資格なしの中卒でも正社員に就職できる?仕事に就ける有効なアピール方法を紹介

皆さんは、このようなことでお悩みではありませんか?

「最終学歴が中卒の上に、就職に有利になるような資格は何ひとつ持ってない…。正社員になるためには、やっぱり資格くらい取らないとダメなんだろうか?」

 

大谷
確かに、資格があれば、履歴書や面接でアピールできることが増えますので、持っていないよりはあった方が良いです。

とはいえ、資格を取得するためには、それなりに時間とお金を注ぎ込まなくてはいけません。果たして、正社員になるためには、そこまでしないといけないのか?と、とても苦しんでいる方はものすごく多いと思います。

 

そこで今回は、中学卒業しかしておらず、資格も持っていない方に向けて、このような内容をご紹介していきます。

  • 企業は資格をどこまで重視しているのか?
  • 中卒で資格なしの場合の正社員就職の割合
  • 資格がなくても正社員になれる有効なアピール方法

 

では早速はじめましょう。

 

資格なしによる就職への影響は?企業が重視するポイント

TOEICやMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)など、企業側にアピールできる資格や検定があると、就職活動を始める上でとても心強いですよね。

大谷

実は僕も、自動車普通免許のほかに、イベント検定とITパスポートの資格を持っています。特にITパスポートは、国家資格になりますので、難易度は低いものの信頼性の高い資格ということで、アピールには十分使えると思います。

 

話を戻しますが、皆さんは学歴が中学卒業という状況で正社員に就職したい!と思い、資格について考え始めているはずです。

ですが、皆さんを採用する側の企業は、どれくらい資格を重視しているか知っていますか?

 

もし、資格を評価の基準と考えていなければ、資格をとったところで無意味ですからね。ということで、採用基準を企業に調査した結果がありますのでご紹介しましょう。

 

引用:株式会社リクルート「就職白書2019

 

「取得資格」は、わずか9.5%の企業しか重要視していないようです。

一方で、一番多かったのは「人柄」と答えた企業で、なんと92.2%もありました。昔に比べると、人間性を重視して採用・不採用を決める会社が多くなっているようです。

 

ということは、例え中卒で資格がなくても、自分たちの就職活動の取り組み方次第で、正社員になれるチャンスはあるってことですね。

つまり、就職するためだけに、時間とお金をかけてまで、資格取得を目指す必要はありません。働き始めてから、必要に応じて資格を取れば良いのです。

 

資格なしの中卒の正社員就職の割合を紹介

ご紹介したとおり、90%以上の企業では、取得資格はそこまで重要視されていない、ということがアンケート結果からわかりました。

では、もし皆さんがこのまま資格なしで就活を始めた場合、どれくらいの割合で正社員になれるのか。その可能性について考えていきましょう。

 

それを調べるには、実際の中卒者の正社員の比率をチェックするのが一番わかりやすいです。

ということで、厚生労働省は行った調査から、学歴が中学卒業の方の正社員の割合をご覧ください。

 

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

 

正社員の比率は、35.4%という低い結果でした。

大谷
ちなみに、この調査での大卒者の正社員の割合は80.9%。やはり、一般的に低学歴にあたる中卒は、正社員ではなく、アルバイトや派遣などで働く方が大半を占めているようです。

就職率が低い理由は、『中卒は就職できないって本当?実際の正社員就職率とその原因をご紹介』でまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

ここまでの話を一旦整理すると、多くの企業は、採用するかどうかを決めるにあたり、資格のあり・なしを重要視してはいないということがわかりました。

ただし、普通に就職活動をすれば、中卒は正社員になれない可能性が高いということ。これは、先ほどの正社員比率を見れば明らかです。

 

じゃあ、やっぱり中卒は資格を取らないと就職できないんですね…。

確かに、そう考えてしまうのも無理はありません。しかし、実はアピールの方法次第で、中卒でも高い確率で正社員になれる可能性はあるんです。

 

資格なしの中卒でも正社員の仕事に就ける有効なアピール方法とは?

資格を何も持っていない中卒者は、就職できない可能性は比較的高いです。

ですが、それは方法次第で、かなり状況を変えることはできます。そして、その答えは、これまでに紹介した内容にすでにあります。

 

引用:株式会社リクルート「就職白書2019

 

企業が採用基準として、もっとも重視しているのは「人柄」です。

大谷

その次に「自社/その企業への熱意」、「今後の可能性」と続いていきますが、この3つの要素は、就活のどのタイミングで測ることができるでしょうか?

 

これらは、履歴書でも多少は測ることはできますが、はっきりしたことはやっぱり直接話をしない限りはわかるはずもありません。

つまり、皆さんが就職するためには、必ず面接までたどり着き、あなたの人柄や熱意、将来性をアピールすることが重要となるのです。

 

でも、中卒の方って、その前の段階の履歴書、いわゆる書類選考で落とされるケースがほとんどって聞きますよ?

学歴が低い上、目立った実績も資格もないんですからね。書類の時点で落とされるのは、当然と言えば当然です。

 

しかし実は、採用活動をしている企業の中には、書類選考をせずに面接だけ、つまり人柄を最重要としている会社もあるんです。

ですので、そのような企業を選び応募していけば、資格のない中卒の皆さんでも、正社員に就職することができる可能性が高まります。

 

人柄重視の企業が揃った就職サイト

とは言え、そんな人柄重視の採用をしている会社が、どこで求人を出しているのかわからないはずです。

そこでここからは、書類選考の対策が充実している、あるいは書類選考なし、かつ中卒でも応募できる企業がそろった就職サイトを2つご紹介しておきますので、チェックしておくことをおすすめします。

 

UZUZ(ウズウズ)
引用:UZUZ

 

ウズウズは、中学卒業後の16歳から、まだ正社員になったことがない方を対象に、就職活動のサポートを行なっています。

これまでに3万人以上の方を支援していて、しかも就職内定率は86%と、業界でもトップクラスの実績があります。

 

他のエージェントよりも10倍の時間をかけるほどの熱心なサポート体制があり、そのため書類選考の通過率は86%と、中卒でもほとんどの方が面接までたどり着けます。

また、こちらで紹介される求人は、条件を厳しくして選考したものから紹介しているので、ブラック企業の可能性がほとんどありません。

 

ウズウズの詳細については、サイト内でご覧ください。

 

就職Shop

引用:就職Shop

 

就職Shopは、就職業界大手のリクルートが運営する就職サイト。

学歴に関係なく、正社員未経験の方の就活をサポートしていて、これまでに10万人以上がこの就職Shopを利用しているほど信頼性は抜群です。

 

履歴書などの書類選考なしで面接にいけるので、あなたの人柄で採用・不採用を判断してくれる企業ばかり。しかもその数は、1万社を超える企業が登録されているので、就職先が見つからない可能性はかなり低いです。

新型コロナウイルス対策のため、オンラインで面談も実施していますので、詳細は以下のボタンからWebサイトでご覧ください。

 

以上です。

この2つのサイトなら、学歴や資格ではなく、皆さんの人柄や将来性を見て判断してくれる企業がそろっていますので、ぜひチェックして見てくださいね。

 

おわり