フリーターが迎える7つの末路とは【明るい将来は自分で手に入れろ】

「このままフリーター生活を送ってたら、将来は一体どうなるんだろう。」

 

とにかくこれから先が不安…そんな漠然とした恐怖を感じていませんか?

 

この際なのでぶっちゃけますが、今のままなら将来は必ず後悔します。「なんであの時フリーターになったんだ…」と、この道を選んだ自分をきっと恨むことになるでしょう。

大谷

それだけフリーターの末路は厳しいものです。何か追いかけたい夢や覚悟がない限りは、フリーターはしない方がいいですよ。

 

この記事では、フリーターがむかえる可能性が高い末路を7つに分けて紹介します。

また、なぜそうなるのか原因をまとめ、合わせて、どうすれば明るい将来を手に入れられるか、解決策もお話ししていきますね。

 

フリーターの末路はどうなる?必ず来る7つの将来とは

では早速、具体的にフリーターの将来はどうなるのか。7つに分けてピックアップしてみます。

  1. 将来収入が大きく増えることはない
  2. 同窓会に参加できなくなる
  3. 長生きすればするほど生活が苦しくなる
  4. ひとりで一生過ごすことになる
  5. 子供に夢を諦めさせる可能性が高い
  6. 大病を患ったときは自然治癒に頼るしかない
  7. 両親の楽しみ・幸せ・健康を奪う

 

それぞれ解説を入れていきましょう

 

将来収入が大きく増えることはない

同じアルバイト先で何年も働いていれば、多少なりとも時給は上がりますよね。

とは言え、その上がり幅は更新ごとに10円上がる程度、よほど増えても100〜200円程度でしょう。

 

仮にフルタイムで月に20日ほどシフトに入るとして、100円アップした場合、給料がどれほど上がるか計算してみましょう。

  • 100円×8時間×20日=16,000円

 

どんなに頑張っても何年働いても、たったこれだけしか月の給料は上がらないのです。

詳しくは、『フリーターと正社員の給料の差は?【平均年収や生涯賃金が全然違う】』で紹介しているので、そちらを読んでください。

 

長生きすればするほど生活が苦しくなる

人生100年時代と言われる現在。65歳からは年金とそれまでの貯金を使って、残りの30〜40年を生きなければなりません。

 

もし会社員であれば、厚生年金に強制加入するので、65歳からは毎月、年金で約15万円程度もらえます。

しかしフリーターは、厚生年金ではなく国民年金なので、最高でも6万5千円の支給になります。

 

大谷

そして、この支給額は毎月ちゃんと国民年金を納めた方のみです。もし納めていない期間があるなら、額は5万、4万円とどんどん少なくなります。

 

また、65歳までにほとんど貯金もないなら、その少ない年金だけで食費・家賃・光熱費・通信費などの生活費すべて払わないといけません。まさに地獄です。

Yahoo!ニュースに”低年金者”を取材した記事があったので載せておきますね。

年金月4万5千円「死ぬのを待つだけなのか」食事は半額セール 膝の痛みも我慢

 

ひとりで一生過ごすことになる

フリーター男性は結婚できない、とは言い切れませんが、結婚できるのは奇跡に近い確率です。

毎月の収入も少なくて不安定、しかも、今後も収入が増える見込みがないわけですから、女性からすると普通に考えれば論外ですよね?

 

私は女性だから大丈夫!と思いがちですが、夫婦共働きが普通になった今、フリーターの彼女を結婚相手にしようと思えない男性は多いのです。

 

フリーターは、男性も女性も同じく、老後を1人で孤独に過ごす確率がグッと高くなります。

参考記事

 

子供に夢を諦めさせる可能性が高い

仮に結婚できたとして、そして子供が生まれたとします。でも、その子を高校や大学に、不自由なく通わせることはかなり難しいでしょう。

 

子供が生まれてから大学を卒業するまでに、どれくらいのお金がかかるか知っていますか?食費や衣類、教育費などを足すと約3,000万円かかると言われています。

しかもこれは、あくまで一番費用が少ない場合。もしその子が医学を学ぶことになれば、6,000万円以上のお金が必要になることもあるのです(参考:「1人の子どもの出産から大学卒業までの総費用」)。

 

義務教育は中学まで。高校以降は、両親の経済力によって、子供が選べる進路が限定されるってことです。

 

大病を患ったときは自然治癒に頼るしかない

フリーターでお金に余裕がないと、がん保険などの医療保険には加入しないことが多いでしょう。

ということは、ガンや白血病などを患った場合は、その医療費を全額自分で用意することになります。

 

ですが、お金がなければ治療や手術を受けることはできません。そうなれば最悪の場合、あなたの身体の回復力だけでガンや白血病と戦っていかなくてはいけないのです。

 

両親の楽しみ・幸せ・健康を奪う

親はあなたの子供を見たいと思っています。そして、一緒に遊んだり、大きくなる姿を見たいと考えているでしょう。

しかし、あなたが自分の生活すらままならないなら、親は孫の顔を見るのを諦めるしかないです。

 

そして、子供がフリーターなら、親である自分たちがお金を残すしかない!と、老後も両親はコンビニなどで働くことになるかもしれません。

そうなれば、体に負担が増え、あちこちに痛みが出ることもありますし、旅行や趣味にかける時間・お金も無くなってしまいます。

 

フリーターで過ごす、という選択は、あなただけが不幸になるわけではないのです。

 

同窓会に参加できなくなる

若いうちは、そこまで気にすることなく同窓会に参加できます。

しかし、年齢を重ねればだんだんとフリーターという肩書に負い目を感じるようになり、誘われても積極的に参加しようとは思わなくなります。

 

車を買ったこと、家のローンのこと、子供の将来のこと。同窓会で同級生がそんな話題で盛り上がっているとしたら、そこにいることが精神的に辛くなるのです。

フリーターという働き方は、昔の友人との付き合いも失ってしまいます。

参考記事『フリーターが同窓会に行くとどうなる?【友達との格差が恥ずかしい】

 

大谷
以上が、フリーターで過ごした場合の末路です。想像するだけでゾッとしませんか?

 

でも、これらは脅しでも何でもなく、確実にやってきます。他人事ではなく、その真実をしっかりと受け入れてください。

 

今この瞬間が大事!フリーターを抜け出し明るい将来を手に入れる方法

フリーターは、年齢が高くなればなるほど、将来の選択肢が減って取り返しがつかないことになります。

ということは、不安を感じている今この時が大事で、明日、明後日、半年後になったら、どうしようもない状況になるかもしれません。

 

そこで、これからの将来が明るくなるためにはどうすればいいか提案します。

  • サービスを考えて起業する
  • 正社員として働ける職場を探す

 

フリーターは社会的な評価が悪く、経済的にもよくないことが圧倒的に多いです。

大谷

それが、紹介した7つの末路の原因になっているので、起業か就職をして、社会的評価や経済的なゆとりを手にするしかありません。

 

もし、今あなたに「これだ!」と思えるサービスがあって、資金的にも問題なさそうなら、起業するのもいいでしょう。

ですが、もうアイデアがあるなら、この記事ではなく別の記事を読んでいるはずです。

 

なので、選択肢は1つ。正社員として働く場所を探すしかありません。

 

そこで、フリーターでもめちゃくちゃ就職しやすい、就職支援サービスを紹介します。

『JAIC(ジェイック)』
未経験から正社員就職率81.1%、定着率91.3%。

未経験・フリーター向け、30代限定、女性限定、中退者限定の4つの就職講座を開催。

書類選考なしで優良企業約20社と面接が可能。

追記

新型コロナウイルス拡散防止のため、最初の面談から就職講座の受講、企業との面接まですべての工程をオンライン対応しています。自宅にいながら就職活動が可能です。

 

この記事を読み終えたあなたなら、今の大切さが十分わかっているはずです。

フリーターから抜け出した先輩として、あなたの就職活動が、良い未来に繋がることを願っています。

 

おわり