フリーターにおすすめの資格は?【習得しても逆転就職できない理由】

「就職したいけど何もアピールできるものがないし…。だったら逆転を狙って資格でも取ろうかな。」

 

資格は、国家資格や民間資格などを合わせれば、優に3,000を超えると言われています。その中には、「これがあれば就職に有利になる」というものも確かにあります。

そして、今までずっとフリーターをしていて、正社員として働いたことがない方の中には、資格をとって就職を!と考える方も少なくありません。この記事をご覧の皆さんもその1人ではないですか?

 

しかし、ぶっちゃけて言うと、絶対に就職できます!と言える資格なんてありません。

大谷
むしろ、資格を取るための時間が無駄になる可能性だってあるんです。

 

そこでこの記事では、僕が正社員として働いた経験から、あると良いおすすめの資格を紹介し、その上で、フリーターから就職するために資格なんて必要ない理由をまとめていきます。

また、資格がなくても就職できる方法にまで触れますので、就職のために資格を考えているフリーターの皆さんはご覧ください。

 

フリーターが就職するためにおすすめの資格をピックアップ

冒頭でも紹介したとおり、資格は国家・民間あわせると3,000以上も存在します。

その中には、例えば不動産鑑定士や司法書士といった難しいものもあれば、野菜ソムリエや暗算検定など比較的楽にとれる資格もあり、なかなか選ぶのも大変です。

 

大谷
そこで、僕が会社員として働いた経験を元に、「これはあると便利!」という、そこまで難しくない資格をピックアップして紹介します。

以下がその資格です。

  • 普通自動車免許
  • MOS(Microsoft Office Specialist)
  • ITパスポート試験
  • 秘書検定
  • 色彩検定

 

それぞれどんな資格でどう役立つのか、理由を解説していきます。

 

普通自動車免許

東京や大阪など、大都市で働く場合はなくてもいいですが、地方なら必ず持っておくべき資格です。

営業職ならクライアントの訪問に車は必須で、事務系の仕事でも、外出する機会に車を運転することは普通にあります。ですので、地方だと逆に免許がなくては、会社に迷惑をかけることが多発します。

 

補足ですが、普通免許にはAT(オートマ)車とMT(マニュアル)車があります。しかし、今は軽トラックでもAT車があるので、AT限定の免許があれば基本OKです。

 

MOS(Microsoft Office Specialist)

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストは、その名の通り、マイクロソフト・オフィス製品のスペシャリストのことです。

日本は昔からWindowsのパソコンが主流。officeソフトにはWord・Excel・PowerPoint・Outlook・Accessの5種類があり、あれば面接時のパソコンスキルのアピールに最適です。

 

特に、WordとExcel、PowerPointは会社員なら誰もが使うソフト

この3つのソフトは、どんな職業でも使う機会はありますし、ある程度使えないと仕事が進まないので、資格は取らなくても今から使えるようにしておきましょう。

 

ITパスポート試験

これからの時代に欠かせないITに関係する資格です。

IT系の職業だけではなく、PCを扱う仕事であれば、事務でも役に立つ知識が得られます。僕も会社員時代にこの資格を取りました。

 

ただ、内容的には、ITの初歩的な部分しか触れていないので、本格的なエンジニアを目指す方向きの資格ではないです。

ですが、情報リテラシーやセキュリティ対策を知っておくため、またはIT関係の話についていくためには触りやすい便利な資格でしょう。

 

秘書検定

まず訂正したいのは、秘書になるための資格ではありません。

秘書検定は、ビジネスに関する用語、ビジネスマナー、業務の取り組み方や心構えなど、就職後に誰もが必要な知識を身に着けることができる資格です。

 

ビジネスマナーがない、あるいはスケジュール管理ができないと、社会人として恥ずかしいことも多々ありますからね。

良い印象を与えるための振る舞いも身に付けられて、これからも面接で活かすことができるので、あっても損はない資格の1つと言えます。

 

色彩検定

色に関する知識を身に付けられる資格です。

デザインが関係する仕事、例えば出版・印刷や建築、ファッション系のビジネスで活かせます。

 

ですが、以外にそれだけではなく、例えば企画書や提案書などの書類作成にも活きてくるので、割と持ってると重宝される内容です。

見やすい資料が作れる、というのは印象も良くなるし、仕事ができるイメージも付きやすいので、色彩検定はおすすめの資格です。

 

以上が、就職に役立つおすすめの資格です。

これら5つの資格は、割と短期間の勉強で取ることができますし、どんな仕事であれ必ず役に立つものですから、取るならこれらを推薦します。

 

大谷
ただ、ここでピックアップした資格を取れば、一発逆転で正社員になれるということではありませんのでご注意を。

では、なんで資格が一発逆転の武器にならないのか。その理由についてお話ししましょう。

 

フリーターの資格習得が一発逆転就職の武器にならない理由

なぜフリーターが資格をとっても就職に結びつかないのか。その理由はこれです。

企業は資格よりも人間性・熱意・将来性を求めている

 

大谷
これは僕の意見ではありませんよ。実際、何を持って採用・不採用を決定しているのかを企業側に聞いたところ、こう答えているところが多かったのです。

 

株式会社リクルートの調査結果「就職白書2017」では、企業に採用では何を重視しているか聞いていますが、結果はこのようになっています。

 

「人柄」は90%超え、「企業への熱意」は約80%、「今後の可能性」が70%弱という結果でした。

それに比べ、「取得資格」は全体の9.5%の会社しか重要とは考えておらず、むしろアルバイト経験の方が重要視されているくらいです。

 

とはいえ、少ないですが資格を重要視している会社もあります。ですので、やっぱり資格を取る必要あるじゃないか!という意見の方がいれば、別に否定はしません。

しかし、90%以上の会社は、資格にそこまでこだわっていないのですから、資格を重要視している10%は捨てて、90%の企業に応募した方が効率的ではないですか?

 

資格習得にはそれなりの時間がかかる

もうひとつ、資格取得が一発逆転の武器にならない理由を紹介します。

それは、資格習得にかける時間に比例して、フリーターの皆さんの就活は難しくなる、ということです。

 

まず、資格を取得した方が、どれくらいの時間をかけて勉強し資格を取ったのか、独立行政法人 労働政策研究・研修機構「職業資格の取得とキャリア形成に関する調査」からチェックしてみましょう。

 

「3ヶ月未満」が24.1%、「3〜6ヶ月未満」で17.1%です。

 

しかし、この辺りのかけた期間が短い資格は、比較的楽に取れるものが多いですので、就職活動に有利になるようなものは少ない傾向にあります。

就活に大きな影響を与えるような資格であれば、それなりの時間は費やす必要がありますが、必ず合格できるわけではないので、ある意味賭けではあります。

 

では今度は、フリーターの期間と就職率について見てみましょう。

就職希望だった方に、就職できたかどうかを調査したアンケート結果がこちらです。

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−

 

1年以降を経過してからは、就職率がぐんと減ってますよね。

皆さんが今、フリーターを始めてからどれくらい経過しているかわかりませんが、もう1年以上たっているようなら、就職成功率は相当落ち込んでいます。

 

大谷
その上、これから時間をかけて資格の勉強をすれば、かけた時間の分だけ就職できる可能性はどんどん下がっていきます。

仮に資格を取れたとしても、フリーターだった期間が長ければ、残念ながら資格は無意味です。これが、資格が武器にならない隠れた理由です。

フリーター期間と就職率については、『フリーター期間が長いと就職は厳しい?【長いほど就職率は低くなる】』をご覧ください。

 

もし、何かやりたいことがあって、その目的のために資格を取るのであればOKでしょう。

しかし、最終的な目標が就職なのであれば、資格に時間を割くよりも、普通に就職活動をしたほうが圧倒的に効率的なのです。

 

資格がなくてもフリーターが就職できる方法

資格を取ろうと考えたフリーターの皆さんは、「空白期間が長いから、何か資格を持たないと正社員になれない」と思いがちです。

 

ですが、実はこれは大きな間違い。

大谷
資格や経験がなく、空白期間が長くても、やり方次第では正社員になれます。

 

その方法とは、就職支援サービスを使った就職活動です。

 

就職支援サービスは、フリーターの方を対象に就活のお手伝いをしています。

その中でもオススメなのは「JAIC(ジェイック)」で、キャリアカウンセラーがしっかりと時間をかけたサポートを行ってくれます。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

資格はあったほうが有利に就活を進められます。ですが、就職するためだけに、何かしらの資格を取ろうと考えているなら、JAIC(ジェイック)で就活することをおすすめします。

 

以上です。資格を取るか、就職を取るか、あとはあなたが決めてください。

 

おわり。