30歳前後のアラサーフリーターが今すぐ正社員に就職するべき理由

「気が付けば30歳前後のアラサー。今はフリーターだけど、これからどうするべきなのか悩むなぁ。」

 

何かなりたい職業もなく、学校を卒業後、なんとなく始めたフリーター。

アラサーくらいの年齢だと、身体も元気でエネルギッシュですから、まだまだ焦る必要はないよね!と考える方も少なくありません。皆さんもおそらくその内の1人ではないでしょうか。

 

大谷

ですが、なんとなく頭の中では、「そろそろ就職しないといけないかな…。」という迷いも出てくるころでしょう。

そこで今回の記事では、その悩みにお答えするべく、アラサーフリーターの皆さんが今すぐにでも正社員に就職するべき理由についてまとめていきます。

 

合わせて、30歳前後の皆さんでも就職できる方法までまとめていきます。

今の時代、就職は男性・女性関係なくするべきですので、アラサーでフリーターの皆さんはぜひお読みください。

 

30歳前後のアラサーフリーターが今すぐ正社員に就職するべき理由

学生時代と比べて、30歳前後では、体力的にもまだそこまでの衰えは感じないもの。ですので、自分はまだまだ若い!と勘違いしてしまう方は少なくないです。

 

確かに、定年が65歳ということから考えると、世間的にはアラサーは全然若い世代と言えます。

しかし、就職という点だけで考えると、30歳前後の年齢は決して若いものではありません。

 

それに、これ以上年齢が上がると、皆さんには大きなマイナスにしかなりません。ですので、できれば今すぐにもで就活を始めるべきです。

では、どうしてアラサーフリーターは就活をするべきなのか。その理由を3つに絞ってお話ししていきます。

  • 5年以上フリーターだと就職率は20%以下
  • 年下が上司になる可能性が高まる
  • 婚期がどんどん遅くなる

 

5年以上フリーターだと就職率は20%以下

大学をストレートで卒業して30歳前後ということは、フリーターでいた期間はすでに8年くらいが経過していることですね。

もし高校卒業からフリーターだったとしたら、さらに+4年間は期間が経過していることになります。

 

実は、フリーターである期間が長いと、比例して就職できる確率が悪くなる、という調査結果があり、アラサーの場合、相当低い就職率になる可能性があるんです。

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−

 

5年以上たっていれば、男女合計で約20%でした。

大谷
言っておきますが、これは正社員になろうとして実際になれた方の割合を示しています。つまり、なりたくてもなれなかったフリーターが約80%もいた、ということになるんです。

 

アラサーともなると、20%よりもさらに低い就職率になるはずです。これが、いますぐ就活すべき1番の理由と言ってもいいかもしれません。

 

年下が上司になる可能性が高まる

皆さんがフリーターとして過ごしている間、大学や高校を卒業してそのまま就職された方は、ずっと正社員としてキャリアを積んでいます。

大体、入社してから3〜5年ほどたてば、中堅社員として新人の教育や部下の指導を始めるのが普通です。

 

もし仮に、あと数年、フリーターをしてから就職となれば、まず間違いなく、年下の社員が皆さんの教育や指導にあたるでしょう。

年下から呼び捨てにされたり、無理難題な内容の仕事をやらされたり…。あと数年遅くなれば、必ず年上の部下として働くことになります。

 

婚期がどんどん遅くなる

フリーターだと絶対に結婚できない、ということはありません。

大谷
しかし、就職している方よりは、結婚できない可能性は高くなりますし、特にフリーター男性はかなり絶望的と言えます。

 

その理由は、もちろん不安定な収入です。

IBJ婚活総研では、「結婚相手に何を求めるか?」を女性にアンケートしたところ、以下のような結果となったようです。

  1. 経済力
  2. 価値観
  3. 人柄
  4. その他
  5. 年齢
  6. 見た目

 

いくら相手のことが好きだからと言っても、将来設計がままならない相手と一緒にいたいと思う女性はいませんからね。当然の結果でしょう。

 

しかし、女性の皆さんも、決して人ごとではありませんよ。

今の男性は、女性にも社会人としての経験を望んでいる方も多く、また、生活費の面で共働きを推奨している方も少なくありません。

 

結婚は、男性・女性とも、若い方が可能性は高くなります。30代中頃や後半になれば、お付き合いする相手を見つけるだけでも大変ですので、その点でも早めに就職するのが正解なのです。

 

フリーターの結婚に関する意見は、女性向けコミュニティ「ガールズちゃんねる」にスレッドがありますので、以下のリンクからチェックしてみてください。

 

以上が、アラサーフリーターが今すぐに就職活動を始めるべき理由です。

 

大谷
これまでの話を踏まえた上で、「とは言え、まだフリーター生活を楽しみたいな。」という方は、このままお引き取りください。

もし、少しでも就職への意識があるのであれば、これからまとめる方法は、きっと皆さんの役に立つはずです。

 

30歳前後のアラサーフリーターでも正社員になれる効果的な就活方法

ここまで、30歳前後でフリーターの皆さんは就職するべきだ!という理由についてまとめてきました。

少しでも前向きに気持ちが動いているのであれば、その調子で就職活動に滑り出しましょう。

 

大谷
しかし、皆さんはこれまで、アルバイトとしての経験しかありません。

その上、フリーターでいる期間もかなり長いですから、先ほどのグラフから推測すると、就職できる確率は、おそらく10%ほどしかないでしょう。

 

では、どうすればこの逆境を跳ね返して、無事に正社員としての道を切り開くことができるのか。

それは、就職支援サービスを使えば、80%以上の確率で就職することができます。

引用:ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」は、皆さんのような非正規でしか働いたことがない方だけをサポートしている就職エージェントです。

就職成功率は81.1%と業界トップクラスの実績で、今までに20,000人以上も支援してきています。

 

履歴書などの書類審査が必要なく、面接も数日で約20社も受けることができるため、就活の期間も1ヶ月あれば十分です。

Webサイトは、以下のボタンをクリックすればいけますので、詳細はそちらで確認してみてください。

 

以上です。

 

大谷
僕は30歳になる前の27歳で、なんとか正社員として就職できました。もしあの時、就活をしていなければ、きっと今でもフリーターで、ウダウダと悩んでいたことでしょう。

自分がやる!と決めない限りは、いつまでもフリーターはフリーターのままです。すべては自分の決断次第ですので、がんばってください。

 

おわり