ニートが将来むかえる末路とは?【絶望は高齢化してからやってくる】

「アルバイトもしないでのんびりやってるけど、このままだと将来どうなっちゃうんだろう。」

 

今は親も元気に働いているし、実家にいれば特に困ることもありませんよね。でも、なんとなく頭の片隅に、ぼんやりとした将来への不安はあるはずです。

大谷

この記事は、そのぼんやりとした将来の不安を、もっとはっきりとイメージしてほしいと思い書きました。

 

結論から言いますと、あなたがこのままニートを続けるつもりなら、いつか必ず人生に絶望するときがやってきます。

どんな将来が待っているのか、そしてそんな絶望的な未来をどうやれば変えられるのかをまとめていきますので、現在ニートの方は参考にしてください。

 

ニートは将来も今のまま生きていける?

基本的に日本は、自分でお金を稼いで生活をしなくてはいけない資本主義の国です。

なので、単純な話ですが、自分でお金を稼ぐことができないなら、お金がなくても生活していける方法をとるしかありません。

 

では、どんな生活をすればニートでも生きていけるのか。考えられる方法としては、この3つしかありません。

  • 親や親族、兄弟姉妹を頼って暮らす
  • 生活保護を受けて生活する
  • ホームレスとして生き延びる

 

親や親族、兄弟姉妹に養ってもらうのが現実的なところです。

 

ですが、普通は大人になれば自分1人で生活をするもの。身内とはいえ、養ってくれる保証はまったくありません。

 

ニートは生活保護の対象にならない

「親とか兄弟姉妹には頼らないよ。生活保護でお金もらってやっていくから。」

そんな意見をいう方も多いですが、世の中そんな簡単ではありませんよ。

 

そもそも生活保護は、どうしようもなくなったときの最終手段です。ニートの場合、まだ他にやれることはたくさんあるので、生活保護をもらうことはまず不可能です。

  • 親や親族からの支援が受けられない
  • 土地や車などの資産を持っていない
  • 他に受けられる公的な支援がない
  • 病気や怪我等で働ける状況ではない

 

現在は、この4つの基準をクリアしている方だけが、生活保護の対象になっています。

健康で十分働けるのであれば、絶対に生活保護はもらえません。

 

ベーシックインカムが導入される可能性は低い

「日本はいずれベーシックインカムが導入されるから、働いた方が負けだよ。」

ベーシックインカムとは?

  • 政府がすべての人に毎月、最低限の生活に必要とされる現金を無条件で支給する制度

 

確かに、もしこの制度が導入されたら、毎月ある程度のお金はもらえますから、がんばって働く必要もなくなりますね。

 

ですが、この制度はまず間違いなく実施されることはありません。というのも、年金や生活保護などの制度をすべて無くさないといけないので、国民(特に高齢者)からの反発が強いからです。

なので、こんな夢物語のような制度を期待してニートを続けるのは、ただの人生をかけた無謀な挑戦なのです。

 

以上の理由から、今のままの生活がずっとできるわけではないということです。

 

ニートの末路は悲惨…絶望した30代ニートは自殺率が高い

若いうちはまだ危機感が薄いので、たまに将来を考えることはあっても、そこまで追い込まれることもないはずです。

ところが30代になれば、少しずつ肌に感じるようになって、自分の将来に絶望し最終的には自殺をしてしまうケースだってあるのです。

 

出典:厚生労働省「我が国の自殺を巡る現状

 

厚生労働省の資料では、30代男性で無職の方の自殺率は、30代男性全体と比べて5倍以上も高い数字です。それだけニートの方は、追い込まれてしまうってことですね。

 

まあ、自殺は極端な話かもしれません。

大谷
ですが、就職したくてもできなくなって家に引きこもるようになり、親や兄弟姉妹、親戚からは迷惑がられ。最終的に縁を切られてどうすることもできずに自殺…なんてストーリーはどこにでもあります。

 

これがニートの絶望的な末路です。

 

ニートの将来が不安なら今すぐ行動しよう

親がめちゃくちゃ資産を持っていて、それだけで生活していけそうだ、と言う方は特に心配することはないでしょう。

でも、そんな人は少数派です。なので、ニートの方は自分でどうにかしないと、明るい将来は見えてきません。

 

大谷
では、そうするためにはどうするべきか。当然ですが、手遅れになる前に働くしか方法はありませんよね?

 

しかし、ここでアルバイトを選べば、年齢が高くなれば仕事を失って、またニートに逆戻りの可能性が高いです。

なので、アルバイトや派遣ではなく、絶対に正社員として就職するようにしてください。

 

ただ、ニートは雇ってもらえないんじゃないか?と言う不安もあると思います。

私はフルタイムでアルバイトをしていましたが、それでも30社ほど応募し、1年半かけてようやく採用されました。なので、働いていないともっと厳しくなることは明白でしょう。

 

そこで、ニートの方でも最短で就職できる方法を紹介します。それはニートを対象にした就職支援サービスを使う方法です。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

私はあなたがどうなろうと、全く関係がないのでどうでも良いことです。ですが、あなたはあなたの人生ですから、そうゆうわけにはいかないでしょう。

このままニートとして過ごすか、働いて自立するか。決めるのはあなたですよ。

 

おわり