中卒は必見!ハローワークよりも高確率・好条件で就職できるオススメの方法

学歴が中卒だけど、就職がしたい…。そんな時に、多くの方が真っ先に思いつくのが、ハローワークという職業紹介所です。

 

ハローワークは、皆さんが納めている税金から運営されています。

ですので、義務教育(中学卒業)が終われば、老若男女問わず、誰でも利用できるようになっています。税金で運営されているのに、不公平があってはおかしいですからね。

 

とは言っても、本当に中卒にも正社員の求人があるのか、ましてや就職することなんてできるのか?と、色々と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

大谷
まず結論としては、ハローワークでも就職することは可能です。しかし、全員が正社員になれるわけではない上、実はハローワークよりも皆さんにとって良い方法があるんです。

 

そこで今回は、皆さんに以下の内容をご紹介していきます。

  • ハローワークとはどうゆう場所なのか
  • 中卒がハローワークで正社員になれるのか
  • ハローワークよりもオススメする方法

 

正社員に就職をしたい。そう思っている中卒の皆さんには必見の内容ですので、ぜひ参考にしてください。

 

ハローワークとは?仕組みとサービス内容について

まずは、ハローワークをあまりご存知ない方のために、その内容について簡単にご紹介していきます。

 

ハローワークとは、厚生労働省は運営する、仕事探しのためのセーフティネットです。

全国で544ヵ所ものハローワークが運営されていて、アルバイトから正社員にいたるまで、毎年たくさんの新規求人が登録されています。

 

また、ハローワークは求人の紹介だけではなく、仕事を探している方が就職先を見つけられるように、以下のような色々なセミナーも無料で開催しています。

  • 自己分析に関するセミナー
  • 書類選考セミナー
  • 面接対策セミナー

 

もちろん、ハローワークには相談員が常駐していますから、仕事探しに関することであれば、なんでも相談してOKです。

 

ハローワークのサービスは求人紹介と就職支援だけではない

先ほど紹介したとおり、ハローワークでは、主に職業の紹介と就職の支援をしているのですが、そのほかにも2つできることがあります。

  • 失業手当(雇用保険)の受給
  • 職業訓練校の申し込み

 

失業手当とは、仕事を退職して収入がなくなった際に、再就職するまでの一定期間、お金を給付してくれる制度です。皆さんが今後、リストラなどで仕事がなくなった場合に、この保険は役立ちます。

 

職業訓練校(ハローワーク)は、就職するための知識・経験を学ぶ、いわば学校のようなもの。介護や事務、Web系などの様々なコースがあり、その受講期間も3ヶ月〜2年とバラバラです。

ただし、各コースで受講人数も決まっていて、またそれぞれに筆記試験や面接もあるので、完全に自由選択ではありません。特に中卒だと条件は厳しいので、希望通りのコースに進むのは相当大変です。

ハロートレーニングについて知る

 

以上が、ハローワークについての簡単なご紹介です。

では、ここからは本題に進んでいきます。

 

中卒はハローワークで正社員に就職できるのか?オススメしない理由

記事の最初でも書きましたが、中卒でもハローワーク に就職することは可能です。

実際、これまで多くの中卒者が正社員に就職していますので、YesかNoで答えるなら、間違いなくYesと言えます。

 

ただ、それがどれだけの確率でできるか?という点が、1番の問題です。

大谷
ハローワーク利用者全員が、必ず正社員に就職できるわけではありませんからね。もしそうなら、仕事がなくて困っている方が日本中にいるはずがないのです。

 

もし、皆さんが正社員として就職したいのであれば、ハローワークはオススメしません。

その理由を、2つの側面からお話ししていきます。

  • 就職率は30%程度しかないこと
  • 求人の中心はアルバイトであること

 

就職率は30%程度しかない

まず、ハローワーク利用者の就職率は、そこまで高くはありません。

むしろ、就職できないと言っても良いくらい、かなり割合は悪いです。

 

平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
新規求職者数 550.6万人 518.9万人 495.2万人 473.9万人
就職件数 171.2万人 162.7万人 155.8万人 146.5万人
就職率 31.1% 31.4% 31.5% 30.9%

参考:厚生労働省 職業安定局「公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績(令和2年1月)

 

ここ数年は、就職率は30%ほどで推移しています。

このデータは、運営元の厚生労働省が出しているものですので、この数字に間違いはありません。

 

求人の中心はアルバイトである

就職率について、もう少し掘り下げます。

就職と聞くと、多くの方は正社員と思い浮かべると思いますが、実はハローワーク における就職の定義は、世間の就職とかなり異なっています。

 

就職先で雇用保険に加入できるかどうか。

 

すでに紹介したとおり、雇用保険は、仕事がなくなった際に給付される支援金です。

実はこの雇用保険、正社員だけが加入できるものではなく、アルバイトでも条件さえそろえば加入できます。つまり、ハローワークの就職率には、アルバイトなどで働き始めた方もたくさん含まれた割合なのです。

 

そして、ハローワーク に登録されている求人のほとんどは、正社員ではなくアルバイトだという事実もあります。

ということは、ハローワークでの正社員としての就職率は、相当低いのではないか?ということが推測できるのです。

参考記事

ハローワークの就職率はなぜ低い?【3つの原因と効果的な解決方法】

 

大谷
以上、2つの理由から、皆さんが正社員になりたいなら、僕はハローワークはオススメしません。

それに、オススメしない理由は実はこれだけではないんです。もう3つ、ハローワークの求人には問題は隠されています。

 

中卒者が気をつけるべきハローワーク求人の落とし穴

先ほどの2つの理由に加えて、ハローワークにはもう3つ、オススメできない理由が潜んでいます。

早速、その理由をご紹介しましょう。

  • 雇用条件が正確ではない可能性が高い
  • カラ求人で時間と労力を裂かれることもある
  • ブラック企業が多い傾向にある

 

雇用条件が正確ではない可能性が高い

ハローワークでは、以下のような求人が公開されています。

 

この求人票を元に、毎日多くの方が仕事探しをしていますが、実はこの内容が、事実と異なるケースがあった、という声がとても多いのです。

 

しかし、これは仕方ない部分もあります。

というのも、ハローワークでは毎年1,000万人分の求人が新しく登録されているので、職員がすべての内容をチェックすることは不可能なのです。

 

面接の際、その違いに気づければ良いかもしれません。

大谷
しかし、最悪の場合、入社してから条件が違うことに気づいて、結局はすぐに退職してしまう、という可能性が高いのがハローワークの求人なのです。

参考記事

ハローワークの求人票は嘘ばかり?【嘘の記載と言われる3つの理由】

 

カラ求人で時間と労力を裂かれることもある

カラ求人とは、採用する気があまりない、もしくはまったくないにも関わらず、掲載し続けている求人のことを指します。

 

つまり、Webで良い求人を見つけて、わざわざハローワークに行き確認すると、「今は募集していません」と突っぱねられることがある、ということ。まったくの時間の無駄です。

もっと最悪だと、採用する気がないのに、書類審査を通過させて面接まで受けさせることもあります。

 

これにもいくつか理由がありますが、一番はハローワークには求人数のノルマがあって、そのノルマ達成のために、企業側に掲載だけを頼み込んでいる、というのが大きいでしょう。

実際、どれくらいの数のカラ求人があるのか見当がつきませんが、求人の総数から考えるとかなりの数あると想像できます。

参考記事

ハローワークにはカラ求人が多い?【良い求人の見分け方とは】

 

ブラック企業が多い傾向にある

これから仕事探しをする方が一番恐れているのは、労働条件・環境がめちゃくちゃ悪いブラック企業ではないでしょうか。

大谷
実はハローワークには、そんなブラック企業が多い、という有名は話があって、しかもこれにはしっかりとした理由もあるんです。

 

その理由とは、求人の掲載にはまったくお金がかからない、ということ。

普通、職業紹介サイトやフリーペーパーに掲載すると、それなりの費用がかかるんですが、ハローワークは税金で運営されているので、その必要がありません。つまり、お金がない会社でも、求人の掲載ができるわけです。

 

その上、先ほど紹介したように、求人はすべてチェックされていませんから、ブラック企業としてはやりたい放題できます。

せっかく中卒から正社員になれたのに、体力的・精神的に耐えられない会社では嫌ですよね?

参考記事

ハローワークはブラック企業ばかり?【良い求人の見分け方とは】

 

先ほどの2つに加えて、この3つの理由があるので、ハローワークはさらにオススメできないサービスだと僕は思っています。

中卒の皆さんは、まわりよりも学歴が低いので、より利用しない方が良いと言えるのです。

 

中卒で正社員になりたい方にオススメ!ハローワークよりも高確率・好条件で就職できる方法

ここまで、ハローワークの問題点について、色々な視点からまとめてきました。

ただ皆さんは、ハローワークについて詳しくなることではなく、あくまで正社員に就職することが目的のはずです。そのために、ハローワークに通うべきか?を考えているわけですよね。

 

ですので、ここからは、ハローワークに代わる方法をご紹介していきます。

実は、その方が就職できる確率も断然高いですし、良い会社、いわゆるホワイト企業に就ける可能性もかなり高くなるのです。

 

中卒向けの就職エージェントならハローワークの3倍の就職率

就職エージェントとは、民間の会社が運営しているサービスで、就職活動の一連の流れをアドバイザーがサポートしてくれます。

 

  • カウンセリング
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 企業との調整

 

これらを全て無料で提供してくれています。

大谷
就職活動は初めてで、右も左も分からない方なら、この就職エージェントはかなりオススメです。

 

そして、そのエージェントにはそれぞれに特徴があるんですが、その中には、皆さんのような中卒で正社員未経験の方だけをサポートしているものもあります。

その代表例を1つご紹介しましょう。このエージェントは、就職内定率がなんと86%もあるんです。

キャリアスタート

「20代がおすすめする転職支援会社」「転職満足度」「充実したサポート満足度」の3部門で1位を獲得!

アドバイザーがマンツーマンでサポート、100万円以上の年収アップ実績多数。

正社員未経験から最短1週間でのスピード内定、徹底した面接対策で内定率86%。

 

この就職エージェントであれば、ハローワークよりも全然就職できる可能性は高いです。

ハローワークが30%の就職率に対し、キャリアスタートは86%ですからね。しかも、ハローワークはアルバイトも含まれていますが、こちらは正社員だけです。

 

また、求人は大手や有名企業も登録されていますし、このエージェントで転職された人は年収が100万円以上もアップする事例も多数あるので、求人の質も高いと言えます。

新型コロナウイルス対策のため、オンラインカウンセリングも実施していますので、感染症の心配もありません。詳細はWebサイトでチェックしてみてください。

Webサイトはこちらをクリック

 

以上です。

あとは皆さんがどう判断するかです。ハローワークに行くのか、それともエージェントを活用するのか、自由に決めてください。

 

おわり