高校中退で正社員の求人はある?【就職先が見つかる具体的な方法】

「高校中退でも応募できる正社員の求人って、どうすれば見つかるのかな。やっぱり、アルバイトとか契約社員くらいしか、就職先は見つからないのかな…。」

 

大谷
皆さんがこれから就職活動をするにあたって、とても重要になるのは、求人をどこでどうやって探すか?という点。

というのも、高校中退の場合、正社員になるのはかなり大変で、難しくしている理由のひとつになっているのが実は求人探しなのです。

詳しく知りたい方は『高校中退だと就職できない?【不利と言われる5つの理由とは】』をご覧ください。

 

そこでこの記事では、高校中退者の就職先探しがなぜ大変なのかその理由を解説し、その上でどうやって正社員の求人を探せば良いのかまとめていきます。

高校中退の皆さんは、どこでも求人が見つかるわけではありません。下手すると、ブラック企業に就職する可能性も大なので、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

高校中退での就職先探しが大変な理由

最初にお話ししたとおり、高校中退の皆さんが正社員として就職することはなかなか大変になります。

そして、その原因になっている1つの要素が、今回のテーマである求人なのです。

 

つまりはこうゆうことです。

高校中退は低学歴を理由に不採用になる可能性が高い

 

高校中退の最終学歴は中学卒業、要するに中卒です。

 

大谷
現在、日本の高校進学率は約97%、そして高校中退率は約1.5%ですから、日本に住む上では高校を卒業するのは当たり前となっています。

そして、文部科学省が発表した2020年度学校基本調査によると、大学や短期大学、専門学校などのいわゆる高等教育機関に進む割合は、なんと83.5%にも登ります。つまり、高校中退は低学歴にあたるのです。

 

この低学歴という事実が、実は皆さんを大きく苦しめる大きな原因。

というのも、就活には「学歴フィルター」というものがあり、単純に学歴だけで足切りしていることが多いです。

 

就職活動をしていて、「学歴フィルター」を感じたことはあるか

引用:日本労働組合総連合会「就職差別に関する調査2019

上のグラフは、18〜29歳の新卒・中途採用を受けた男女1,000名に行った調査結果です。

「学歴フィルターがある」って感じた人は40.2%もいるんですね。

 

しかも、この学歴フィルターを感じた大多数の方は、大学や専門学校など、皆さんよりも高い学歴の方ばかりです。

その学歴があったにも関わらず、約4割の方が学歴で足切りを感じたというわけですから、高校中退の皆さんはもっとその被害は大きくなると予想できますよね?

 

高校中退で採用される求人はブラック企業である可能性も高い

現在でも多くの企業では、より優秀な人材を採用するために、大学卒業等のいわゆる高学歴を応募条件にしているケースがあります。

そして、もし仮にそのような条件がなかったとしても、学歴フィルターによって、書類選考時点で足切りされてしまう可能性は高いのです。

 

とはいえ、これは絶対とは言い切れません。

大谷
高校中退でも正社員として採用されて、しっかりと働いている方だって、世の中にはたくさんいますからね。

 

しかし、採用されれば良いとも言い切れません。なぜなら、その会社が社員を奴隷のように扱う最悪な会社の可能性もあるからです。

そして、高校中退でも採用されるということは、誰も応募してこない、あるいはすぐに退職してしまうようなブラック企業の可能性は極めて高いのです。

 

これが、高校中退だと就職先探しが大変だという理由です。

これらを踏まえた上で、じゃあ皆さんがどうすれば良い求人に巡り合えるのか考えていきましょう。

 

高校中退で正社員の求人が見つかる具体的な方法とは?

高校中退、つまり中卒にあたる皆さんは、応募できる求人が少ないという事実があります。

その上、学歴フィルターの問題で採用されないことも多く、仮に採用されてもブラック企業というケースは非常に多いです。

 

じゃあ、どうすれば良い会社を見つけることができるんですか?

その前に、まずは皆さんが正社員の求人を探す際に、考えられる方法をピックアップしておきましょう。

 

  • ハローワークを利用
  • 就職サイトを利用
  • 就職エージェントを利用

 

ハローワークは、厚生労働省が運営している求人の紹介所です。就職サイトは、Web上で求人の紹介をしていて、気になった求人があればそのまま応募できる仕組みになっています。

就職エージェントは、専任のコンサルタントが就活のサポートと求人の紹介までをしてくれるサービスです。

 

以上の3つを使い、応募できる求人を探すわけです。

大谷
しかし、どれでも良いというわけではありません。結論から言えば、皆さんには3つ目の就職エージェントの利用以外はおすすめはしていません。

 

高校中退者の求人探しは就職エージェント一択

まずハローワークですが、簡単にまとめると、就職率が低い上に求人の質がよくありません。

ですので、皆さんの場合は、ハローワークの利用ははっきり言って論外と言っても良いです。

詳しくは『高校中退でもハローワークで就職可能?【おすすめしない3つの理由】』をお読みください。

 

次に就職サイトですが、求人が掲載されているだけなので、低学歴にあたる皆さんが応募したところで、書類選考時点で不採用になる可能性が高いからです。

ですので消去法でいけば、就職エージェントが妥当な選択ということになります。

 

とはいえ、就職エージェントであればどれでも良いわけでもありません。

実は、エージェントにも学歴の問題で利用できる・できないがありまして、多くの場合、高校中退だと使えないものがほとんどなのです。

 

大谷
そこでここからは、皆さんにおすすめの就職エージェントを3つ紹介しておきます。

もちろん、すべて高校中退の方でも利用できるものですので、安心してお使いください。

 

就職Shop

引用:リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

就職Shopは、就活業界大手のリクルートが運営しているエージェント。

とにかく求人の数が多く、なんと8,500社を超えています。そのすべての求人で正社員未経験社OKというのですから、利用しない手はないでしょう。

 

ただ、利用可能なエリアは限定されています。現在、以下のエリアには就職Shopの店舗があるので、可能な方はぜひ使ってみてください。

  • 首都圏:新宿・東京・横浜・北千住・埼玉・千葉・西東京
  • 関西圏:大阪・京都・神戸

 

詳細は以下のボタンからWebサイトでチェックしてみましょう。

 

ハタラクティブ

引用:【ハタラクティブ】

ハタラクティブは全国的に利用できるので、多くの方におすすめです。店舗は関東、関西、中部、九州エリアにあります。

  • 店舗:渋谷支店・立川支店・池袋支店・秋葉原支店・横浜支店・さいたま支店・名古屋支店・大阪支店・福岡支店

 

ただ、現在はオンラインや電話での面談も行っているので、少しエリアから離れていてもまったく問題はありません。

就職成功率は80.4%もあり、これまでに正社員未経験の方を6万人以上サポートしてきた実績もあります。

 

最短2週間で就職先を見つけられるので、詳細は以下のボタンからどうぞ。

 

JHR就職エージェント

引用:JHR転職エージェント

JHR就職エージェントは、東京と大阪の2拠点しかありません。

しかし、その実績はとても高く、就職内定率92%、利用者の満足度は96%とかなりおすすめできます。

 

また求人の質も高くて、件数としては5,000件ほどあり、その中には皆さんも知っているような有名企業がズラリとそろっています。

オンラインの面談も行っていますので、多少離れていてもOK。詳細は以下のボタンでWebサイトでチェックしてみてください。

 

以上の3つは、高校中退の皆さんでも良い求人が見つけられて、かつ学歴フィルターの影響もない就職可能なエージェントです。

皆さんがこれから求人を探すということなら、ぜひ紹介した3つを利用してみてくださいね。

 

おわり