30代フリーターから正社員へ!就職するために押さえるべき4つのポイントはコレ!

フリーターを長く続けて、気づけばもう30代。

いづれは正社員に…と先延ばしを繰り返した挙句、もうすでに就職することへの諦めの気持ちが芽生えている方もたくさんいることと思います。

 

しかし、この記事にたどり着いた皆さんは、諦めている気持ちが強いとは言え、心の奥底では「なんとか就職できないかな…」と考えているはず。でなければ、わざわざネットで検索なんてしないですからね。

 

そこでこの記事では、30代のフリーターの方に向けて、以下の内容をご紹介していきます。

  • 30代フリーターの就職成功率
  • 企業側の30代フリーターへの評価について
  • もし就職を諦めた場合の未来について
  • 30代フリーターから正社員になるための具体的なポイント

 

大谷
特に、最後にご紹介する内容は、しっかりと実践していただければ、かなりの確度で就職できる可能性があります。

30代後半に入っている方にもチャレンジ可能な方法をご紹介しますので、30代職歴なしのフリーターで、本当に正社員になりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

30代フリーターから就職成功できた方の割合は?

まずは、30代のフリーターの方が就活をして、実際に正社員になれた割合について見ていきましょう。思ったよりも確率が低くなければ、就活にも前向きになれますからね。

 

と言うことで、独立行政法人 労働政策研究・研修機構が行った調査から、過去1年間で非正規社員から正社員になった方の割合を、年齢別のでご紹介します。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現場3

 

この調査では、年齢が上がると、正社員になれた方の割合も減っていることがわかります。

ということは、30代で正社員になるって、やっぱり厳しいことなんですね…。

 

実は30代フリーターは割と就職しやすい可能性もある

先ほどの調査結果で、モチベーションがかなり落ちた方も多いかもしれませんが、少し待ってください。

というのも、この調査では、対象者のすべてが正社員になりたいと思っていたわけではありません。「自分はフリーターでいい!」という方も、当然ですがたくさん含まれているんです。

 

ですので、正社員になりたいと考えて就活をした結果、どれくらいが就職できたのか。それが真の30代フリーターの就職率と言えますので、その結果をご紹介しましょう。

25〜29歳 30〜34歳
男性 61.9% 77.7%
女性 40.8% 50.5%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−

 

なんと30代では男性77.7%・女性50.5%と20代よりも就職率が高い、という嬉しい結果でした。

つまり、20代よりも30代フリーターの方が、正社員になれる可能性は高いかもしれないのです。

 

ただ、正社員になれたと言っても、それが就職活動によるものか、あるいはアルバイト先で正社員になったのかはわかりません。

一般的には、30代の方が就職はしにくいとされていますので、この良い結果だけを鵜呑みにして、あまり楽観視しすぎないようにしましょう。

参考記事

 

30代フリーターへの風当たりは厳しい?企業側の評価について

30代のフリーターは、20代と比べて正社員になれる可能性が高い!!…かもしれないことが、先ほどの調査結果で明らかになりました。

多くの就職サイトでは、「30代だと就職は難しい」と書かれていますので、皆さんにとってこの結果は、就活にかなり前向きになれる発見ではないでしょうか。

 

大谷
とはいえ、先ほどもお話ししたように、この結果だけで安心しすぎるのはよくありません。

なぜなら、皆さんを雇う側の企業は、30代のフリーターをあまり好意的に見ていない可能性が高いからです。

 

そう言える理由をご紹介しましょう。

厚生労働省が、フリーターの経歴をどう評価するか企業に調査していまして、その結果では、年齢が上がると評価も下がることがわかったのです。

 

プラスに評価 評価にほとんど影響しない マイナスに評価
15〜34歳 3.1% 68.1% 13.5%
35〜44歳 1.3% 54.9% 26.0%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

 

注目すべきは「マイナスに評価」の項目。

34歳までは13.5%だったのに対し、35歳を超えると26%までに跳ね上がっています。つまり、年齢が上がれば、比例してフリーターの評価はどんどん下がっていくと言えるのです。

 

ですので、もし皆さんが今のアルバイト先ではなく、別の会社で正社員になろうと考えているなら、30代フリーターへの風当たりはかなりキツイので、ある程度の覚悟をしなくてはいけません。

特に、30代の後半であればより厳しいですから、一層の覚悟をしておきましょう。

 

30代フリーターが就職を諦めた場合の末路とは?

ここまで、30代フリーターの就職率や評価についてご紹介してきました。

これまでの内容を見て、皆さんがどう感じているかは僕にはわかりません。このままフリーターでもいいか…と、諦めの気持ちが強くなった方もいるかもしれませんね。

 

大谷
ですが、もし今、皆さんが正社員になることを諦めたとしたら、その後の人生がどうなるか、具体的に考えたことはありますか?

不安を煽るつもりはありませんが、ここで一度、しっかりとイメージしてみてください。

 

  • 今以上の収入はもらえず、生活水準は一生このまま
  • 同級生から距離をおかれ、同窓会にも参加しづらくなる
  • 結婚ができず、老後も一人で暮らすことになる

 

ほんの少しの一例ではありますが、このような将来になる可能性はかなり高いです。

「別にそれでも良い」という方もたくさんいると思います。ですが、今はそう考えていても、未来の自分もそう考えるとは言い切れませんよね?

 

できれば収入は多い方が良いし、年齢を重ねてからは中学や高校の同級生とも語らいたい、と誰もが思っているはずです。

それがなくなる可能性が高いフリーターという選択を、ただ就職が難しいという理由だけで選んでしまうのは、将来の皆さんにとって決してプラスとは言いにくい決断だと思いませんか?

参考記事

 

でも、そう言われても、30代で正社員の経験がないフリーターが就職するのは、やっぱりハードルが高いですよね…。

そうお悩みの皆さんに、ここからは、30代フリーターからどうすれば正社員になることができるのか、成功するためのポイントをご紹介していきます。

 

30代のフリーターから正社員に就職するための4つのポイントを紹介

もし皆さんが、本気で正社員を目指すということであれば、これからご紹介する内容は、かなり皆さんの就活のお役に立てると思います。

ただし、行動しなければ何も変わりません。読んで実践することで、初めてその可能性は高まるので、しっかりと行動に移していきましょう。

 

では、まずは30代フリーターから正社員になるためのポイントを4つに絞ってご紹介します。そのポイントがこちらです。

  • 1日でも早く就職活動を始める
  • 正社員になることを優先する
  • 30代フリーターでも積極的に採用してくれる企業に応募する
  • 主観だけで就職活動を進めない

 

具体的な内容は、これからそれぞれお話ししていきます。

 

1日でも早く就職活動を始める

1つ目は、1日でも早く、できるなら今すぐに就職活動をスタートする、ということです。

そうすべき理由は2つあります。それは、年齢の高いフリーターへの印象の悪さと、フリーター期間の長さが就職率に影響する点の2つです。

 

印象の悪さはすでにお話ししたとおりで、フリーターは年齢が上がるにつれて「マイナスに評価する」と答えた企業が多いことからはっきりしています。

もう1つの理由”フリーター期間の長さと就職率の関係”ですが、過去に『フリーター期間が長いと就職は厳しい?【長いほど就職率は低くなる】』でまとめましたが、実は期間が長いほど、就職できる確率も下がることがアンケートの結果でわかっているんです。

 

引用:厚生労働省「若年者雇用を取り巻く現状

 

この調査では3年ほどのフリーター歴までしかわかりませんが、明らかに就職率は減少していますよね?

皆さんは30代ですから、フリーター歴は下手すると10年ほどあるはずです。そうなると、その確率はかなり低くなっていることが簡単に想像できます。

 

ですので、1日でも早く就活を始めること。これが成功への第一ステップです。

 

正社員になることを優先する

第二のポイントは、仕事を選びすぎずに、まずは正社員になることを優先する、ということです。

でも、自分にあった仕事に就きたいし、条件の良い会社に入りたいって気持ちは誰でもあるから、応募する企業を選ぶのって大切じゃないですか?

 

しかし、30代でしかも正社員経験のない皆さんの場合、そもそも応募できる求人が20代に比べてかなり少ないです。その上、妥協せずに会社選びをすれば、1つ2つしか残らない可能性は大きいのです。

 

それに、良い条件の求人には、たくさんの応募者が集まるのが普通ですから、皆さんだと落選する方が当たり前と言えます。

ですので、初めから良い条件の会社だけに絞り込みすぎず、まずは正社員として就職することを最優先にすることがベストなのです。

 

また、自分に合った仕事が分からずに、ずっと悩み続けて応募できない、という方もいると思います。

その場合は、『やりたい仕事や目標がないフリーターはどうすればいいのか?』にも書いたとおり、将来やりたいことが見つかったとき、その仕事に就けるように今は正社員としてキャリアを積んでおく、と考えるようにしてください。

 

30代フリーターでも積極的に採用してくれる企業に応募する

3つ目は、30代フリーターでも採用してくれる可能性の高い求人に応募する、ということです。

 

大谷
例えば、大企業は給料が高く、倒産する可能性も低いのでとても人気ですが、大きい会社ほど比較的若い方を採用する傾向にあるので、皆さんが応募しても勝ち目はないと言えます。

一方で、中小零細企業は、若い方を育てる余裕がないことから即戦力を期待している傾向が強いため、アルバイトとは言え働いた経験ある皆さんなら、アピール次第で採用される可能性は高いです。

 

ですので、皆さんに勝ち目があるのかないのか、それを見極めて応募する求人を選ばなくてはいけないのですが、それはかなり難しいことだと思います。

しかし、実は案外簡単に見つけることができますので、その方法は後ほどご紹介しましょう。

 

主観だけで就職活動を進めない

4つ目は、自分の考えだけではなく、必ず第三者の意見を聞く、ということです。

 

フリーターの場合、就活は基本的にすべて自分で考え決断し、進めていかなくてはいけません。

しかし、それでは採用される確率はどうしても下がってしまいます。なぜなら、採用か不採用かは皆さんが決めることではなく、他人が決めることなので、他の人が皆さんを見てどう思うか?が鍵なのです。

 

  • 「会ってみたい!」と思わせる応募書類に仕上がっているか?
  • 敬語の使い方は問題ないか?
  • 面接で着るスーツや髪型で不快感を与えないか?
  • 魅力的に感じる話し方ができているか?

 

あらゆることに第三者の意見を取り入れることが、就職活動成功への近道になります。

自分の欠点は自分がよくわかっている、と思いがちですが、実は案外そうではないことがほとんど。大抵の方は、他の人よりも自分の方が優れている、と考えていますので、主観で判断するのはかなり危険なのです。

 

以上、皆さんがこれから就職活動を始めるにあたり、ポイントになる4つをご紹介しました。

最後に、これらのポイントを踏まえた上で、皆さんが正社員に就職できる可能性を高める方法を1つお伝えしておきます。

JAIC(ジェイック)
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

面接や就活講座の受講がすべてオンライン対応可能、新型コロナの感染確率0%。

 

就職支援サービスのジェイックは、39歳までの正社員未経験のフリーターを対象に就職活動の支援をしています。

利用者の就職成功率はなんと81.1%とかなり高く、仕事を始めてから離職していない確率(定着率91.3%)が高いことも大きな特徴です。

 

就活のプロが、カウンセリングから面接対策まで、あらゆることをサポートしてくれますし、しかも利用料はすべて無料。

その上、ジェイックで紹介される求人は、未経験のフリーターを積極的に採用しているので、フリーターへのマイナスイメージも気にする必要はありません。

 

1ヶ月もあれば就職先を見つけることができます。もし本気で正社員を目指したい方は、ぜひジェイックのWebサイトをチェックしてみてください。

Webサイトはこちらをクリック

 

以上です。

あとは皆さんの努力次第。後悔しないように頑張っていきましょう。

 

おわり