契約社員はやめたほうがいい【転職して契約社員スタートはダメです】

「転職先が契約社員からのスタートだけど、どうなんだろう。」

「契約社員として働いているけど、正社員になりたいならやめた方がいいって本当なのかな。」

 

そのような悩みを持っている皆さんなら、この記事はきっとお役に立てるはずです。

今回の記事は、最終的に正社員になりたいと考えて契約社員の道を選んだ、または選ぼうとしている方に向けて書いています。

 

大谷
結論としては、もし正社員が目標であるなら、契約社員になるのはやめたほうがいいです。

その理由についてこれからまとめますので、どうなんだろう?と悩んでいる方は読み進めてください。

 

契約社員はやめたほうがいい理由

ものすごく単純です。契約社員で働いていても、利点がないからです。

というより、マイナス面の方が圧倒的に大きいので、契約社員で働くなら、正社員として雇ってくれる会社を探すのが得策でしょう。

 

では、なんで契約社員には利点がないのか、その理由を解き明かしていきますね。

  • 安い給料で働かされる
  • 大きな仕事は任せてもらえない
  • 社会的ステータスが低い
  • 契約更新は会社の自由

 

安い給料で働かされる

契約社員と正社員。雇用の違いはあるんですが、契約社員でも正社員と同じ仕事をしているケースは多いです。

それなのに、月給は低く抑えられていて、その上、ボーナスもないことがあって、年収ベースで比較すると相当な開きが出ています。

 

もちろん、すべての会社でそうとは限りません。ですが、ほとんど場合で当てはまっているので、みなさんが働く企業でも同じ可能性は高いのです。

 

大きな仕事は任せてもらえない

そもそも契約社員とは、人材が欲しいある一定の期間だけを埋めるために契約するスタイルです。なので、正社員の補助にまわることもよくあります。

 

例えば、企業にとって大きなプロジェクトになる案件では、メインの仕事は必ず正社員が担当します。

契約社員はいずれ辞めることが前提にあるので、経験や知識を会社に積み重ねるためには、正社員に任せるのが当然ですからね。

 

社会的ステータスが低い

契約社員は給料が低い上、難しい仕事も任されていない。これが契約社員の世間的なイメージです。

つまり、正社員と比べて社会的な地位が低く、それによって面倒なことが色々と起こります。

 

例えば、大きな買い物をする場合(例えば車など)はローンを組むことがありますが、その申請がおりないこともよくある話です。

あるいは、「契約社員の男性で結婚は無理!」と思っている女性の方は多いので、恋愛事情でも大きなマイナスがあります。

ガールズちゃんねる - Girls Channel -

私の彼は契約社員です。 交際して数年が経ち、結婚を考えていますが、契約社員ではいつ切られるのか不安で結婚も難しく感じま…

 

契約更新は会社の自由

最大のネックはこれです。皆さんが働きたくても働き続けることができない可能性が常にある、ということ。

契約社員をどうするかは、すべて雇用主の判断ですからね。雇い続けたいなら雇用継続しますし、そのつもりがないなら、契約期間満了で退職して貰えばいいだけの話です。

 

以上が、契約社員のマイナス面です。

 

今回の記事は、契約社員の悪い部分にスポットを当てているので、メリットについては書きませんでした。

メリットは『契約社員はデメリットしかない?【メリットはあまり…というかない】』にまとめているんですが、タイトルでもわかる通り、ほとんどないに等しいです。

 

ただ、契約社員でも、こんな条件で働き始める方もいるはずです。

それは、正社員として雇われることを前提に転職して、契約社員からスタートする働き方です。

 

転職して契約社員スタートはあり?

転職をして契約社員からスタートするのは、割とよくある話です。基本的には2パターンあります。

  • 試用期間としての契約社員
  • 経験を積むための契約社員

 

試用期間であれば仕方ありません。会社と本人の希望のミスマッチを防ぐためですから、どこにでもあることです。

よほどの問題がない限りは正社員になれますから、試用期間が終わるのを待ちましょう。

 

大谷
問題は2つ目の場合です。これが一番厄介で、期限が曖昧だから、いつまでも契約社員として引っ張れちゃうんです。

要するに、正社員という餌をぶら下げて、安い賃金で延々と働かされる構図ですね。

 

実際に、何年も待っていたのに、正社員登用されることなく雇い止めにあった、という方はめちゃくちゃいます。

特にここ最近は新型コロナウイルスの影響で業績が悪化して、雇い止めに合う非正規社員はものすごく多いんです。

解雇、雇い止め2週間で9,000人増える 新型コロナ影響、非正規が55%

 

正社員登用の問題については、『契約社員から正社員にはなれないの?【正社員登用は嘘かもよ】』にまとめたので、そちらも合わせて読んでください。

 

結論としては、契約社員はやめた方がいいということです。

 

とはいえ、契約社員としてしか働き口がない!という方もいるでしょう。そんな方には、就職支援サービスのJAIC(ジェイック)をおすすめします。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

以上です。

 

数年間だけ働きたい。そうゆう方にとっては、契約社員は働きやすいかもしれません。

ですが、長く働きたい、あるいは失業はしたくない方にとっては、契約社員ほど危ない働き方はありません。

 

それでも契約社員で働くか、それとも正社員になれる道を探すか。しっかりと考えてみてくださいね。

 

おわり