中卒は就職できないって本当?実際の正社員就職率とその原因をご紹介

「中卒だと就職はできない。」

皆さんも、このようなことを、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?就職を意識している方にとって、これはかなりショックな言葉ではないかと思います。

 

大谷
もちろん、大卒でも高卒でも、正社員として就職できていない人は、日本中にたくさんいます。ですので、中卒だけが就職できない、ということではありません。

しかし、就職率という点から見ると、中卒の方の正社員の割合はかなり少ないのは事実です。そのことを考えると、中卒では正社員は無理!と言われているのも、わからなくもありません。

 

そこで今回は、以下の内容を皆さんにご紹介していこうと思います。

  • 実際の中卒の就職率
  • 中卒が就職できないと言われる理由
  • 中卒でも就職率を高めることができる方法

 

では早速、中卒の就職率についてお話ししていきましょう。

 

中卒者の正社員の割合は?実際の就職率を紹介

現在、日本全体のアルバイトなどの非正規社員の割合は約4割にも増えていて、年々、正社員の割合は低くなっているのが現状です。

その非正規社員には、中卒だけではなく、高卒や大卒、大学院卒業など、あらゆる学歴の方がたくさんいます。

 

それぞれの学歴で、正社員の割合ってどれくらいいるんですかね?

厚生労働省が15〜34歳の男女に行った調査結果がありますので、その結果をご紹介しましょう。

正社員 正社員以外の労働者
中学卒 35.4% 64.0%
高校卒 56.3% 43.2%
高専・短大卒 66.2% 33.8%
大学卒 80.9% 19.1%
大学院卒 84.3% 15.7%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

 

中卒での正社員の割合は35.4%。アルバイトや契約社員など、正社員以外で働く方のほうが64%と明らかに高い結果でした。

しかも、学歴が高くなるにつれて、正社員の割合もどんどん増えていますね。やっぱり、学歴と就職は、かなり密接に関係していることがこの結果からもよくわかります。

 

中卒者が就職できないとされる5つの理由とは?

中卒の方の就職率は35.%でした。

一方の大学卒は80.9%、大学院卒で84.3%ですので、学歴が低いと就職できない可能性が高くなることがこれではっきりとしました。

 

大谷
とはいえ、どうして学歴がそんなにも就職に影響するのか、疑問に感じている方も多いかもしれませんね。

確かに、学習深度や勉強料だけを考えれば、中卒は一番最低かもしれません。しかし、働く力はそれだけで測れるものではないですからね。であれば、中卒でも正社員になれるはずです。

 

しかし、今の日本では、中卒はなかなか就職できないのが現実。

では、なんでそんなに就職率は低いのか。その理由を、以下の5つに分類してご紹介します。

  • 中卒者の割合はかなり低い
  • 応募条件をクリアできないことが多い
  • 中卒である理由をうまく説明できない
  • フリーター歴が長いと就職率も悪い
  • 就職活動の知識・経験が乏しい

 

中卒者の割合はかなり低い

現在、中卒後の高等学校進学率は98.8%(学校基本調査-令和元年-)と、ほとんどの方が高校などの学校に通っています。

つまり、最終学歴が中学卒業になる方はものすごく少数で、かなり珍しいとも言えます。実際、皆さんのまわりにも、あまりいないのではないでしょうか?

 

ですが、この珍しさは、就職においてまったくプラスの要素にはなりません。むしろ、以下のようなマイナスなイメージを相手に与えてしまう可能性が高いのです。

  • 学習意欲が低いのではないか?
  • 世の中の状況や流れを読めないのではないか?

 

仕事は、全て教えてもらえるものではなく、自らが進んで知識を深めていくことも重要です。

あらゆるものに「なぜ?」と問いかけて、その疑問を解消するために勉強し答えを導き出す能力は、学習意欲が大きく影響するものです。

 

また、中卒の学歴が今後の就職に影響することが、今の日本の状況を考えればわかることではあります。

ですが、そんなことも考えずに進学しなかったとすれば、世間の動きを読み取る能力や、先を見すえる力がかけている可能性が高い、とイメージされてしまうのです。

 

応募条件をクリアできないことが多い

一般的に、学歴の高さとその人の基本的な能力は比例することが多いとされています。

ですので、中卒よりも高卒、高卒よりも大卒の方が優秀な場合が多い、というのが世の中の認識です。もちろん、例外はありますので、全員がそうとは限りません。

 

そして重要なのは、企業はより優秀な人材を確保するために、書類選考や面接などの各試験を使って、その人の能力や将来性を査定している、ということ。

つまり、優秀な人材が出来るだけ応募してくるようにするための簡単な方法は、学歴を応募条件に組み込むという手法です。これは、学歴フィルターと呼ばれています。

 

でも、本当にそんな会社があるんですか?今は学歴じゃなくて、人柄とかで判断するって聞いたことありますけど。

ではここで、実際に採用活動をした企業に行ったアンケート調査の結果をご紹介しましょう。

 

学歴フィルターはあるか?

参考:株式会社アイデム「2018年卒新卒採用に関する企業調査

 

なんと、半分近い46.5%の会社が「ある」と回答していました。

しかも、これは大学の新卒者を対象に採用活動をした会社だけですので、中卒となると、さらに風当たりは強くなる、と考えられるのです。

 

中卒である理由をうまく説明できない

中卒になった理由は、人それぞれでまったく違いと思います。勉強するのが嫌だった方もいれば、お金の都合で進学できなかったという方もいるでしょう。

ですが、その中卒になった理由を、納得できる形でしっかりと説明できる方はほとんどいません。

 

自分が本当にやりたいことを見つけたかったので、進学はしませんでした。
じゃあ、そのために具体的に何かしたことはありますか?
高校に通えるほどの生活の余裕がありませんでした。
高卒認定試験を受ける、という選択は考えなかったんですか?

 

何かしらの理由を伝えても、このように面接官から詰め寄られて、うまく答えられずに終わるケースがほとんどです。

皆さんは、中卒の理由を相手にうまく説明できますか?もしできないなら、まず間違いなく正社員になることは不可能です。

 

フリーター歴が長いと就職率も悪い

中学を卒業した時点では、皆さんの年齢は15歳。

大谷
一般的に多くの会社は、高校卒業後の18歳以上を採用の基準にしているので、とりあえずはアルバイトを始めてフリーターになる、という方が中卒には多いです。

 

しかし、実はアルバイトでいる期間が長ければ、それだけ就職率も下がる、ということがわかっています。

どれくらい下がるのか、その調査結果をご紹介しましょう。

 

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−

 

フリーター2年目に入ると、男性・女性ともにどんどん就職率が下がっていますよね。

5年以上にもなると、男性は約30%、女性は約15%ほどの就職率ですので、中卒で20歳を超えている方は、相当就職するのが大変になる可能性が大きいのです。

参考記事

中卒フリーターの就職が難しい3つの理由が分かれば正社員になれる!

 

就職活動の知識・経験が乏しい

中学を卒業するまでの間で、皆さんが就職活動の経験をする機会はまったくありません。

ですので、どうやって自分に合う仕事を探せばいいのか、あるいは応募書類の書き方や面接の取り組み方など、就活に関するすべてがわからないことだらけです。

 

その上、皆さんには相談できる方が身近にいません。

大学生なら、友人に聞いたり就活相談室で話を聞くなど、色々と確認しながら進めることができますが、中卒はそうゆうわけにもいかないですもんね。

 

何が正解で何が間違っているのか。それを、自分だけで考えることほど、時間のかかることはありません。

時間がかかれば、それだけストレスにもなりますし、就職を諦めてしまう可能性も高くなるのです。

 

以上の5つが、中卒の就職率を大きく下げている原因です。

とはいえ、中卒の方全員が就職できないわけではありません。しかし、就活の取り組み方を間違えると、皆さんも就職できない中卒の仲間入りをする可能性は高くなります。

 

正社員は無理ではない!中卒でも就職できる可能性の高い方法

ここまで、中卒の実際の就職率と、なぜ就職できないと言われるのか、この2点についてご紹介してきました。

しかし、何度も言いますが、例え最終学歴が中学卒業だったとしても、正社員に就職することは無理ではありません。実際、日本中に中卒の正社員はたくさんいます。

 

大谷
問題は、頑張って就職活動をしても就職できない可能性が高い、という点です。

中卒だと35%の就職率、一方、大学や大学院卒業の方は80%以上ですからね。やっぱり学歴が高いほうが有利な上、良い就職先にも就けるわけです。

 

では、どうすればその可能性を高めることができるのか。

それは、中卒向けの就職エージェントを利用することで、可能性を一気に高めることができます。

 

中卒におすすめの就職率の高い就職エージェント

就職エージェントとは?

  • 専任のアドバイザーが就職活動の全てをサポートしてくれるサービスのこと。仕事探しの悩み相談や求人の紹介、面接などの対策も行っている。

 

ということで、ここからは皆さんにおすすめの就職エージェントを2つご紹介していきます。

この2つであれば、正社員になれる可能性はかなり高めることができますので、正社員になりたいならぜひチェックしてみてください。

 

就職Shop

引用:就職Shop

 

就職Shopは、就職業界大手のリクルートが運営するエージェントです。これまでに10万人以上の方が利用していて、その中には、正社員未経験で中卒の方もたくさんいます。

 

紹介できる求人は1万件を超えていまして、そのすべての求人が中卒OKのものばかりです。

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏と、大阪・京都・兵庫の関西圏のエリアで利用できますので、詳細はWebサイトでチェックしてみてください(新型コロナ対策のため、面談はオンラインで実施しています)。

 

DYM就職

引用:DYM就職

 

DYM就職は、利用者の満足度が90%と実績がめちゃくちゃ高いエージェントです。これまでに1万4千人の方を就職させていて、もちろんその中には中卒の方もいます。

 

利用可能なエリアはとても広く、全国で32ヶ所(東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、香川、福岡等)でサービスを展開しています。ですので、利用できないという方はあまりいません。

求人は2,500件ほど保有していて、すべて中卒でも応募できる求人となっています。

 

また、新型コロナウイルス対策のため、オンラインでも面談を行っています。詳細はWebサイトにアクセスしてチェックしてください。

 

以上です。

この2つであれば、35%よりも高い確率で就職することができます。本当に就職を考えているなら、チャレンジしてみてください。

 

おわり