大学中退したら職業訓練校に行くべき?【答えはNOです】

「大学中退した人が就職するなら、職業訓練校に通うべきなのかな。」

 

大学を途中でやめてしまうと、大学の支援もなくなるので、なかなか就職がしにくいもの。

そこで、1つの選択肢として職業訓練校が思いつくわけですが、どうしようか悩んでいる方はとても多いはず。

 

大谷

そこでこの記事では、大学中退した方が就職を目指すなら、職業訓練校に通うべきかまとめていきます。

結論としては「行かなくていい」なのですが、その理由と訓練校以外の方法までをお話ししていきますので、就職活動を考えている大学中退者の方はお読みください。

 

大学中退したら職業訓練校に行くべき?

まずは、知らない方のために、職業訓練校とはどうゆうところなのか簡単にまとめます。

職業訓練所とは

  • 職業に役立つスキルや能力を無料で得られる公的な制度。ハロートレーニングとも呼ばれる。
  • 大学中退で失業保険がなくても受講できる求職者支援訓練がある

 

無料の専門学校といえばイメージできるでしょうか?

受講する期間は内容によってバラバラで、基本的には2ヶ月から6ヶ月、より専門的な内容であれば1年を超えて受講する場合もあります。

 

大学を中退した方は、専門分野の知識も中途半端に終わっているので、就職するための技術や知識を手にするために、職業訓練校に行こうかと悩む方は多いです。

大谷

ですが、もし就職することが目的であれば、僕は職業訓練校に行かない方がいい、いや行くべきではないと考えています。

 

  • 資格がいらない分野なら就活すれば十分就職できる
  • 訓練校の目的は正社員就職ではない
  • 受講までの待機期間や受講期間がもったいない

 

資格がいらない分野なら就活すれば十分就職できる

1番の理由はこれです。別に職業訓練校に行かなくたって、やり方次第では就職できますからね。

 

ただ、資格とか経験が必要なものは別です(例えば医療系やデザインなど)。

もし、これがしたい!という仕事があって、その職業に特定の能力や知識がいるのであれば、これは訓練校や専門学校を検討しなくてはいけません。

 

ですが、そうではない職業であれば、わざわざ訓練校に通う必要はないです。

 

訓練校の目的は正社員就職ではない

職業訓練校ではカリキュラム終了後、何かしらの仕事を始めてもらうように就職活動を促されます。

ですが、正社員である必要はありません。条件が揃っていれば、アルバイトでもOKなんです。

 

その条件がこちら。

  • 週20時間以上の勤務時間である
  • 4ヶ月以上の雇用期間で契約している

 

週に20時間なら、4時間を5日間で足りますよね。要するに、雇用保険が適用される条件であれば、別にアルバイトでも問題はないんです。

 

受講までの待機期間や受講期間がもったいない

訓練校にはかなりの数のカリキュラムがありますが、すぐに受講を始められるわけではありません。東進ハイスクールのようなビデオ学習ではないので、受講できる期間がしっかりと決められています。

 

なので、もし希望の内容が数ヶ月先となれば、その間はただ待つしかありません。

さらには、数ヶ月かけたカリキュラムが終わっても、アルバイトとしてしか採用されない可能性もあるわけですから、その時間が無駄になるかもしれないのです。

 

以上が、大学中退者が職業訓練校に行くべきではない理由です。

より詳しく訓練校について知りたい方は、『職業訓練校とは【職歴なしのフリーター・ニートは就職できない?】』にまとめているので、そちらをどうぞ。

関連記事

「就職するために職業訓練校に通おう。」 そう考えているフリーターやニートの方はとても多いと思います。これを読んでいるあなたも、そのうちの1人ではないでしょうか。   大谷 ただ少し気になるのは、職歴なし[…]

 

この事実を踏まえて、それでも行くというなら、それは個人の自由ですからそうしてください。

 

職業訓練所以外で大学中退者が就職できる方法とは

ここからは、訓練校以外でどうやれば大学中退者が就職できるか、その方法をお話しします。

結論から言うと、就職支援サービスを使ってください。

 

  • 学歴の心配がない
  • 就職に必要な知識を無料で得られる
  • 短期間で就職先が決まる

 

大学中退の場合、応募条件によくある「大学卒業」で足切りをされることが多くなります。

ですが、就職支援サービスでは、最初から中退者をターゲットにサポートしているので、最終学歴が高卒でも全く問題ありません。

 

また、就職先を見つけるための企業分析や自己分析、働き出してから大切になるビジネスマナーなど、就職活動に重要な知識を無料で学ぶことができ、さらには就活の期間も1ヶ月あれば十分可能です。

大谷

つまり、単純に就職することが目的であれば、職業訓練校ではなく就職支援サービスの方がめちゃくちゃ効率がいいってことです。

 

僕のおすすめの就職支援は、大学中退者を手厚くサポートしているJAIC(ジェイック)です。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

以上です。

補足しますが、絶対に訓練校が悪いということではありません。ただ、よくよく考えると明らかに効率が悪いので、就職が目的であれば、別の方法をおすすめしますよ。

 

おわり