30代は正社員になれないって本当?【あなたの行動次第です】

  • 2020年3月12日
  • 2020年9月30日
  • 就職

「今更になって就職しようとがんばってるけど、もう30代だと正社員になれないのかな…」

 

自分なりに就活をしているけど、なかなか雇ってくれるところがない。

そのような状況に陥っているフリーターや契約社員、派遣の方って結構多いと思うんですよね。

 

大谷

でも、もしかしたら、今やっている就職活動の取り組み方が間違っているだけで、やり方を変えればあっさり正社員になることもできるかもしれません。

 

この記事では、30代の非正規の方が、正社員になるためにはどうすべきか、ポイントと方法をまとめました。

30歳以降は、年齢とともに就職の可能性がどんどん薄くなっていくので、なるべく早く行動していきましょう。

 

30代で正社員になれない方に多い4つの特徴

まずは、なぜ正社員になれないのか、その原因を探ってみましょう。

 

ほとんどの場合、30代で就職できない人には、この4つのいくつかが当てはまっています。

自分のこれまでを振り返りながらチェックしてみてください。

  • そもそも行動力が足りない
  • 仕事を選びすぎている
  • 転職エージェントを使っている
  • 自分に対する自信がない

 

そもそも行動力が足りない

まず一番多いのは、圧倒的に行動力不足。これにつきます。

  • バイトで疲れたから明日求人情報を見よう
  • 時間はあるけど面倒だから履歴書は次の休みに買いに行こう
  • スーツ選び難しそうだな…とりあえず今度雑誌を買ってから考えよう

 

すべて先送りの就活をしていませんか?

先送りはただの言い訳に過ぎません。こうゆう行動をしていると、就職活動がうまくいかないことに言い訳をしだして、問題解決する力=就職の可能性がなくなっていきます。

 

仕事を選びすぎている

はっきり言います。もう30代なんですから、そこまで選んでいる余裕はありませんよ。

あるいは、夢や目標が見つからないというのも、30歳以降はNGです。

 

あれは嫌!これは嫌!と選べるのは20代まで。ある程度は仕方ないと考えて、妥協する幅を大きく持たないと、就職口は見つかりません。

 

転職エージェントを使っている

転職エージェントってどんな方が使っているか知っていますか?

今現在、正社員としてバリバリ働いている人が、自分のキャリアアップやキャリアチェンジのために使っています。

 

つまり、あなたはそのような人たちをライバルにして、同じ椅子を争うことになるわけです。

よほどのことがない限り、30代の非正規を選ぶ人っていないと思いませんか?

 

自分に対する自信がない

どこも自分を雇ってくれない…そうゆう状況で自信を持て!と言われても、胸を張れないのはわかります。

でも、自分に自信がない人を、会社は雇おうとは思いません。その結果、不採用になって、さらに自信がなくなっていく負のスパイラルです。

 

このスパイラルを抜け出すには、自分に自信を持って、堂々とするしかありません。

モジモジしたりキョロキョロしていては、20代に正社員の席を取られてしまいますよ。

 

大谷
以上です。就職できないと言う30代の方は、必ずこのどれかに当てはまっています。

ですが、逆にこれらを克服できれば、30代ならまだギリギリ就職も間に合うんです。

 

30代でもギリ間に合う!正社員になるための方法とは

ただ、克服しようと思っても、どうやれば良いのかわからないと思うので、その方法をレクチャーします。

就職支援サービスを使えば、大体のことはクリアできるはずです。

 

就職支援サービスとは?

  • フリーターや派遣などの非正規を対象に、個人面談や就職講座を通して、正社員になるまでのサポートを提供するエージェント

 

ただ、ほとんどの就職支援サービスは、20代までしたサポートしていません。なので、30代でも使える「JAIC(ジェイック)」をおすすめしています。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員での就職率81.1%!

30代限定の就職講座「就職カレッジ 30代コース」を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接可能。

 

大谷
利用するかどうかはあなた次第。しかし、30代は後がないので、決めるなら早めにしたほうがいいですよ?

 

以上、30代で正社員になる方法をまとめました。

あとは行動あるのみ。良い結果になるように期待しています。

 

おわり。