高校中退でも就職できる?【正社員になれる効果的な就活法とは?】

「正社員として働きたい。だけど、高校を中退してるから、就職できるのか心配だな…。」

 

高校を中退して間もない人、あるいは、数年間アルバイトをしていた人、もしくは中退後は何もせずにのんびりしていた人…。それぞれに事情があることとと思います。

大谷
ですが、共通しているのは、「これからは正社員としてどこかに就職したい。」という思いです。この記事を読んでいる皆さんは、きっとそんなことを考えているのではないでしょうか。

 

ですが、どうしても気になるのは、高校を中退したという事実。

今やほとんどの人が高校に進学し、そして卒業している中、高校中退という経歴で果たして正社員になれるのか?と悩んでいる方はきっと多いはずです。

 

そこでこの記事では、高校中退で正社員として就職できるのか。また、どうすれば正社員になれるのか、その具体的な就職活動方法をまとめていきます。

確かに、皆さんの状況だと、就職はとても大変なことではあります。しかし、効果的な方法はありますので、必ず実践して正社員になるようにがんばっていきましょう。

 

高校中退した場合の就職率はかなり低い

記事の最初で少しだけ触れましたが、高校中退である皆さんにとって、正社員として就職することはかなり大変なことです。

それは、高校中退した場合の就職率を見れば、はっきりとわかります。

 

引用:内閣府「若者の意識に関する調査(高等学校中途退学者の意識に関する調査)

 

このグラフは、高校中退で働いている方の中で、正社員で働いている方がどれだけいたのか調査した結果です。

17.1%しか正社員はいないんですね…。ほとんどがアルバイトとかパートだから、やっぱり正社員になるのって難しいってことですか。

 

高校を中退したということは、最終学歴としては中学卒業となります。

義務教育しか受けていない人材を、わざわざ採用しようと考える会社は少ないですからね。就職率が低いのは当然といえば当然です。

 

高校中退での就職率については、以下の記事にまとめましたので、そちらもご覧になってください。

参考記事

「高校を中退してたら就職するのが大変だ」ということは、よく言われている話です。 ですが、大変だと言われても、ぶっちゃけどれくらいなのかまったくわかりませんよね。そこでこの記事では、高校中退での就職率についてまとめていきます。 &[…]

 

高校中退だと正社員になれない理由

高校中退をすると、就職率はかなり低くなることがわかっています。

これは、義務教育しかしていない人材だから、ということが大きな要因にもなっていますがそれだけではありません。

 

まず、高校を中退した場合、就職するにはかなり若いということが1つの原因です。

大谷

大体の求人が18歳以上を条件にしていますから、中退してすぐだと応募できる会社がなく、とりあえずアルバイトをするしかないという現状があります。

 

そして、もっとも大きな原因となっているのは、高校中退者へのイメージの問題。

「たった3年しかない高校生活なのに、それさえ我慢できずに卒業できないなら、どうせすぐに辞めるだろう」というマイナスなイメージをどうしても払拭できないので、就職できない割合が増えているのです。

 

とにかく、高校中退という経歴は、皆さんにプラスになるようなことははっきり言って何1つありません。

より詳しくは、以下の記事に書きましたのでそちらも参考にどうぞ。

関連記事

「高校を中退していると就職できないって言われるけど、本当なのかな…。」   勉強についていけない、同級生からのいじめにあった、あるいは経済的に通える状況ではなかったなどなど。高校を中退する理由は人それぞれあります。 […]

 

とはいえ、そんな苦しい状況ですけど、これから正社員になるために前に進まなくてはいけませんもんね…。

では、どうすれば就職できるのか。その具体的な就活方法をこれからお話ししていきます。

 

高校中退でも正社員に就職できる効果的な就活法とは?

では、この記事の本題である、高校中退での就職活動についてお話ししていきましょう。

まず、基本的な就活の流れをさらっとまとめますね。

  1. 求人を探し応募する
  2. 各採用試験を受ける
  3. 採否の連絡を待つ

 

大体のイメージはできるはずです。

 

では、この3つの活動のうち、どれが一番のポイントになると思いますか?

やっぱり、2つ目の「各採用試験を受ける」じゃないですかね?

面接対策をしないと受からないですから。

 

確かに、それも重要なことではあります。

しかし、皆さんの場合は、実は1つ目の「求人を探し応募する」がもっとも大切なポイントになるのです。

 

求人の探し方次第で成功率は劇的に上がる

普通であれば書類選考や面接、あるいはSPI試験などへの勉強への対策が、就活成功への鍵になります。

大谷
ですが、高校中退だと、その前の段階で門前払い、つまり足切りをされるケースが圧倒的に多いので、まずは求人を探し応募する時点から対策をしなければいけないのです。

 

では、どんな対策をすれば良いのか。

その前に、皆さんがこれから求人を探すにあたって、どんな方法があるのか整理してみます。

  • ハローワークに行く
  • 就職サイトを見る
  • 就職エージェントを利用する

 

以上の3つが考えられます。

ですが、皆さんはハローワークと就職サイトではなく、3つ目の「就職エージェント」だけを使ってください。まずは、それが就職率を上げための大前提となります。

理由が知りたい方は、『高校中退で正社員の求人はある?【就職先が見つかる具体的な方法】』にまとめましたので、そちらを読んでください。

 

とはいえ、就職エージェントといっても相当な数がありますし、そのどれでも良いというわけではありません。

例えば、エージェントで有名なdodaやリクナビエージェントは、使ったところで逆に就職できる可能性を下げることになるのです。

 

そこで、もう1つポイントを押さえておかなくてはいけません。

そのポイントとは、学歴を採用の基準にしていない企業が集まっている就職エージェントを選ぶということです。どんなエージェントなのか、ここでおすすめを1つ紹介しておきましょう。

引用:JHR転職エージェント

 

JHR就職エージェントは、学歴はまったく関係なしに、正社員未経験の方の就職活動をサポートしています。

その就職内定率は92%とめちゃくちゃ高く、紹介される会社も皆さんが知っているような有名企業がズラッと揃っているので、利用者の満足度が96%もあるんです。

 

利用登録後にしっかりと時間をかけてカウンセリングをし、その条件に合う求人を紹介。応募書類の添削や面接対策をし、各試験に進みます。

大谷
しかも、すべて無料でサポートしてくれるんですからありがたいですよね。

 

現在は、新型コロナ対策としてオンラインで面談を行っているので、安心して就活を進めることができます。詳細はWebサイトでチェックしてみてください。

追記

JHR就職エージェントは、東京・大阪での就職を対象にしています。他のエリアで就職をしたい方は、『高校中退で正社員の求人はある?【就職先が見つかる具体的な方法】』に他の就職エージェントを紹介していますので、そちらを参考にしてください。

 

以上、高校中退での就職活動のポイントをお話ししてきましたがいかがでしたか?

ただ、方法はわかっても、皆さんが実際に行動しなければ、正社員に就職できるわけはありませんからね。すべては皆さん次第ですので、がんばっていきましょう!

 

おわり