【コロナ禍の今だからこそ】フリーター・派遣が就活するべき理由4選

  • 2020年4月24日
  • 2020年9月30日
  • 就職

4月7日の緊急事態宣言以降、スーパーや医療など、生活に絶対必要なサービス以外は、休業するところが一気に増えました。

その結果、フリーターや派遣社員などの非正規の方の多くは、自宅待機で収入が激減。あるいは、契約を打ち切られたという方もたくさんいます。

 

今のところ、5月6日までが緊急事態宣言の期限ではあります。が、延長される可能性の方がとても高いので、非正規の方にとって、今の状況はこの先が不安で不安でたまらないはず。

 

大谷

そこで、これを機に、「新型コロナウイルスの騒動が収束した後は、非正規ではなくちゃんと正社員として就職をしよう」と考えている方に向けて、この記事を書きました。

結論から言うと、コロナが収束した後ではなく、コロナ禍の今だからこそ、非正規の方は就職活動をするべきです。

 

この記事では、なぜ今就活をするべきなのか、また、今の状況でも安全に就職活動ができる方法をまとめていきます。

 

前置きはこれくらいにして、早速いきましょう〜。

 

新型コロナウイルスショックの今だからこそ、フリーター・派遣社員が就活するべき3つの理由

大学や高校の現役の就活生でも、なかなか就活が進んでいないこのコロナショック。

今は自宅待機が原則ですから、とりあえずはコロナがおさまるまで待って、それから就職活動をスタートするのが一般的な考え方でしょう。

 

ですが、それはむしろ逆。

今の状況だからこそ、派遣やフリーターのみなさんは就職するために活動を始めるべきなのです。

 

その理由は4つあります。

  1. コロナ収束後は経験者が優遇されるようになる
  2. コロナ収束後に就職活動を始める非正規が増える
  3. コロナ禍でも求人が出せる企業は地肩が強い
  4. コロナへの対応で社員を思いやる会社かどうか判断できる

 

コロナ収束後は経験者が優遇されるようになる

新型コロナの影響で、今後はどこの会社も、財政的に余裕がなくなってきます。

そうなると、社会人未経験の方を雇って育てていくほどの余裕がなくなるので、正社員としてバリバリ働いていた人や業務経験者を優先して雇おうと考えるのが普通です。

 

つまり、未経験でもOK!といった求人が一気に減る可能性が高く、応募できるものが限定的になってしまうのです。

 

コロナ収束後は就職活動を始める非正規が増える

求人が減るだけではありません。今回のコロナショックで、たくさんの非正規の方が、就職活動を始める可能性が高いです。

大谷

ただでさえ、未経験OKの仕事が少ない上、そこに応募が殺到すれば、競争率は格段に上がりますよね。

 

以上の2つから、コロナが収束した後は、就職が格段に難しくなります。逆に言えば、今が一番就職できる確率が高いので、今がチャンスなのです。

 

コロナ禍でも求人が出せる企業は地肩が強い

今回のコロナウイルスは、いつまで影響が続くかわかりません。なので、この先の不況に備えて、これまでは求人を出していた会社も、引き上げることがことが多くなってきました。

 

ですが、この状況でもしっかりと対策をして、事業継続できるように変化を続けている会社はあります。そのような会社は、別のイレギュラーが起きても柔軟に対応できる有能な会社です。

また、逆に業績を伸ばしているところもあり、そのような企業は、これからの時代でも伸び代がある企業と言えます。

 

コロナへの対応で社員を思いやる会社かどうか判断できる

今回のコロナ騒動は、会社が社員をどう見ているのか判断できる指標になります。

 

例えば、休業しても雇用調整助成金などを使って、社員の給料を保証している会社は、これからも安心して働ける会社でしょう。

しかし、逆に休業中はまったく給料を支払わない会社であれば、社員を駒のようにしか考えていないので、労働環境も悪い可能性が高いと言えます。

 

大谷
また、休業中、社員やアルバイトなどの給料がまったく払えないと言うことは、会社にそこまでのお金(内部留保)がないという証拠です。

 

以上、4つの理由をまとめました。

つまり、新型コロナの収束後では、就職できる可能性が低くなる上、優良企業に就職できるチャンスもなくなっているってことです。

 

ですが、今なら就職のチャンスも多く、良い会社の正社員として働ける可能性も高いので、行動するなら今でしょ!ってことです。

 

コロナ禍でもOK!フリーター・派遣社員が安心して就職活動できる方法

とはいえ、就活をする場合、ハローワークや面接など、必ずどこかに行かなくてはいけません。

そうなると、新型コロナウイルスに感染する可能性はグッと高まりますし、もし万一感染すれば、最悪死ぬ可能性だってあり得ます。

 

大谷

そこで、コロナに感染する可能性は上げずに、非正規の方でも正社員になれる可能性が高い方法を1つ教えます。

それは、就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」を使っての就活です。

公式サイト:ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

なぜジェイックがいいのか。理由は2つあります。

  • 面談から就職講座、面接までをすべてオンラインで完結できる
  • 39歳までのフリーター・派遣社員・契約社員を対象に人材募集をしている

 

就職支援サービスでは、就職活動に必要な知識や情報を学ぶ講座やセミナーを受けなければいけません。

ですが、ジェイックでは、この講座の受講、さらには企業との面接までを、すべてインターネットを介して行えるようになりました。つまり、一歩も自宅から出ないで就職先を見つけられます。

 

また、ジェイックは、そもそもフリーターや契約社員など、非正規の方だけが使えるサービスです。

そして、就職率は81.1%と業界トップクラスで、これまでに20,000人以上の就職をサポートしてきた実績もあり、必ず皆さんの就活に役立ちます。

 

詳しい詳細は、下のリンクからどうぞ。

 

大谷
就活期間も、1ヶ月あれば十分終わらせることだって可能です。

休業中で、時間を持て余しているようなら、今のうちに活動して、誰よりも早く良い会社に就けるようにしてみてはいかがですか?

 

以上、コロナ禍でも安心して就活できる方法をまとめました。

何度も言いますが、収束してからでは遅いです。逆に今がチャンスなので、チャレンジするか考えてみてくださいね。

 

おわり