30代で職歴なしのニートが正社員に就職できる最も高確率な方法とは

「働きもしないで無職のまま30代になっちゃった…。このままずっとニートではダメだと思うけど、今から正社員として就職するなんて無理だよね…。」

 

今までずっとニートをしていて大した職歴もない。その状況では、就職を諦めてしまうのも無理はありません。

 

ですが、本当にそれで良いんでしょうか?

大谷
皆さんは、これから50年ほどは生きていかなくてはいけません。まだまだ先は長いわけで、30代そこらで諦めるのは明らかに早すぎです。

 

しかし、今の状況でどうすれば就職できるのか…。そんな不安ばかりが頭をよぎって行動できない、という方はとても多いでしょう。

そこで今回の記事では、皆さんがこのまま無職でい続けたら将来どうなるか、そして30代で職歴なしのニートでも正社員に就職するためのポイントと方法についてまとめていきます。

 

就職する方法は色々とありますが、ここでお話しするやり方が一番確率は高いです。無職で30代でも正社員には十分なれますので、諦めずに試してみてください。

 

30代を無職のまま過ごせばどうなる?その将来とは

人は必ず歳をとります。皆さんも10代から20代、そして今の年齢に至るまで、毎年誕生日を迎えては年齢を重ねてきていますよね。

そして、人は年齢と共に周りの状況も大きく変化していくものです。この変化を止めることは誰もできません。

 

では、皆さんが今のまま30代を終えて40代、そして50代と歳をとるとどうなるのか。

それは間違いなく、アルバイトでも働く場所がなくなる、と断言できます。

 

そうですよね…。今までず〜っと無職だったんですから、そんな40代・50代を雇ってくれるところはないですよね。

 

仕事に就くことができなければ、当然ですがお金は全く入ってきません。

そうなると、皆さんが生きるためには、選択肢としては親や兄弟姉妹、あるいは親戚を頼るしかないわけです。

 

生活保護は全員が受けられる制度ではない

親や親戚など、誰かが皆さんを養ってくれるんであれば、なんとか生きていくことは可能です。

大谷
では、もし仮に、どこにも頼るつてがない、あるいは頼ったけど養ってはもらえないとなれば、生活保護を受けようと考える方も多いでしょう。

 

しかし、生活保護を受けるには厳しい審査があり、この審査を通過しなければ受けることはできません。

  • 親や親族等の支援が受けられない
  • 土地や車等の資産がない
  • 他の公的な支援策がない・受けられない
  • 病気や怪我等で働けない

 

皆さんがどの時、健康で十分働けるのであれば、まずは自力で生活費をどうにかするのが当然です。

 

でも、そうは言われても雇ってもらえるところもない…。これが、ニートのままで30代を終えた場合に訪れる将来なのです。

より詳しくは『ニートが将来むかえる末路とは?【絶望は高齢化してからやってくる】』にまとめたので、そちらをお読みください。

 

30代ニートを脱出するにはどうすれば?3つの心構えとは

もし皆さんが、先ほどお話ししたような将来では嫌だ!ということであれば、ここからの内容はとても参考なる話になるでしょう。

具体的な就職に向けた取り組みを説明する前に、まずは皆さんに必要な心構えについてまとめていきます。

 

これから社会人として活動していくにあたって、とても重要なことですので、この3つをしっかりと押さえてから就活に臨みましょう。

  • プラス思考と行動力を意識する
  • 外出して社会とのコミュニケーションを取る
  • 社会的な生活リズムに慣れる

 

プラス思考と行動力を意識する

今まで働くことなくニートとして暮らしてきた方の多くは、ネガティブな考え方をする傾向にあります。

  • 自分を必要としてくれる会社なんてない…
  • 今から社会に出て本当にやっていけるんだろうか…
  • もし就活がうまくいかなかったらしたらどうしよう…

 

このようなマイナスな思考は、自分の振る舞いや話し方に伝染し、結果的に就職活動にも大きな悪影響を及ぼします。

まずはこのネガティブ思考から脱却し、できるだけプラス思考をする努力をしましょう。

 

合わせて、これからは活発に行動するように心がけてください。

単純なことですが、何かを変えるためには行動しなくてはできませんからね。行動的になることは、皆さんが就職するための第一歩と言えるのです。

 

外出して社会とのコミュニケーションを取る

社会人として働くと、必ず求められるのは、人とのコミュニケーション能力です。

コミュニケーションは営業であれ、事務職であれ、どんな仕事でも絶対に必要なものです。

 

大谷
ニートの場合、外出することが少なく、比例して人と関わる機会もかなり少ないので、その力を養うためには積極的に社会と関わる努力をしなければいけません。

友人と出かけたり、あるいは近所を散歩するだけでも人との関わりが生まれることもありますから、とにかく外に出かける意識を持つことがとても大切です。

 

社会的な生活リズムに慣れる

今までは自由な時間に寝て、自由な時間に起きて過ごすことが当たり前だったはずです。

ところが、社会人ともなればそれでは成り立ちません。生活リズムを整えることは、社会人が持っておかなくてはいけない重要なスキルの1つです。

 

朝7時には起き、身なりを整えて行動を始め、夜には夕食や入浴を済ませて12時前にはベッドに入る。

この生活ができないようでは、仮に正社員になったとしても、同僚や上司から社会性がない人として扱われてしまいます。

 

大谷
一般的な生活リズムをするための方法としては、朝に15〜30分程度の散歩をすることをオススメします。

以下の動画では、朝の散歩がもたらす効果について解説されています。ニートの皆さんにはぴったりな方法ですよ。

 

以上、この3つを必ず意識して、これからの就職活動に取り組んでいってください。

では、ここからは、具体的に皆さんがどうすれば就職できるのか、その方法をまとめていきますね。

 

30代で職歴なしのニートが正社員に就職できる最も高確率な方法

今まで正社員としての職歴がなく、今現在もニートである30代の皆さんが就職するためにはどうするべきか。その方法について考えていきましょう。

 

皆さんが就職するための手段としては、以下の2つが有効です。

  1. 地域若者サポートステーションを活用する
  2. 就職支援サービスを利用する

 

地域若者サポートステーションを活用する

厚生労働省が運営しているサポートステーション(通称:サポステ)は、働くことに不安を持っている無職の若い方を対象に、自立支援と就活のサポートをしています。

紹介動画がありますので、ご覧ください。

 

2009年からは、39歳まで利用できることになりましたので、皆さんも使うことが可能です。

 

大谷
しかし、動画の中で紹介されている就職率61.9%は、実はアルバイトなどの正社員ではない雇用も含めた数字です。

2013年の厚労省の調査によると、サポステで就職した16,416人のうち、非正規だったのは12,382人と、実に75%もの方が正社員ではありませんでした。

 

ですので、皆さんが正社員になることが目的であれば、確率の低いサポステではなく、就職支援サービスを利用することをオススメします。

 

就職支援サービスを利用する

就職支援サービスとは、皆さんのような職歴がない方を対象に、就職講座やアドバイザーのサポートにより正社員就職を手助けしているエージェントのことです。

今の無職の状況を脱出したいということなら、就職支援サービスが間違いないでしょう。

 

30代でも利用できるエージェントについては、『30代ニートでも使える転職エージェントとは?【就職支援一択です】』にもまとめています。

ただ、その中でも一番オススメなのは、就職率が81.1%と業界屈指の実績を誇るJAIC(ジェイック)です。

引用:就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

ジェイックは、30代限定の就活講座を行なっていて、そして仕事はすべて正社員としての職しか案内していません。

それで80%を超える就職率があり、さらには、仕事の定着率も91.3%と利用者の満足度も高いのです。

 

皆さんの悩みは、キャリアアドバイザーがしっかりと答えてくれますし、仕事探しの方法もタダで学ぶことができます。

Webサイトは、以下のボタンで確認できますので、気になる方はクリックしてチェックしておきましょう。

 

以上です。

 

今回、30代無職の皆さんが就職するための方法についてまとめましたが、いかがでしたか?

あとは皆さんが行動に移すことができるかだけ。すべては自分の決断ですから、しっかりと自分の将来と向き合って決めてください。

 

おわり