フリーターから正社員へ【おすすめの職業と将来のない職種とは】

「これからフリーターが就職するなら、どんな仕事が良いか知りたい。」

 

そんな方に向けて、今回はおすすめの職業と、逆におすすめできない職種を紹介します。

高卒でも大卒でも、学歴に関係なく就けるものを取りあげますので、学歴は気にせずにチェックしておいてください

 

これから仕事選びを始めるフリーターが考えておくべきこと

フリーターの場合、就職口を探すだけでもかなり大変です。なので正直、仕事にありつければなんでも良い!とは思うのですが、なかなかそう言えないこともあります。

 

大谷
考えてみてください。せっかく仕事についたのに、数年後には仕事がなくなったってことになれば、また今に逆戻りですからうんざりしますよね。

 

なので、これから仕事選びを始めるのなら、この2点を押さえた上で仕事を探した方が良いです。

  1. 新しい技術で仕事がなくなる可能性はないか?
  2. 衰退する業界ではないか?

 

新しい技術で仕事がなくなる可能性はないか?

これからの10年は、世の中の仕事が一気に変わる時代と言われています。

なぜなら、新しい技術(主にIT関係)が目まぐるしいスピードで進化して、それに合わせて仕事も変わっていくからです。

 

特に2020年からは、5G(第5世代移動通信システム)がスタートします。

5Gの技術は、今のスマートフォンの形を大きく変え、自動運転を実用化させる力を持っているのです。

 

この技術によって、今後なくなる可能性が高いと予想される仕事を少しピックアップします。

  • タクシー・トラック・バスなどの運転手
  • 郵便配達員
  • 案内・受付係(会社・ホテルなど)
  • 事務職
  • 店舗内販売員(主にレジ打ち)
  • 翻訳・通訳士

 

これはまだまだほんの一部です。

「5Gすご〜い!」って感心しているだけだと、いつに間にか自分の仕事がなくなっちゃう可能性だってあるんです。

 

衰退する業界ではないか?

技術進歩によって、業界が大きく衰退している、もしくは衰退する可能性が高い業界もあります。

 

その例を一部ピックアップします。

  • 放送業界
  • 新聞・出版業界
  • 金融業界

 

放送業界

YouTubeやNetflixの出現で、放送業界、特にテレビ業界は大きく揺れ動いています。

何を食べても「美味しい〜!」としか言わないテレビタレントより、正直に話しているYouTuberの方が信用できるので、もうテレビは見ないと決めている方も多いようです。

 

企画・制作会社は、ネット配信でも対応できるので問題ありません。ですが、テレビ朝日やTBSなどの民間放送局は、今後大きく衰退していく可能性は高いです。

 

新聞・出版業界

新聞や雑誌など、紙を使って情報を届けている業界は、スマホの出現で縮小傾向にあります。

ニュースや話題はLINEやTwitterで、読書はKindleで電子書籍として読む方も多くなり、今後もどんどん衰退していくばかりでしょう。

 

金融業界

金融業界自体が衰退するわけではないです。これから大きく成長する分野と、なくなっていく分野に大きく分かれます。

 

これからなくなる可能性があるのは銀行です。特に地方銀行は、一番になくなる可能性が高いでしょう。

なぜなら、クレジットや電子マネーの影響で、現金が必要なくなっていくので、銀行の必要性がなくなっていくからです。

 

大谷

また、少額の融資なら、銀行ではなくクラウドファンディングで集めることもできますから、ますます銀行の価値はなくなっているとも言えます。

 

以上、これからなくなると予想できる職種についてピックアップしました。

 

フリーターにおすすめの職種とは?

先ほど話したことを踏まえた上で、フリーターで未経験の方でも就職できる仕事をピックアップしていきましょう。

 

この3つは、これからもなくなることはなく、フリーターでも問題なく働ける職業です。

  • 営業職
  • 保育・介護職
  • IT職

 

営業職

どんな業界にも必ずあるのは営業です。営業がものやサービスを広めることで、会社は安定して仕事を受注することができています。

 

大谷
そしてこの仕事の大きな特徴は、特別な技術や経験がなくても、人と会話さえできればできるということ。なので、フリーターでも十分就職することができちゃいます。

また、もし仮に会社が倒産しても、その営業の経験があれば、別の業界の営業として働くこともできるのです。

 

とは言え、ノルマに追われる辛さはあります。ですが、その分、成果によって給料を大きく上がられる可能性も高いので、かなりおすすめの仕事です。

参考記事『フリーターから営業職のすゝめ【食いっぱぐれないのでおすすめ】

 

保育・介護職

人間とほとんど同じアンドロイドができない限り、保育士は人間がする仕事です。同様に高齢者のお世話をする介護士もそうです。

 

体力勝負の面が強く、しかも薄給のイメージがあるので、何かと敬遠されがちな職種。ですが、人材不足が続いているので、就職のしやすさはかなり高いです。

特に介護系は、超高齢社会になる日本には欠かせない仕事。学歴や経験を問わないことも多いので、就職のチャンスは十分あります。

 

IT職

これからの時代に欠かせない仕事になるIT系。

中でもプログラマーやエンジニアは、世界中で足りないと言われているので、プログラミング能力を身につければ、世界で働くことも可能です。

 

ただ、当然ですが、いきなりプログラマーになるのは無理。その前に知識や勉強が必要ですが、それはオンライン教材で可能です。

 

この中で一番良いのはウズウズカレッジです。就職支援がメインですし、完全無料で就職までをサポートしてもらえるので、就活にはうってつけです。

無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

参考記事『フリーターからプログラマーになる最善の方法【未経験も就職できる】

 

以上、おすすめの職業について紹介しました。

 

最後に、これから就職活動を始めるなら、フリーターの就活に強い「JAIC(ジェイック)」を使ってみてください。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

きっと、あなたの就職活動を良いものにしてくれますよ。

 

おわり