アルバイト暮らしのフリーターは勝ち組?同一労働同一賃金の影響とは

「同一労働同一賃金っていうのが始まるらしいけど、それでフリーターは勝ち組って本当なのかな。」

 

安倍政権の働き方改革の1つである同一労働同一賃金。この制度で、戸惑っている方はとても多いでしょう。

大谷
今後は、果たしてこのままフリーターでいた方が得なのか。あるいは、やっぱり正社員の方がメリットが大きいのか、気になっている方もいるのではないですか?

 

結論から言わせていただくと、やっぱり今後も正社員の方が得です。

今回は、同一労働同一賃金はフリーターに味方するのか、制度の内容を踏まえて考えていきたいと思います。

 

同一労働同一賃金とは

2020年4月から一斉に施行されるこの制度(別名「パートタイム・有期雇用労働法」)。

簡単にいうと、同じ仕事内容なら、正社員もアルバイトも派遣でも、すべて同じ給料にしようねって制度です。

 

これまでは、アルバイトや派遣で、正社員とほぼ変わらない業務をしていたのに、なぜか給料が少ないという不思議な格差がありました。

その不思議な格差を、この制度によって解消しようとしているのです。

 

同一労働同一賃金で重要な4項目

なんとなくイメージはできると思いますが、具体的にどう変わるのか気になりますね。

個性労働相が発表しているガイドラインには、4つの項目を重要なポイントとして考えなさいと書いています。

 

その4つがこちら

  • 基本給
  • 賞与
  • 各種手当
  • 福利厚生・教育訓練

 

原則、この4つの項目において、同じ仕事なら同じ待遇で、違いがあるならその違いに合わせた待遇をしなくてはいけません。

能力や経験など、何をもとに給料や手当てを決めたのか。なんとなくの雰囲気ではなく、今後は会社側からはっきりと示されることになります。

 

会社規模で違う導入時期

ただし、2020年4月1日からスタートするのは大企業だけです。

中小企業においては、2021年4月1日からの導入となります(人材も資源も少ないので)。

 

とはいえ、自分が働いている会社が、大企業なのか中小企業なのかわからないと思います。

中小企業については、厚生労働省が定めた範囲があるので、アルバイト・派遣先の会社の規模と比べれみてください。

中小企業の範囲とは

 

アルバイト暮らしのフリーターは同一労働同一賃金で勝ち組になれるか

結論から言うと、勝ち組とは言えません。

とはいえ、負け組ってことでもないので、その辺りは微妙なところです。

 

その理由をピックアップします。

  • 非正規の給料はアップする
  • 雇用延長が当たり前ではなくなる
  • 実力主義社会へ変化

 

非正規の給料はアップする

最大のプラスの要素は、やっぱりアルバイトや派遣の収入アップでしょう。

 

現在、多くの企業は、正社員に払っていた給料を減らして、そのお金を非正規の方にまわすことで、調整を進めています。

なので、大半の場合、残念ですが正社員の収入は減ることになります。

日本郵政が「正社員待遇引き下げ」というパンドラの箱を開けた事情

 

収入以外でも、例えば資格取得に必要な費用の補助など、色々な手当も今後は期待できます。

その点においては、今回の制度導入はフリーターにとって有利にしか働いていません。

 

雇用延長が当たり前ではなくなる

この制度で給料や手当の差が消えると言うことは、今後、正社員と非正規の間にどんな違いがあると思いますか?

大谷
それは、会社との契約期間が決まっているか決まっていないか?という点が明らかな違いとなります。

 

ここで問題なのが、アルバイトや派遣などの非正規は、経営状況によって、契約更新されない可能性があるということ。

今までもそれはありましたが、今後は非正規の人件費も高くなるので、より一層、切られる可能性が高くなったと言えます。

 

実力主義社会へ変化

この制度によって、その人に支払う給料の金額が、仕事内容とともにはっきりとしてきます。

なのでこれからは、勤務期間が長いほど給料が高い「年功序列」のシステムが薄れていくでしょう。

 

言い換えれば、実力・能力があればあるほど、収入が増える実力主義へと変化していくということ。

 

また、これまでは、バイト・派遣と正社員では、仕事の取り組み方に一定の線引きがありました。が、これからはそれがなくなります。

つまり、「バイトだからこれくらいで十分」というスタンスでは取り組めなくなって、誰もが正社員と変わらない仕事を求められるようになるのです。

 

以上、これまでのことを踏まえると、同一労働同一賃金は、フリーターにとって勝ち組とも負け組とも言えない制度と言えます。

 

同一労働同一賃金の導入でアルバイト生活のフリーターが考えるべきこと

これまでのことを踏まえて、今フリーターが考えるべきことが1つあります。

自分は人から選ばれる働き方ができているか?

 

今まではアルバイトは、安い労働力として使われてきました。

大谷

ところがこれからは、バイトが安い労働力とは言えなくなります。つまり、バイトでさえ、会社側はしっかりと選んで採用しなくてはならないのです。

 

その上、アルバイトで働けたとしても、業績が悪ければバイト切りにあい、急に仕事がなくなる可能性も高まりました。

要するに、企業から「この人は雇っていた方が良い!」と思われる人にならないと、バイトさえできなくなる可能性があるのです。

 

アルバイトより正社員のほうがメリットは大きい

ここで、最初の問いに立ち返りましょう。

この制度が導入された後は、フリーターでいるべきか、それとも正社員の方が得か?という問題です。

 

ズバリ言います。正社員の方が得です。

 

理由は2つあります。

  • すぐには均等・均衡化しない
  • 正社員には契約の制限がない

 

すぐには均等・均衡化しない

同一労働同一賃金は、現状だと会社は守らなくても罰則はありません。

つまり、すべては会社まかせ。取り組むスピードには会社ごとでまったく違います。

 

なので、この制度ですぐに全てが変わることはありません。

5年後なのか、それとも10年後なのか。ある意味、運任せと考えてください。

 

正社員は契約の期限がない

同一労働同一賃金の導入後も、正社員・正職員は定年まで雇ってもらえる仕組みになっています。

企業側も、何かはっきりとした理由がない限りは、正社員をクビにすることはできません。

 

しかし、契約期限があるアルバイトや派遣は違います。期限がきたら、延長さえしなければ、退職してもらうこともできるのです。

 

大谷
この2つの理由から考えると、現状はフリーターよりは正社員の方が得でしょう。

フリーターとしている人たちは、SNSなどで「勝ち組だ!」と叫んでいますが、現状と制度の内容を踏まえると、決してそうとは言えません。

 

なので、1つ提案したいことがあります。

それは、もしアルバイトで暮らしているなら、正社員にチャレンジしてみませんか?という提案です。

 

少しでもその気になった方は、『就職したい!フリーターから正社員になるための就活方法を伝授します』をご覧ください。

そちらに、フリーターでも正社員になれる方法をまとめていますので。

関連記事

「将来も不安だし、そろそろフリーターから脱出して正社員として働きたい。」   とは思っているものの、どうやって就職活動をしたら良いかわからない… そんな方のために、この記事ではフリーターの就活の進め方をまとめてい[…]

 

以上、同一労働同一賃金がフリーターにどう影響するかをまとめました。

これからの生き方を考えるきっかけになれば幸いです。

 

おわり。