高い能力があるか判断できる十分は時間がある

 

優秀な能力を持つ人だけが正社員になれる

派遣社員から正社員になるには、どの方法でもそれなりの期間、働かなくてはいけません。

紹介予定派遣でも最低3ヶ月は働くことになりますが、その間は、毎日のように審査をされているのと同じです。

 

大谷
スケジュールの管理はできるか?人間性に問題はないか?仲間と助け合える協調性はあるか?などなど、ありとあらゆる点をチェックされます。もしひとつでも欠点が見つかれば、評価に大きく響きます。

つまり、「こいつは欲しい!」と思われるような能力の高い人材であれば、正社員として採用されます。

 

しかし、残念ながら、みんながみんな優秀ってわけではないですからね。20%以下の就職率になるのは、これが原因です。

僕・私は自信がある!という方はチャレンジしてもいいですが、正直、それよりも別の方法で正社員になるチャレンジをした方が可能性は高いですよ。

 

派遣社員から正社員になるには転職が一番の近道

派遣社員から正社員になれる3つの方法と、それぞれの確率と難しさについてお話ししてきました。

結論としては、派遣社員から正社員になるのは相当難しい、ということがはっきりしたのではないでしょうか。

 

大谷
しかし、低い割合とはいえ、正社員として就職できた方もいます。ですので、絶対になれないから派遣はやめておけ!と言うつもりはありません。

 

ただ、皆さんがもしこれから本当に正社員になることが目的で派遣を始める、もしくは派遣をやっているのであれば、僕は転職活動をすることをおすすめします。

それが一番可能性が高く、かける時間も短いです。

 

具体的な転職活動の方法については、以下の記事にまとめました。記事内で紹介する方法なら、就職率は80%以上ですので、20%以下の派遣をやるよりも断然良いと思いますよ。

 

以上です。

 

まぁ、どんな方法であれ、最終的に正社員になりさえすれば良いのです。

ですが、派遣からのスタートは、最終的に正社員になれない可能性が高いです。どうするかは皆さん次第ですが、できるだけ可能性が高い方法をとるようにしてくださいね。

 

おわり