専門学校中退の最終学歴は?【履歴書に書かないって本当?】

「専門学校を中退したら最終学歴ってどうなるんだろう。中退という経歴は、履歴書に書かないって聞いたこともあるけど本当なのかな。」

 

大卒や高卒、専門学校卒など、最終学歴は人それぞれです。

ただ、この最終学歴は、これから就職する上でかなり重要なポイントになります。というのも、応募できる求人や就職後の給料にまで学歴は関係してくるからです。

 

大谷
では、専門学校を中退している皆さんの場合、最終的な学歴はどうなるのか。そんな疑問を感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、専門学校中退での最終学歴と、就活に必ず必要な履歴書への学歴の書き方についてまとめていきます。

 

実は、中退をしている皆さんにとって、この学歴と履歴書はかなり重要なキーワードです。

しっかりと対策できるように、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

専門学校を中退すると最終学歴はどうなる?

まずは、最終学歴という言葉の意味を整理してみましょう。

最終学歴とは?

  • 当人の学歴の中でもっとも高い教育機関の卒業歴のこと

 

つまり、卒業をしているかどうか?が、最終学歴の決め手になります。

 

ということは、専門学校を中退していると、専門学校は最終学歴には関係ないということなんですね。

ですので、皆さんの場合の最終学歴は「高校卒業」、もしくは高校も卒業していないなら「中学卒業」となるわけです。

 

高等教育進学率について

参考までに、日本の高校生のうち、どれくらいの方が大学や短大、専門学校などのいわゆる高等教育機関に進学しているのか割合を見てみましょう。

区分 大学進学率 短期大学進学率 専門学校進学率 高等専門学校進学率
平成31年3月 53.7% 4.4% 23.8% 0.9%

引用:文部科学省「学校基本調査(令和元年)

 

すべての学校の進学率の合計では82.8%です。

入学時点での調査ですので、今後皆さんと同じく中退する方も含まれていますが、やはり高校卒業の最終学歴の方の割合は、かなり少数であることははっきりしていますね。

 

専門学校を中退したことは履歴書に書かないでもOK?

専門学校を中退すると、最終学歴としては高卒、あるいは中卒となります。

大谷
ということは、これから就職活動をする際に書く履歴書には、専門学校を中退した経歴を書く必要はないのでは?という疑問も湧いてきますよね。

 

結論から言いますが、基本的には中退した経歴は書かなくてはいけません。

これには2つの理由があります。

  • 空白期間を作らないため
  • 学歴詐称による処分を受けないため

 

もし中退したことを書かない場合、学校に通っていた期間は履歴書上、何もしていないことになります。

1年ほど学校に通っていたのなら、その1年間は丸々空白になるので、企業側から疑問を持たれてしまう可能性は高いです。

 

また、もし中退を書かずに採用が決まったとして、その後に中退がバレた場合は懲戒解雇などの処分を受けることも考えられます。

懲戒解雇になれば、次の仕事探しは相当難しい状況になりますからね。その可能性が僅かでもあるなら、中退の経歴は書いておくべき!ってことですね。

 

専門学校中退を履歴書に書かないと罪になるのか?

もし、中退を隠して採用が決まっても、あとでそれが露見したときにはクビになる可能性もあります。

とはいえ、仮に専門学校を中退したことを隠したとしても、わざわざ企業側が調査することはないので、空白期間さえうまく説明できればまずバレることはありません。

 

問題は、この中退の経歴を書かない場合に、以下のような刑法で罰せられる可能性があるかどうか?です。

  • 私文書偽造罪(刑法159条)
  • 詐欺罪(刑法246条)

 

これも結論としては、履歴書に中退を書かなかった程度では、詐欺罪などの刑事罰を課せられることはあまりないと考えてください。

詳しいことは『経歴詐称は罪となる? 会社に経歴・学歴詐称がバレた場合の処遇とは』の記事をご覧ください。

 

大谷
しかし、罪にはならないからと、履歴書に書かないことをおすすめしているわけではありません。お話ししたように、懲戒解雇される可能性が僅かでもあるなら、潔く専門学校中退の経歴は書くべきです。

その会社だけならまだしも、解雇されると再就職先が見つけにくくなりますからね。

 

専門学校中退なら履歴書対策が就職成功の鍵

専門学校中退は、最終学歴には該当しません。

ですが、履歴書には記載するべきです。その理由は、すでにお話ししたとおりですので割愛します。

 

しかし、中退したことを履歴書に書く、ということは、就職活動をする上ではかなり大きなマイナスにもなります。

なぜなら、専門学校を中退だと、就職率は約25%とかなり低くなるからです。

就職率が低くなる理由は、専門学校を中退すると就職できない?【実際の就職率を紹介します】』にまとめましたのでご覧ください。

 

ですので、皆さんがこれから正社員として就職するために、もっとも重要なポイントはこれです。

履歴書対策をしっかりとしておくこと

 

ここを怠ると、まず高い確率で正社員に就職することはできません。

 

大谷
とはいえ、「じゃあどんな対策をしたらいいの?」と、悩む方もたくさんいると思います。

そこで、専門学校中退の皆さんには、就職支援サービスのジェイックをおすすめします。

JAIC(ジェイック)
未経験から正社員へ!2万人以上をサポートした高い実績。

中退者限定の就職講座「セカンドカレッジ」の利用者は内定率90.7%。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

面接や就活講座の受講がすべてオンライン対応可能、新型コロナの感染確率0%。

 

ジェイックには中退者専用の就職サポートコース「セカンドカレッジ」がありまして、そちらの利用者の就職率は90.7%とかなり高い結果を残しています。

それには理由がありまして、このジェイックでは書類審査なしで面接を受けることができます。しかも、優良企業20社ほどと面接しますので、高い確率で就職することができるのです。

 

詳細はWebサイトでチェックできますので、以下のリンクから確認しておきましょう。

Webサイトはこちらをクリック

 

以上です。

中退者にとって、書類審査は本当に高いハードルになります。ですので、書類審査なしのジェイックで就職できる可能性を高めていきましょうね。

 

おわり