30代職歴なしのフリーターから就職できる資格なんてある?

「30代で職歴はないけど、あったら就職できる、という資格ってなんだろう。」

 

就職が見つからず、ついついそんなことを考えちゃう方ってとても多いですよね。

でも残念ながら、そんな資格はありません。資格は仕事の入り口が増えることはあっても、確実に仕事につけるものでないからです。

 

この記事では、30代で職歴なしのフリーターが、資格を持っても就職できない理由について触れていきます。

もし今後資格の勉強を始めるにしても、必ず一度読んでくださいね。

 

30代で職歴なしのフリーターから就職できる資格なんてない

資格は国家資格(医者や弁護士など)、公的資格(ケアマネージャーや簿記検定など)、民間資格(TOEIC、トリマーなど)と大きく3つに分けられ、その数もたくさんありますよね。

 

ですが、そもそも資格とはどうゆうものなのでしょうか?資格には2つの役割があります。

  • 特定の職業に就くため必ず必要な”免許”としての役割
  • その人の能力を客観的に判断した”資料”としての役割

 

大谷
これ以外に資格の役割はないです。つまり資格は、就職を確実に手に入れられるものではないと言えます。

資格は、あれば就職できる仕事の数は増えますし、仕事につきやすくなるメリットはあります。ですが、「この資格があれば仕事ありますよ!」と保証されているものではないことを理解しておかなくてはいけません。

 

20代と30代ではその人に求めるものが違う

もし、今のあなたが20代で資格を取ろうと考えているなら、資格の内容によっては頑張ってほしいと思います。

それは、20代はこれまでの仕事の実績が少ないので、資格があれば強いアピールに繋がるからです。

 

しかし、30代になればそうゆうわけにはいきません。

  • 20代に求められるもの:今後のポテンシャル
  • 30代に求められるもの:これまでの経験・能力

 

20代と違い、30代はある程度の実績や経験を積んでいます。なので、会社はそのポテンシャルや将来性ではなく、仕事で結果を出してくれるかどうか?を基準に採用不採用を決めているのです。

 

資格はあっても、その知識を実戦で使えるかどうかは未知数。30代では資格うんぬんではなく、これまでの経験や実際の能力が必要なのです。

 

資格獲得で失う2つのもの

もし仮に、「それでも資格がほしい!」ということなら、私にあなたを止める権利はないので自由にしてください。

 

ただしその場合は、この2つのものを失うことだけは理解しておきましょう。

  • 時間
  • お金

 

お金については、アルバイトを増やしたり、両親にお金を借りるなどすれば、なんとかなるので気にすることはありません。

ですが時間に関しては、失ってしまえば最後、取り戻すことはできません。

 

大谷
30代の就職は時間との戦いです。資格が取れたとしても、それまでに1年や2年かかっていたら、その分就職できる確率も低くなります。

以上のことから、30代で職歴がない方は、就職するために資格を取ろう!と考えるべきではありません。資格を否定するわけではないですが、年齢を考えるとメリットよりリスクしかないのです。

 

30代職歴なしなら資格より就職を目指すべき

あなたが資格を取ろうと考えたその本当の目的は、就職することですよね?

なら、資格をとることを考えるより、就職活動をした方がよっぽど効率が良いし近道です。

 

これを聞いて、「30代で職歴がないフリーターを雇ってくれる企業なんてないでしょ?」と思っているかもしれませんが、そんなことはないですよ。

その方法については、『30代フリーターから正社員へ【もっとも就職成功率の高い方法とは?】』で紹介しているのでそちらをお読みください。

関連記事

「30代でこれまで正社員で働いた経験がない…そんな自分でも正社員になれる方法ってあるんだろうか。」   そんな悩みを持っている方に向けて、この記事では、正社員経験のない30代のフリーターの方が就職するための正しい就活方[…]