中卒でも大企業に就ける?就職に近づける2つのポイントを解説

「正社員になるなら、大企業に入りたい。でも、中卒の自分が、大きい会社に就職するのって無理だよね…。」

 

皆さんは、大企業に対してどのようなイメージを持っていますか?

倒産する可能性が低い、給料が高い、ブランドがあるので自慢できる、などなど。中小企業に比べると良いイメージが多いので、やっぱり大企業に就きたい!と考える方はとても多いです。

 

そんな人気の大企業に、中学しか卒業していない人が就職できるのか…。

大谷
そんな悩みがあって、なかなか就職活動に踏み出せない、という方のために、今回はこのような内容をご紹介します。
  • 大企業とはどんな会社か?
  • 中卒は大企業に就職できるのか?
  • 大企業に就職するための2つのポイント

 

最初に言っておきますが、例え中卒でも大企業には就職できます。

ただし、そのためには、それなりの対策を講じなければなりません。ですがその前に、まずは大企業とはどんな会社なのか、知らない方も多いと思いますので、一度整理していきます。

 

大企業とは?

これから皆さんが、大企業を目指すということなら、最低限として「大企業とは?」という質問くらいは、明確にスムーズに答えられるようにしておきましょう。

 

大企業とはどんな会社か?と問うと、「たくさんの人が知っている有名な会社」という、非常にざっくりとした答えが返ってくるケースが多いです。

確かに大企業には、トヨタやソフトバンクと、どんな会社かすぐにわかるような名前が多い、ということもありますからね。

 

ですが、大企業の定義は、単純に「有名だから」という曖昧なものではありません。実は、以下の条件に該当している場合に、その会社は”大企業”ということになります。

業種 資本金 従業員数
製造業・建設業・運輸業・その他の業種 3億円以上 300人以上
卸売業 1億円以上 100人以上
サービス業 5,000万円以上 100人以上
小売業 5,000万円以上 50人以上

 

この条件は、中小企業基本法に定義された中小企業の条件を、そのまま反対にした内容になります。

つまり、法律上の中小企業よりも、資本金や従業員数の規模が大きい会社が大企業、という位置づけなのです。

 

ですので、これが大企業だ!と法律でははっきり決まっているわけではありません。しかし、一般的には、これが大企業の条件になっています。

 

大谷
となると、条件では大企業にはなるものの、多くの方が知らないという会社もあるので、大企業=知名度が高いは成り立たない、ということが言えます。

ちなみに、皆さんがご存知のトヨタやソフトバンクなどは、大企業の中でも知名度・業界シェアが高いので、「大手企業」という呼び方をします。大企業と大手企業は、似ていますが実は明確な違いがあるので、押さえておきましょう。

 

大企業は日本企業全体の0.3%しかない

では、先ほど紹介した大企業の条件に当てはまる会社は、どれくらい日本にあるのでしょうか。

日本には、およそ400万ほどの企業がありますが、総務省統計局が行った調査をみると、割合的には以下のような結果となりました。

 

引用:総務省統計局「平成26年経済センサス‐基礎調査

 

なんと、大企業はたったの0.3%しかありませんでした。

ただし、その数でいうと、大企業は約1万社ほどあります。日本全体の企業数から考えれば割合は少ないですが、具体的な数で考えればかなりの会社がありますよね。

 

大企業の平均給料は高い

大企業に就職したい!と考えている方の多くは、基本的には以下の2つのイメージが強いことが理由にあります。

  • 安定して仕事ができる
  • 給料が高い

 

中小企業に比べると、大企業は倒産の可能性が低いのは間違いありません。

一度入社してしまえば、リストラなどににあわない限り、定年までずっと同じ会社で働けられることも多いので、再就職をしてイチから出直し、という心配も少なくなります。これが、大企業が人気の1つの要因です。

 

プラスして、大企業は比較的、給料が高い、というイメージがあるのも大きな理由の1つ。

厚生労働省が行っている調査によれば、企業規模の大きさで給料に違いがあることは明らかで、大企業はやはり平均的な給料が多い傾向にあります。

 

以下は、企業規模ごとの正社員・正職員の平均賃金です。

男性 女性
大企業 40万7,100円 29万8,500円
中企業 33万5,300円 26万1,800円
小企業 29万8,800円 23万4,000円

引用:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査の概況

 

男女ともに、規模が大きければ大きいほど、平均の給料は高くなっていますよね?

入社する会社が違うだけで、毎月これだけの違いがあるわけなので、やっぱり大企業に就職したい!と思うのは当然というものです。

 

以上、まずは大企業について簡単に整理しました。

では、そんな大企業に、中卒の皆さんが就職できるのか。2つの視点を元にご紹介していきましょう。

 

中卒は大企業に就職できるのか?

まず、冒頭でもお話ししましたが、中卒が大企業に就職できるか否か?に対しては、就職できる、が答えになります。これは間違いのない事実です。

 

ただし、問題はその難易度。

大谷
実は、学歴が低い方は、会社規模が大きくなればなるほど入社するのが難しい、ということが分かっています。つまり、中卒だと大企業への就職は大変だということです。

 

その根拠をご紹介する前に、皆さんにとって良いニュースからお話ししていきましょう。

 

大企業で働く方の割合は多い

大企業は、日本全体の企業のわずか0.3%しかない、ということを先ほどご紹介しました。

ですが、これはあくまで企業数の割合です。ご存知のとおり、大企業は従業員をたくさん抱えていますので、次は大企業で働く方が占める割合を見てみましょう。

 

引用:総務省統計局「平成26年経済センサス‐基礎調査

 

実は、労働者の29.9%の方は、大企業で働く従業員なのです。

ということは、大体3人に1人という確率なので、かなり期待が持てますね。

 

では、この3人に1人の枠を、皆さんが勝ち取ることができるのか。

実は、その枠の多くは、高い学歴の高卒や大卒の方になる可能性がかなり高いのです。

 

企業規模が大きいほど学歴を重要視する

ここで1つ、アンケート結果をご紹介しましょう。

これは、企業に新卒採用の際、重要視する内容は何か?を調査したアンケートで、その内容には3つ、学業に関する項目が含まれていました。

 

割合が高いほどその項目を重要視している、ということになるのですが、実は会社規模が大きくなるほど、学業に関する重要度も高くなる傾向にあることが分かったのです。

 

学業成績

 

学歴・学校名

 

学生時代に勉強していた内容

引用:株式会社アイデム「2018年卒新卒採用に関する企業調査

 

従業員数が多くなればなるほど、比例して学業や学歴に対する重要度も上がっていますよね?

つまり大企業は、より高い学歴を持つ方を優先する傾向にあり、中卒という最低限の学歴しかない皆さんを採用する可能性は低い、ということが言えるのです。

 

プラスしてもう1つ、アンケートには「人柄・性格」という項目もありまして、その項目に関する重要度はこのようになりました。

人柄・性格

引用:株式会社アイデム「2018年卒新卒採用に関する企業調査

 

企業の規模が小さいほど人柄・性格を重視し、大きいほど重視しない傾向にあるようです。

このことからも、大企業は学歴を重要視している、ということが考えられるので、やはり中卒の皆さんにはかなりハードルが高いことがわかります。

 

以上、中卒の大企業入社の可能性を探りましたが、いかがでしょうか?

この状況を踏まえた上で、もし皆さんがそれでも大企業に就職したい!ということなら、この先の内容はかなり参考になりますのでご覧ください。

 

中卒が大企業に就職するための2つのポイント

大企業は、採用基準として学歴や学業成績を重要視しており、人柄や性格は、中小企業に比べるとあまり重視しない傾向にあります。

大谷
となると、例え採用人数が多い大企業でも、中学しか卒業していない皆さんでは、なかなか就職することが難しい、という結論になるわけです。

 

さて、この状況から、もし皆さんが大企業に進みたい!ということであれば、押さえるべきポイントは2つあります。それが以下の2つです。

  • 学歴を重視していない大企業を選ぶ
  • 回り道をして大企業に就職する道も考える

 

学歴を重視していない大企業を選ぶ

確かに、アンケート結果では、大企業は学歴を重要視する傾向にはあります。しかし、すべての大企業がそうとは限りません。

あくまで、その傾向にある、ということだけ、すべてというわけではないってことですね。

 

昔に比べて、今は大学進学率もかなり高くなりました。

そのため、前ほど高学歴にあまり価値がなくなりつつあり、その影響で現在は、純粋にその人の人間性や能力だけをみて、採用・不採用を決める会社が増えつつあります。これは、大企業でも例外ではありません。

 

ですので、皆さんの障害となっている中卒の学歴ではなく、あなたの人間性で判断してくれる大企業に応募すること。

これが、もっとも重要なポイントです。

 

回り道をして大企業に就職する道も考える

仮に皆さんが、人間性で判断してくれる大企業の求人に応募したとして、それでも不採用になる可能性は十分にあります。

あくまでこの対策は、学歴という決定的な差がなくなる、というだけです。あとは皆さんの魅力や能力如何でどうなるかはわかりません。

 

また、運よく大企業の求人があれば良いですが、これは本当にタイミングがモノを言います。

大谷

就活を始めた際に求人がない、というケースもありますので、そのような場合には、別の方法で大企業を目指すことも検討してみましょう。

 

例えば、以下のような方法が考えられます。

  • アルバイトや契約社員から始める
  • 転職をして大企業を目指す

 

まずは、正社員でなくても良いので、大企業でアルバイトや契約社員で働きはじめて、そこからステップアップする、という方法も可能性としてはあります。

しかし、『アルバイトから正社員登用は難しいの?【デメリットの方が大きいよ】』にもまとめましたが、この流れで正社員を目指すのはかなりリスクもあるので危険です。

 

ですので、もしすぐに大企業に就職できないなら、とりあえずは普通に中小企業で正社員として働き、数年後に求人を状況を見て大企業へ転職する、という方法がベストと言えます。

ということで、皆さんがスムーズに大企業、あるいは中小企業に就職できるように、オススメの求人サイトを2つご紹介しておきましょう。

 

UZUZ(ウズウズ)

引用:UZUZ

 

ウズウズは、まだ正社員になったことがない29歳までの方の就職活動をサポートしていて、就職成功率は86%と高い確率で正社員になることができます。

これまでに3万人以上の方が利用しており、しかも入社してからは96%以上の方がそのままその仕事に就き続けている、という満足度も非常に高いエージェントです。

 

特にポイントなのが、求人の質の高さです。

ウズウズでは、独自に厳しい基準を決めて、ブラック企業をできる限り紹介しないように取り組んでいます。その上、大手上場企業などもたくさんありますので、かなり大企業への就職に近い方法なのです。

 

詳細は、以下のボタンからどうぞ。

 

就職Shop

引用:就職Shop

 

就職Shopは、就職サイト最大手のリクルートが運営する就職エージェントです。

履歴書などの書類審査がないので、学歴ではなく、皆さんの将来性や能力、人柄で採用を考えてくれる企業が揃っています。

 

しかも、登録企業は1万社以上とめちゃくちゃ多いので、その中には大企業も優良企業も当然含まれています。

詳細はWebサイトでご覧ください。

 

以上です。

あとは、皆さんがどうゆう選択をするか決めて行動あるのみです。大企業に就職できるように頑張ってください。

 

おわり