40代フリーターが正社員に就職するためのもっとも合理的な方法とは?

「今までずっとフリーターだったけど、正社員として就職したい。だけど、もう40代だし今更どうすれば良いんだろう。」

 

現在の40代の皆さんは、就職氷河期、いわゆるロスジェネ世代にあたり、キャリア構築が難しかった社会的な背景があります。

そのため、今までフリーターとしてなんとか生活してきた方も多く、この記事をご覧の皆さんもそのうちの1人なのではないでしょうか。

 

大谷
ですが、将来受け取れる国民・厚生年金の少なさや、貯金の状況、若い時とは違って体の不調も増え始めると、このままフリーターで良いのか?と不安も増すものです。

そこで今回は、40代で正社員未経験の皆さんがどうすれば就職できるのか、そのポイントと具体的な方法をお話しします。

 

まだ今なら間に合います。就職を考えている方は、かなり参考になる内容ですので、最後まで目を通していただけると嬉しいです。

 

意外といる?40代フリーターから正社員に就職できた割合

まずは、これから皆さんには前向きに取り組んでもらいたいので、40代でフリーターだった方が、どの程度正社員に就職できているのか、その割合をを見てみましょう。

20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
正社員移行率 32.7% 25.5% 18.1% 15.5% 15.6%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③

 

20代の方と比べると、就職率は低くはなりますが、それでも40〜44歳で15.6%です。

6人に1人ほどの割合と考えれば、割と多いと思いませんか?

 

昔より比べて今は就職率が高い

さらに、もうひとつ。先ほどは2017年の調査結果を紹介しましたが、2012年に行った同じ調査ではどう違うのかみてみましょう。

20〜24歳 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
2017年調査 32.7% 25.5% 18.1% 15.5% 15.6%
2012年調査 21.9% 18.3% 13.0% 10.9% 10.2%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③

 

2012年の調査では、40〜44歳で10.2%でしたが、2017年には5.4%も上がっています。つまり、昔に比べて、今は40代でも就職できる可能性が高まっているということです。

これは、20代・30代前半の若い現役世代が減っているために、少しでも労働力を確保したい企業が、40代でも採用していることが背景にあります。

 

大谷
また、この数字には、正社員になりたいとは考えていなかった人も含まれています。

ですので、正社員を希望していた方だけに絞れば、もっと高い就職率になると予想できますので、もう40代だから…と諦める必要はないのです。

 

40代フリーターが正社員になるための考え方と3つの方法

では、ここからは具体的に、40代の皆さんが正社員に就職するにはどうするべきかお話ししていきます。

 

その前に1つ、皆さんの心に留めていただきたいことがあります。それはこれです。

就職するためならなんだってする覚悟をもつ

 

厳しいことを言いますが、もう皆さんは40代で、正社員として雇われるにはかなり年齢が高いです。

企業は長く働けて、しかも伸び代のある人材を求めていますから、その真逆にいる皆さんが厳しい状況になることは言うまでもないことです。

 

  • 自分が何をしたいのか分からない
  • やりたい仕事があるのでそれ以外には就く気はない
  • 給料が低い仕事には就きたくない
  • キツそう・大変そうな仕事はやりたくない
  • 自分の能力を高く買ってくれる会社は他にもある

 

このようないわゆる「言い訳」をして、今まではフリーターをしてきたのかもしれません。

大谷
ですが、これはまだ将来のある若いフリーターだから言える理由です。もう就職適齢期を過ぎている皆さんが、このような言い訳をいまだにしているのでは、いつまでたっても正社員にはなれません。

 

ですので、就職するためにならなんだってやる。

そうゆう気持ちで、これからの就職活動を進めていってください。

 

正社員になるための3つの方法

まずは、就職するための方法の洗い出しをしましょう。以下の4つの方法が考えられます。

  • コネクションで正社員へ
  • アルバイトから正社員へ
  • 派遣社員から正社員へ
  • 就職活動で正社員へ

 

一番簡単なのはコネクションです。両親や親族、友人や知人のコネで正社員になれそうなら、それが早くて確実性の高い方法です。

とはいえ、全員にその方法が使えるわけではないですから、それ以外の3つを考えていきます。

 

アルバイトから正社員へ

アルバイトには、バイトから正社員にステップアップする「正社員登用制度」があります。今現在、働いているアルバイト先でも、その制度を使えばそのまま就職することもできるのです

 

ただし、必ずしも正社員登用制度があるわけではありません。

約70%ほどはあるようですが、残りの30%は制度がありませんから、今のバイト先になければ、制度がある場所に移って働き始めることも考えるべきでしょう。

詳しくは、『アルバイトから正社員登用は難しいの?【デメリットの方が大きいよ】』にまとめていますので、参考にお読みください。

 

派遣社員から正社員へ

実は派遣社員からも就職は可能で、正社員として雇用されることを前提に働く「紹介予定派遣」なるものもあります。

普通の派遣は、同一部署で最大3年と長い期間働きますが、この紹介予定派遣は長くても6ヶ月。それだけの期間があれば、職場の雰囲気や内情も随分分かりますから、安心して就職できるはずです。

 

求人自体は少ないですが、就職活動の一環としては十分使える制度ですので、検討してみましょう。

紹介予定派遣ってどうよ【フリーター・ニートはデメリットが大きい】』に、より詳細な情報をまとめているので参考にどうぞ。

 

就職活動で正社員へ

単純な方法ですが、ハローワークや就職サイトを使った活動も選択肢の1つです。多くの方は、この方法で就職しますので、ある意味、一番はこの方法と言えます。

 

以上、3つの方法についてお話ししました。

では、この中から、40代フリーターの皆さんにとって最適な方法をその理由も踏まえてお話ししますね。

 

40代フリーターが正社員に就職するためのもっとも合理的な方法

皆さんがこれから就職活動をするにあたって、重要なことが2つあります。

それは、確実性とスピード。この2つを意識しなくてはいけません。

 

確実性とは、正社員として就職できる割合のことで、先ほどの3つの中でどれが一番その可能性が高いか?と考える必要があります。

大谷
取り組んでみたものの、いつまでも正社員になれないのでは、時間ばかりが過ぎてさらに状況は悪くなりますからね。確実性はとても重要な要素です。

 

そしてスピードとは、就職するまでの活動期間を指し、どの選択肢が最短でたどり着けるのか?を見極めなくてはいけません。

就職までに1年も2年もかかれば、それだけ年齢も重ねます。その間にもらえるはずだった入手も失いますから、早く就職するのも大切なのです。

 

その2つのことを鑑みて、どれが合理的かを考えると、答えは自然と1つに絞られます。

就職活動をして正社員になるのが、もっとも合理的な方法です。

 

その言える理由を、2つの項目を分析してお答えします。

 

確実性の比較

具体的な数字を紹介します。

  • 正社員登用制度:制度があっても67%しかチャンスがない
  • 紹介予定派遣:13.9%しか派遣先で正社員になれない

 

それぞれの詳細は長くなりますので、以下の記事で確認してください。

アルバイトから正社員登用は難しいの?【デメリットの方が大きいよ】

紹介予定派遣ってどうよ【フリーター・ニートはデメリットが大きい】

 

それに比べて就職活動なら、後で紹介する方法なら約80%の確率です。

 

スピードの比較

こちらも具体的な数字を紹介します。

  • 正社員登用制度:定めがない
  • 紹介予定派遣:最短3ヶ月

 

正社員登用制度は、いつまでアルバイトを続けるか期間が決まっていませんから、何年も待ち続けなくてはいけません。

紹介予定派遣は、3〜6ヶ月と決まっています。その期間は派遣と決まっていますから、必ずその時間は必要です。

 

大谷
一方、就職活動なら、最短で1ヶ月もあれば十分いけます。求人を探し応募、書類選考と面接を1発で通過すれば、その程度の期間で問題ありません。

 

ということで、もっとも合理的な方法は、就職活動をして正社員になること。40代で後がない皆さんは、この方法で活動するのがベストなのです。

 

最短で確実性の高い具体的な方法

さて、確実性とスピードを考えると、一番は就職活動を行うことです。

そこで、就職活動をするにあたって、40代のフリーターの皆さんにおすすめの就職エージェントを紹介しておきますね。

 

ハタラクティブ

引用:フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

ハタラクティブは、フリーターなどの非正規の方を対象に、就職支援をしています。20代をメインにサポートしていますが、特に年齢制限はありません。

完全に正社員未経験の方でも正社員に就職できる求人をメインにそろえているので、就職成功率は80.4%、支援実績は60,000人以上と業界でもトップクラスです。

 

Webページは以下のリンクで確認できますので、クリックしてチェックしておきましょう。

 

就活エクスプレス

引用:【就活エクスプレス】

30〜54歳までの正社員未経験の方をサポートしています。東京都への就職先しか紹介はできませんが、利用者の満足度は98%と実績はかなり高いです。

5日間の短期プログラムで就活の大切なことを学べ、アドバイザーがマンツーマンで助けてくれます。

 

Webページへのアクセスは以下のボタンでできますので、確認しておきましょう。

 

以上です。この2つであれば、40代で正社員未経験でも使えます。本当に就職を考えているのであれば、必ずチェックしておいてください。

あとは皆さんが行動するかどうかを決めるだけです。陰ながら応援していますね。

 

おわり